メインメニューを開く

ごはんができたよ』は、矢野顕子の4枚目のスタジオアルバム、通算6枚目のアルバム。1980年10月1日発売。発売元は徳間ジャパン。CD版はミディ

ごはんができたよ
矢野顕子スタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ/ジャパンレコーズ
プロデュース 矢野顕子
坂本龍一
矢野顕子 アルバム 年表
東京は夜の7時
1979年
ごはんができたよ
1980年
ただいま。
(1981年)
テンプレートを表示

概要編集

徳間ジャパン移籍後初の作品。坂本龍一が共同プロデュースを手がけており、矢野がイエロー・マジック・オーケストラとコラボレーション関係にあった時代を色濃く反映した作品である。もっともクレジットはYMO名義ではなく、あくまでも個人参加という位置づけになっている。サウンドは前作『ト・キ・メ・キ』と同じくシンセサイザーを多用しているが、アコースティック・ピアノや児童合唱を取り入れるなど、YMOの音作りとは一線を画す面も見られる。

収録曲編集

  1. ひとつだけ (HITOTSUDAKE) (作詞・作曲:矢野顕子)
  2. ぼんぼんぼん(LES PETIT BONBON) (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 「ひとつだけ」とメドレーで演奏されている。
  3. COLOURED WATER (作詞:矢野顕子・菊池真美 作曲:矢野顕子)
    • この曲のみ、ドラムスは林立夫である。
    • アルバム『出前コンサート』に、ライブテイクが収録されている。
  4. 在広東少年 (ZAI KUNTONG SHONEN) (作詞・作曲:矢野顕子)
  5. HIGH TIME (作詞:Fran Payne 作曲:矢野顕子)
    • 「COLOURED WATER」と共に、英語詞の曲である。
  6. DOGS AWAITING (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 犬の吠え声などのサンプリング音が用いられているほか、矢野のボーカルもボコーダーを通した実験的な音作りとなっている。
  7. TONG POO (作詞:矢野顕子 作曲:坂本龍一)
    • YMOの曲のカバー。矢野があらたに歌詞をつけている。
    • アルバム『出前コンサート』に、ライブテイクが収録されている。
  8. 青い山脈 (AOI SANMYAKU) (作詞:西条八十 作曲:服部良一 編曲:矢野顕子)
    • 藤山一郎の曲のカバー。
    • アルバム『出前コンサート』に、ライブテイクが収録されている。
  9. げんこつやまのおにぎりさま (GENKOTSUYAMA NO ONIGIRISAMA) (作詞:香山美子まどみちお 作曲:小森昭宏
  10. ごきげんわにさん (GOKIGEN WANISAN) (作詞:中川李枝子 作曲:小森昭宏 編曲:矢野顕子)
    • アルバムジャケットでは「作詞・作曲:中川季枝子」となっているが、誤植である。
    • 坂本龍一とのピアノ連弾が行われている。
    • ビデオ『矢野顕子S席コンサート』に、ライブ演奏が収録されている。
  11. また会おね (MATA AONE) (作詞・作曲:矢野顕子)
  12. てはつたえる→てつだえる (TE WATSUTAERU→TETSUDAERU) (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 谷川俊太郎の詩「TE TE TE」にインスパイアされた作品。
    • 日立製作所のコマーシャルソング。
    • アルバム『出前コンサート』に、ライブテイクが収録されている。
  13. ごはんができたよ (GOHAN GA DEKITAYO) (作詞・作曲:矢野顕子)
  14. YOU'RE THE ONE (作詞:矢野顕子 作曲:坂本龍一)
    • 「for the children of the whole wide world 」(広き全世界の子どもたちに)という献辞が添えられている。
  • LP版は2枚組で、1枚目A面が1, 2, 3、B面が4, 5, 6、2枚目C面が7, 8, 9, 10、D面が11, 12, 13, 14であった。
  • CDの初版は、「COLOURED WATER」「HIGH TIME」「DOGS AWAITING」「青い山脈」がカットされている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 矢野顕子について、坂本龍一くんと話そう ほぼ日刊イトイ新聞 2006年11月27日付

外部リンク編集