メインメニューを開く

この愛にすべてを』(The Only Game in Town)は、ジョージ・スティーヴンス監督による1970年のアメリカ合衆国のドラマ映画である。スティーヴンスの最後の作品であり、エリザベス・テイラーウォーレン・ベイティが出演した。

この愛にすべてを
The Only Game in Town
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 フランク・D・ギルロイ英語版
原作 フランク・D・ギルロイ
製作 フレッド・コールマー英語版
出演者 エリザベス・テイラー
ウォーレン・ベイティ
音楽 モーリス・ジャール
撮影 アンリ・ドカエ
編集 ジョン・W・ホームズ英語版
ウィリアム・サンズ
パット・シェード
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年3月4日
日本の旗 1970年12月5日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,235,000[1]
興行収入 $1,500,000 (rentals)[2]
テンプレートを表示

フランク・D・ギルロイ英語版による1968年の同名のブロードウェイ作品[3]を基にギルロイ自身が脚本を執筆した。

プロット編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1974年12月23日『月曜ロードショー』)

製作編集

20世紀フォックスは舞台のブロードウェイ公演前に55万ドルで映画化権を購入し、またギルロイは脚本料として15万ドルを受け取った[4]。舞台はタミー・グライムズ英語版バリー・ネルソンが主演したが失敗し、16回で上演は終了した[5]

製作費は1100万ドルに及んだが、これはテイラーが『ふたりは恋人英語版』(1969年)の制作中であった当時の夫のリチャード・バートンの側にいるためにフランスパリでの撮影を希望したからである。スティーヴンスとテイラーは以前にも『陽のあたる場所』(1951年)と『ジャイアンツ』(1956年)で成功を収めていた[5]

当初ジョー役としてフランク・シナトラと契約していたが、テイラーの病気で撮影が延期されると他のプロジェクトとスケジュールが競合したために降板し、代役としてベイティが起用された[5]

参考文献編集

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. ISBN 978-0-8108-4244-1. p256
  2. ^ Solomon p 231. "Big Rental Films of 1970", Variety, 6 January 1971, pg 11.
  3. ^ "The Only Game in Town" Internet Broadway Database, accessed September 14, 2015
  4. ^ Nat Segaloff, Final Cuts: The Last Films of 50 Great Directors, Bear Manor Media 2013 p 273-275
  5. ^ a b c Parish, James Robert; Mank, Gregory W.; Stanke, Don E. (1978). The Hollywood Beauties. New Rochelle, New York: Arlington House Publishers. p. 347. ISBN 978-0-87000-412-4. 

外部リンク編集