メインメニューを開く

ごはんミュージアムは、2011年2月28日に閉館した全国農業協同組合中央会(JA全中 - 米消費拡大・食生活対策室)が運営する常設の食育啓発施設。

概要編集

2006年10月に開館。入館無料。東京国際フォーラム千代田区)の野外広場に面した1階にある(あいだみつお美術館が地下1階)。「子ども・保護者世代」を意識した施設づくり、コンテンツで構成されている。前身は銀座の東京ガスホールにあった「お米ギャラリー銀座」。

ごはんミュージアム全体を通じ、食は単にエネルギー摂取ではなく、食に思い入れ、こだわりを持つことが豊かで充実した生活、心と体の健康につながることを訴求している。

姉妹施設として「お米ギャラリー梅田」「お米ギャラリー心斎橋」「お米ギャラリー天神」「お米ギャラリー東京駅」がある。

※「お米ギャラリー天神」は2008年8月17日に、「お米ギャラリー心斎橋」も同年内に、「お米ギャラリー梅田」は2009年2月22日に閉館している。

テレビ番組編集

2006年10月から2007年3月まで、この施設を紹介する番組がチバテレビテレ玉tvkTOKYO MXで放送されていた。制作はチバテレビの関連会社であるちばテレビメディアネット

外部リンク編集