こどもの日

日本の国民の祝日

こどもの日(こどものひ)とは、日本における国民の祝日の一つで、端午節句である5月5日に制定されている。

祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年7月20日の祝日法の公布および即日施行により制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。

制定の経緯編集

1948年2月に金子洋文三島通陽が国会で子どもの日について議論した[1][2]。專門調査員武藤智雄が5月5日を希望する請願を紹介した[3]。同年6月8日に、衆議院議員松澤兼人は「神戸市内児童約二万七千名の署名」による「こどもの日」制定の請願を紹介した[4]

発行物編集

  • 制定後最初の「こどもの日」にあたる1949年5月5日、こどもの日の切手が発行された。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集