これがロシヤだ』(: Человек с киноаппаратом、ラテン語表記:Chelovek s kino-apparatom)は、1929年1月8日に公開されたソビエト連邦ドキュメンタリー映画サイレント。監督はジガ・ヴェルトフ。日本では1932年3月10日に公開された。多重露光低速度撮影スローモーションフリーズフレームマッチカットジャンプカット、分割スクリーン(Split Screen)、ダッチアングル超接写トラッキングショット、逆回転、ストップモーション・アニメーションおよびSelf-reflexive(映画の制作過程を題材とすること)など、当時では画期的な最先端の特殊撮影技法を用いている。

これがロシヤだ
Человек с киноаппаратом
Man with a movie camera 1929 2.png
監督 ジガ・ヴェルトフ
脚本 ジガ・ヴェルトフ
音楽 マイケル・ナイマン(2002年版)
撮影 ミハイル・カウフマン
編集 エルザヴェータ・スヴィロヴァ
公開 ソビエト連邦の旗 1929年1月8日
日本の旗 1932年3月10日
上映時間 67分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 無声
テンプレートを表示

現在日本では原題の直訳である『カメラを持った男』というタイトルで公開/DVDが発売されている。

参考文献編集

  • Annette Michelson ed. Kevin O'Brien tr. Kino-Eye : The Writings of Dziga Vertov, University of California Press, 1995.
  • John MacKay, "Man with a Movie Camera: An Introduction" [1]
  • Feldman, Seth R. Dziga Vertov. A Guide to References and Resources. Boston: G. K. Hall, 1979.
  • Devaux, Frederique. L'Homme et la camera: de Dziga Vertov. CrisnÈe, Belgique: Editions Yellow Now, 1990.
  • Nowell-Smith, Geoffrey. The Oxford history of World Cinema. Oxford; New York: Oxford University Press, 1996.
  • Roberts, Graham. The Man With the Movie Camera. London: I.B.Tauris, 2000.
  • Tsivian, Yuri. Lines of Resistance: Dziga Vertov and the Twenties. edited and with an introduction by Yuri Tsivian; Russian texts translated by Julian Graffy; filmographic and biographical research, Aleksandr Deriabin; co-researchers, Oksana Sarkisova, Sarah Keller, Theresa Scandiffio. Gemona, Udine : Le Giornate del cinema muto, 2004.
  • Manovich, Lev. "Database as a Symbolic Form". Cambridge: MIT Press, 2001.

外部リンク編集