この森で、天使はバスを降りた

この森で、天使はバスを降りた』(The Spitfire Grill)は、 1996年サンダンス映画祭、日本では1998年1月15日にリリースされたアメリカ映画である。

この森で、天使はバスを降りた
The Spitfire Grill
監督 リー・デヴィッド・ズロトフ
脚本 リー・デヴィッド・ズロトフ
製作 ウォレン・G・スティット
出演者 アリソン・エリオット
エレン・バースティン
マーシャ・ゲイ・ハーデン
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ロバート・ドラパー
編集 マーガレット・グッドスピード
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年1月24日SFF
日本の旗 1998年1月15日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 6,000,000ドルアメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

刑務所を出所して、ある小さな町の「スピットファイア・グリル」と言う軽食喫茶店に行き、そこで働く女性の物語を描いた作品。作品の主題は贖罪である[1]

監督・脚本はリー・デヴィッド・ズロトフ

1996年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞したため複数の配給会社による競争入札が行われた。もっともアメリカでの公開時には、観客や批評家からは、映画祭の時ほどには好評を得られなかったようである。

2001年には、オフブロードウェイでミュージカル劇化されている。

日本では2009年5月シアタークリエで上演された[2]

目次

ストーリー編集

ある夜、小さな村にトランク一つでバスを降りた若き女性がいた。パーシー(アリソン・エリオット)は刑期を終えて出所し、メイン州の小さな町で人生の再出発を望んだ。彼女は、見かけは無愛想だが心優しいハナ(エレン・バースティン)が経営する軽食カフェ「スピットファイア・グリル」で給仕として働いた。

カフェの常連客はパーシーの過去の秘密に疑いの目を向けていたが、ハナは黙っていた。一番猜疑心が強かったのは、ハナの甥のネイハム(ウィル・パットン)であった。ネイハムの妻シェルビー(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は疑うよりはむしろ親切な好奇心をパーシーに対して抱いた。

ハナが不慮の転倒で寝たきりになる。パーシーが料理するが、黒こげになり、見かねたシェルビーが手伝い、二人でカフェの切り盛りをする。助けが必要だと知ったハナは、彼女たちを認めた。町の若い男ジョーはパーシーに一目惚れした。ジョーは町にある樹木が癌や関節炎の薬の材料になるのではと考える科学者を、町に連れてきた。パーシーは森の男が気になっていた。夜中に薪を割っていて、お礼の食糧の入った麻袋を持って帰っていた。

やがて、ハナはカフェの新しいオーナー募集のために、参加費100ドルの作文コンテストを募集した(アメリカ中からのコンテストの優勝者にカフェが譲渡される、一種のコンペ。参加費全額はハナに)。町の良い出来事となるはずだったが、ネイハムの過ぎた猜疑心によってお金は麻袋に入れ、森の男に持って行かせた。

山狩りが行われ、警察に捕まっていたパーシーにハナが助けを求めにくる。森の男はハナの息子でベトナム戦争後に変わり果てて行方不明だったイーライだったのだ。パーシーは森に行くが…。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

脚注編集

  1. ^ 16歳のパーシーを犯して妊娠させた継父を殺した罪で5年服役している。
  2. ^ 「この森で、天使はバスを降りた」”.CoRich舞台芸術!.2015年2月15日閲覧。

外部リンク編集