メインメニューを開く

こどもの日

日本の国民の祝日

こどもの日(こどものひ)とは、日本における国民の祝日の一つで、端午節句である5月5日に制定されている。

祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。

目次

制定の経緯編集

5月5日は古来から端午の節句として、男子の健やかな成長を願う行事が行われていた。また、国会にこどもの日を祝日とする請願が寄せられた際に、5月5日を希望するものが多かったためである[1]

発行物編集

  • 1949年5月5日、こどもの日の切手が発行された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第2回国会会議録 文化委員会第5号1948年4月13日。専門調査員の武藤智雄が、5月5日を「こどもの日」に指定してほしい、とする請願や陳情があったことを報告している。

関連項目編集

外部リンク編集