ごろつき』は、1968年10月12日[1]に公開された日本映画。制作・配給は東映。監督はマキノ雅弘で、主演は高倉健菅原文太も共演している。

ごろつき
監督 マキノ雅弘
脚本 石松愛弘
製作 大川博
出演者 高倉健
菅原文太
吉村実子
大木実
沢村忠
音楽 渡辺岳夫
撮影 飯村雅彦
編集 田中修
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1968年10月12日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

東映任侠映画の1作であるが、キックボクシングが題材として描かれているため、沢村忠ら、当時の現役ボクサーが複数出演している。菅原は高倉の友人役で[2]、菅原の奏でるギターに合わせて高倉が『唐獅子牡丹』を歌う場面もある[3]

あらすじ編集

勤めていた北九州の炭鉱が閉山となった大場勇は、友人の山川一郎とともに東京に出る。勇はボクシングジムに入門、一郎は富豪に犬の飼育係として雇われる。しかし、犬の餌が人の食事よりも豪華なことに腹を立てた勇が犬の睾丸にサロンパス[要曖昧さ回避]をかけたことを主人に知られ一郎はクビになり、二人は流しの楽団に入って歌うことになった。勇はジム会長の沢田の意向でキックボクシングに挑み、練習試合でチャンピオンを倒したことから試合が組まれる。一方、楽団の仕切り役の浅川は任侠を抜けた元親分で、昔の看板を狙う暴力団の唐沢に絡まれていた。唐沢の乗る自動車が新聞配達の少年をひき逃げしたことを目撃した勇は義憤から唐沢の事務所で暴行をはたらき、唐沢は浅川に慰謝料か看板をよこせと迫る。勇は試合に勝ったものの、唐沢が浅川を殺して家に火を放ったことを知って、唐沢を刺殺した。

主題歌編集

  • 「望郷子守唄」(唄:高倉健)

出演者編集

現役キックボクサー
  • 沢村忠(東洋ミドル級チャンピオン)
  • 西川純(東洋ライト級チャンピオン)
  • 斎藤天心(全日本ヘビー級第一位)
  • 藤本勲(全日本ヘビー級チャンピオン)

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 下記外部リンクによる。
  2. ^ ごろつき - 映画ナタリー(作品情報)
  3. ^ “高倉健と菅原文太の共演作12本放映、「ごろつき」「大脱獄」ほか未ソフト化作品も”. 映画ナタリー. (2015年10月30日). https://natalie.mu/eiga/news/164210 2019年1月19日閲覧。 

外部リンク編集