メインメニューを開く

こどもの国(こどものくに)は、神奈川県横浜市青葉区奈良町(敷地の一部は東京都町田市三輪町)に所在する、社会福祉法人こどもの国協会が運営する総合的な児童厚生施設

こどもの国
Kodomonokuni.JPG
入園ゲート
施設情報
前身 旧日本軍弾薬庫
事業主体 社会福祉法人こどもの国協会
開園 1965年5月5日
所在地 227-0036
神奈川県横浜市青葉区奈良町700
位置 北緯35度33分35秒
東経139度29分33秒
座標: 北緯35度33分35秒 東経139度29分33秒
公式サイト こどもの国
テンプレートを表示

目次

概要編集

戦時中、当地は旧・日本軍最大規模の弾薬組み立て・格納などを目的とした弾薬製造貯蔵施設(陸軍東京兵器補給廠・田奈部隊填薬所)であり、敗戦後田奈弾薬庫として米軍に接収されていた。 後に返還を受けると、1959年の当時の皇太子(後の明仁上皇)の成婚を記念して、主に、国費と雪印乳業など民間からの寄贈により施設跡地を整備し、1965年5月5日こどもの日)に開園した。

開園以来国営であったが、1981年に民営化された。なお、こどもの国協会が財団法人や社団法人と誤解されていることがあるが、前記のとおり社会福祉法人である。 ただし公園の土地等は国有地である。「こどもの国協会の解散及び事業の承継に関する法律」により、厚生労働大臣が社会福祉法人を指定して国営時代の事業を承継、またその指定法人は児童福祉法に規定の児童厚生施設を経営事業としなければならない制約を受けている[1][2]

シンボルマークは5色の風車のような形をしている。これは、五輪旗にヒントを得て、おとぎの国の小人たちが歌ったり踊ったりしているところをイメージして、小人の三角帽子を組み合わせて図案化したもの[3]である。建設に際して、公募により決定された。

園内には多数の施設があり、自然の中での動物との触れ合いや、冒険、体験したり、作ってみるといった素朴な味わいの遊び体験を重視している。そのため園内には、基本的に観覧車ジェットコースターのような大型の電動の遊具はない。例外として、太陽光発電で動くミニSLや、足漕ぎのジェットコースター等が敷設されている。また、デイキャンプマラソン大会など、周辺の学校の行事にも利用されている。

園名や開園日にちなみ、5月5日のこどもの日には中学生以下の入園料が無料となる。

なお、園内へのアルコール類の持ち込みは禁止されている。

沿革編集

  • 1960年(昭和35年):着工。
  • 1961年(昭和36年)5月5日:旧日本軍田奈弾薬庫(アメリカ陸軍第八軍司令部火薬廠)が返還され、横浜市が維持管理を委託される。
  • 1962年(昭和37年)9月:建設資金の募集と建設協力の為、財団法人こどもの国建設協会が設立される。
  • 1962年(昭和37年):起工式。
  • 1965年(昭和40年)5月5日:田奈弾薬庫跡地に「こどもの国」が開園し、開園式に皇太子明仁親王皇太子妃美智子が巡幸啓した。
  • 1966年(昭和41年)7月20日:「こどもの国協会法」が公布施行される。
  • 1966年(昭和41年)11月1日:協会法に基づき、特殊法人こどもの国協会が設立される。
  • 1967年(昭和42年)4月28日:弾薬庫への引込線跡を利用し、来園客の輸送を目的として、長津田駅こどもの国駅を結ぶこどもの国線が開業。
    • 鉄道施設はこどもの国協会が保有し、東京急行電鉄がこれを借り受けて運営。田園都市線(前年に開業)との直通電車も運行されていた。
  • 1968年(昭和43年)6月:浩宮徳仁親王(現:今上天皇)が学習院初等科2年の遠足でこどもの国に来園。付き添いで、皇太子妃美智子も礼宮文仁親王(現:秋篠宮)を伴い行啓
  • 1972年(昭和47年):皇太子記念館[4]完成。
  • 1981年(昭和56年):運営が社会福祉法人こどもの国協会に移管され、特殊法人こどもの国協会は解散する[1]
  • 1985年(昭和60年)5月6日:開園20周年記念式典に皇太子・同妃美智子が紀宮清子親王を伴い行啓。当日、帝都高速度交通営団と東急は、青山一丁目駅こどもの国駅間に特別編成の「御乗用電車」を往復運転。(往路は鷺沼で一旦乗り換え、更に長津田からは一般客も乗車)
  • 1997年(平成9年)8月1日:社会福祉法人こどもの国協会から横浜高速鉄道にこどもの国線の第3種鉄道事業免許を譲渡。
    • 周辺地域の宅地開発の進展に伴い、来園客輸送路線であったこどもの国線の通勤線への転換に際し、通勤線化した同線を保有することは社会福祉法人としての目的から逸脱するおそれがあったため。
  • 2005年(平成17年):開園40周年を記念するイベントが行われた。また、6月9日には明仁天皇と美智子皇后がこどもの国を行幸啓した。
  • 2009年(平成21年):明仁天皇と美智子皇后が行幸啓し[5]、天皇・皇后の結婚50年のため皇太子徳仁親王・皇太子妃が巡幸啓、秋篠宮文仁親王・秋篠宮妃眞子内親王佳子内親王悠仁親王黒田慶樹・黒田清子が参加した[6]
  • 2019年平成31年)4月12日 :明仁天皇、美智子皇后が訪問した[7]

施設編集

 
白鳥湖

約100ヘクタールの広大な敷地に、多摩丘陵の自然を生かした施設などがある。 園内の牧場で飼育している乳牛からとった牛乳を使って作ったソフトクリーム特別牛乳「サングリーン」がこどもの国の名物である。 牧場の運営はこどもの国協会が雪印メグミルク(委託開始当初は雪印乳業)に業務委託しており、同社の関連会社である株式会社雪印こどもの国牧場が行っている。

  • 自然研修センター
    団体での宿泊利用可。
  • バーベキュー場
    ※ ここで購入したビールをバーベキュー場内で飲むことは許されている(酒類の園内持ち込み及びバーベキュー場外での飲酒は禁止)。
  • 白鳥湖
    貸しボート・貸しいかだがある。
  • つばきの森
    資生堂が安達潮花のコレクションを買い取り寄贈。
  • 皇太子記念館
    客席数420席のホールで、音楽発表会や式典に使用されている。
  • 遊具広場
    ここを含む園内の遊具類は主に日本宝くじ協会が寄贈。
  • 屋外プール・アイススケート場
    二つの深いプールと四つの浅いプール、スライダー二種、水泳用25mプールを備え、冬には大屋根下の休憩スペースがスケート場として使用されている。
  • ミルクプラント
    牧場やミルクプラントは雪印乳業が寄贈。
  • 園内バス赤ぽっぽ号
    運行経路:ミニSL前~プール・スケート場前~せせらぎ広場(白鳥湖)~牧場口~ミニSL前 トレーラータイプの機関車形3両バス、56名。一周25分位。
  • ミニSL「太陽号」
    SL型の乗り物(定員30名)が中央広場近くのミニSL乗り場から出発。時速約6キロで5分程度かけて、皇太子記念館そばの「ふんすい池」を経由してミニSL乗り場に戻ってくる。駅舎そばに設置された太陽光発電システムによる電力を主に使用している(不足分は一般の電源を使用、運休時の余剰電力は園内の他施設で使用)
  • 温室
  • 梅林
  • 食堂
  • つり橋
  • 中央広場
  • ポニー牧場
  • テニスコート
  • 野外ステージ
  • こども遊牧場
  • こども動物園
  • 牛舎・緬羊舎
  • 児童センター
  • 総合グラウンド
  • 少年サッカー場
  • ディスクゴルフ
  • キャンプ場・野外炊事場
  • 自転車乗り場 (サイクリングコース)

弾薬庫遺構編集

 
中央広場

1938年国家総動員法によりこの地を強制的に買収し工事を開始、1941年に旧陸軍の弾薬庫として本格的な使用が始まった。敗戦後は米軍に接収され米軍弾薬庫として引き続き利用された後、1961年に返還された。敷地内に弾薬庫は33か所あったといわれるが、終戦後「こどもの国」開園までにほとんどが埋められたりしており、現在確認できるのは10基のみである。これら遺構は、電気設備等の園内施設に転用されている。現在、旧弾薬庫の内部には原則として立ち入り禁止となっているが、開園記念行事などで一般公開されることもある。[8]

弾薬庫時代には、旧・日本国有鉄道(国鉄)横浜線長津田駅より引き込み線が引かれていた。園内のトンネルは鉄道に使われたとの説があるが当時学徒動員で弾薬庫に動員されていた旧制高等女学校の卒業生の話では園内のトンネルは鉄道に利用されていたのではなくトラック用の道路に利用されていたという。引き込み線の一部経路は東急こどもの国線として現在も利用されている。こどもの国線にはかつての軍用線の痕跡は、ほとんど残っていないが、線路脇にある道路敷地の境界石は旧帝国陸軍の物が多数残されている。また、引き込み線は現在の入口ゲート近くまで伸び、弾薬の積み下ろしのための駅があったといわれるが特に遺構はない。

1944年学徒動員による移動の際にトラックごと川へ転落する事故があり、男子学生6名が亡くなった。 また、1945年にはゲート近くの広場で弾薬運搬中の爆発事故が起きた。この爆発事故では軍属6名が亡くなり、たまたま付近にいた学徒動員中の女学生1名も片足切断の重傷を負った[9]

こどもの国付近にある住吉神社のそばには男子学生の同級生より慰霊碑が、また、入口ゲート付近には学徒動員された女学生らによって「平和の碑」が立てられている。

アクセス編集

自家用車や貸切バスでの来園者のために正門前駐車場と牧場付近の臨時駐車場があるが、休日(とくにゴールデンウィーク期間中など)は駐車場が混雑し周辺の道路も渋滞するため、できるだけ公共交通機関を利用することが推奨される。

鉄道編集

バス編集

こどもの国(小田急)、こどもの国入口(横浜市営・東急)停留所(どちらも正門付近にある。市営と東急は停留所を共用。)

  • 小田急バス
    • 小田急電鉄小田原線鶴川駅より、[鶴06] 三菱ケミカル前行、[鶴07] 奈良北団地
      こどもの国を経由しない「鶴09」系統(奈良北団地行)が同じ乗り場から毎時1本出発する。
      方向幕には [鶴05]系統 こどもの国行が準備されているが、定期運行はない(多客時の臨時便)。
    • 小田急小田原線柿生駅南口より、[柿21] こどもの国行(10時~14時の各1時間1本)
  • 横浜市営バス
    • JR横浜線中山駅前十日市場駅長津田駅・東急田園都市線田奈駅より、[23] 奈良北団地行
      ※ 中山駅前発は十日市場駅と長津田駅を経由、1時間に1本日中のみ
        十日市場駅発稲荷前経由は、中山駅前発がある時間帯は1時間に1本
        両路線とも東急田園都市線田奈駅は経由する。
  • 東急バス
    • 東急田園都市線青葉台駅より、[青118] 奈良北団地折返場行、 [青56]緑山循環・青葉台駅行
    • 東急田園都市線市が尾駅より、[市43] 奈良北団地折返場行
      ※「市43」系統は平日日中のみ運行

こどもの国駅停留所(こどもの国駅前バスロータリーにある。)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b こどもの国協会の解散及び事業の承継に関する法律 e-Gov法令検索
  2. ^ #沿革の1997年通勤線化も参照
  3. ^ こどもの国のシンボルマーク参照。
  4. ^ 当時の皇太子明仁親王の記念施設である。
  5. ^ 平成21年12月24日官報第5221号 皇室事項 行幸啓
  6. ^ 「天皇ご一家がそろって初外出 横浜市「こどもの国」(09/12/19)」テレビ朝日ANN NEWS配信
  7. ^ 「両陛下「こどもの国」ご訪問 ご結婚記念し開設」産経新聞
  8. ^ 弾薬庫跡(こどもの国ウェブサイト)
  9. ^ 平和の碑(こどもの国ウェブサイト)
  10. ^ 松下和輝・木下光(2017)浅田孝の子供に対する環境開発の手法に関する研究- 日本建築学会計画系論文集

外部リンク編集