さいたま市営大宮球場

さいたま市営大宮球場(さいたましえい・おおみやきゅうじょう)は、埼玉県さいたま市大宮区の大和田公園内にある野球場。施設はさいたま市が所有し、さいたま市公園緑地協会が指定管理者として運営管理を行っている。

さいたま市営大宮球場
Saitama Municipal Omiya Baseball Stadium
さいたま市営大宮球場
施設データ
所在地 埼玉県さいたま市大宮区寿能町2-519(大和田公園内)
座標 北緯35度55分20.4秒 東経139度38分26.3秒 / 北緯35.922333度 東経139.640639度 / 35.922333; 139.640639座標: 北緯35度55分20.4秒 東経139度38分26.3秒 / 北緯35.922333度 東経139.640639度 / 35.922333; 139.640639
開場 1967年
所有者 さいたま市
管理・運用者 さいたま市公園緑地協会(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権埼玉大会
収容能力
10,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,157.665m2
両翼:91 m、中堅:122 m
フェンス m

目次

歴史編集

 
1979年頃の大宮公園国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)。写真右上付近が当球場

当時の大宮市大宮市営球場(おおみやしえいきゅうじょう)として1967年4月1日に完成。見沼干拓によってできた見沼田圃を埋め立てて建設された。この年に埼玉県で開催された第22回国民体育大会(清新国体)の高校野球(硬式)の会場として使用された。以来、大宮公園にある埼玉県営大宮公園野球場と共に高校野球などアマチュア公式戦が開催される他、プロ野球イースタン・リーグ(二軍)公式戦も開催されている。

1984年から1988年にかけて改修工事が行われ、照明設備の設置、内野スタンドの改築、スコアボードの電動化を行った。これと入れ替わる形で1989年の秋季大会から1992年の春季大会にかけて、県営大宮球場が大規模な改築工事を受けることとなり、市営球場は県営球場に代わって埼玉県の高校野球公式戦の主会場として使用された他、関東大会でも使用された(但し夏季の埼玉大会については、開会式と準決勝戦以降は西武ライオンズ球場で開催した)。

2001年5月1日、大宮市が浦和市与野市と新設合併し「さいたま市」となったのに伴い現名称に改称した。

なお、市営大宮球場がある大和田公園は、大宮公園の一部である大宮第二公園に近接している。

主なエピソード編集

  • 1994年4月26日に行われたイースタン公式戦・ヤクルトスワローズ西武ライオンズ2回戦は、ヤクルト先発山部太、西武先発竹下潤の両左腕が共に無安打で完投した。試合は5回、ヤクルトが失策で出塁した走者を幸田正広がスクイズで還し1点を挙げ、結局これが決勝点となり1-0でヤクルトが勝利。山部はイースタン史上15度目のノーヒットノーランを達成した。この試合は日本プロ野球史上初となる「両チーム無安打試合」となった。
  • 鈴木信也原作の漫画、『Mr.FULLSWING』に実名で登場しているが、現実には県営大宮球場で行われる準決勝がこちらで行われている。

施設概要編集

 
スコアボード
(画像は高校野球埼玉選手権大会時)
  • 内野:クレー、外野:天然芝
  • 両翼:91m、中堅:122m
  • 照明設備:6基
  • スコアボード:磁気反転式
  • 収容人員:10,000人(外野席は芝生席)

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集