メインメニューを開く

こんばんは!とやま6:30』は、1979年10月1日から1984年9月28日までに富山テレビで放送された平日夕方の富山県向けローカルワイドニュース番組である。

目次

番組概要編集

  • 東京発の全国ニュース「FNNニュースレポート6:00」と併せて1時間のニュース番組を形成し、当時「ワイドニュースチャンネル1」でローカルニュースの拡充を図っていた北日本放送に挑む形となった。

また、愛称は“とやま6:30”。

放送時間編集

  • 月曜日-金曜日 18:30-19:00

ニュースキャスター編集

  • 水井正隆(当時富山テレビアナウンサー)
  • 小山憲一(同上、元同局報道部記者)

番組誕生の背景編集

  • それまで富山テレビの夕方ニュースは『FNNニュース6:30』の後のローカルニュース枠として『中日ニュース テレポートとやま』として放送され、5分から15分程度の内容であった。
  • 「堅苦しいものと規定されがちなニュースを、もっと身近で親しみの持てる番組に(『富山テレビ二十年の歩み』より)との方針から、番組タイトルから“ニュース”を外し、内容も県内各地で女性レポーターが中継を行うなど、地域に密着する姿勢をとった。
  • ちなみに『富山テレビ二十年の歩み』には『こんばんは とやま6:30』1981年10月5日からは『ニュース6:30』に改題)と記載されている。
  • OP音楽とエンディング音楽はFNNニュースレポート6:30と同じ音楽を使用していた。
  • 当番組のCMは富山市の西町スクランブル交差点の映像をバックに写真がばらまかれると「ニュース6:30」を表示。そのあとは富山テレビをバックに水井正隆が「私たちがお伝えします」と言う。最後に富山テレビ社屋をバックに「ニュース 6:30」とテロップが表示され下には「10月5日(月)スタート」と表示される。ナレーターは「夕方のニュースが変わります。ニュース630」と「ニュース630、10月5日スタート。」

参考文献編集

  • 富山テレビ二十年の歩み(平成元年刊行)

関連項目編集

富山テレビ 平日夕方T34ニュース→富山テレビニュース
前番組 番組名 次番組
こんばんは!とやま6:30

ニュース6:30
FNNイブニングワイド6:00
(18時からの1時間番組)