さいたま市立漫画会館

さいたま市立漫画会館(さいたましりつまんがかいかん)は、埼玉県さいたま市北区にある美術館である。「日本の近代漫画の先駆者」・「日本初の職業漫画家」とされる漫画家、北澤楽天の晩年の居宅跡に1966年昭和41年)11月に開館した。公立美術館として日本初[2]となる、漫画を主な収蔵品とするマンガ・アニメミュージアムとして知られる。入館は無料。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg さいたま市立漫画会館
Saitama Saitama Municipal Manga Hall 1.JPG
施設情報
専門分野 漫画
館長 石黒 達夫[1]
事業主体 さいたま市スポーツ文化局 文化部 文化振興課
開館 1966年(昭和41年)11月
所在地 331-0805
埼玉県さいたま市北区盆栽町150番地
位置 北緯35度55分32.2秒 東経139度37分54.5秒 / 北緯35.925611度 東経139.631806度 / 35.925611; 139.631806座標: 北緯35度55分32.2秒 東経139度37分54.5秒 / 北緯35.925611度 東経139.631806度 / 35.925611; 139.631806
アクセス 東武野田線大宮公園駅から徒歩5分
JR宇都宮線土呂駅から徒歩15分
外部リンク www.city.saitama.jp/004/005/002/003/001/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

歴史編集

北澤楽天1876年明治9年)、大宮宿の旧家の四男として生まれた[注釈 1]。楽天は、福澤諭吉に見出されて『時事新報』の風刺漫画や『東京パック』のカラー漫画などを手掛け、「日本の近代漫画の祖」[3]と言われた。

1948年昭和23年)、72歳の時に東京から父祖の地である大宮市(現在のさいたま市)に転居することになり、大宮盆栽村のこの地に自宅を構え、「楽天居」と名付けて晩年を過ごす。1955年(昭和30年)、79歳でこの世を去ると大宮市は楽天を名誉市民に推挙して、「大宮市名誉市民」の第1号とした[注釈 2]

楽天には子供が授からず、養子を迎えることもしなかったため、著作権の散逸を憂いた夫人のいのは、1959年(昭和34年)に作品とその著作権、愛用の品、楽天居の敷地を大宮市に寄贈。1966年(昭和41年)9月29日、楽天居跡に大宮市立漫画会館として落成[4]、同年11月に開館した[5][6]

2001年平成13年)5月、合併によるさいたま市の設置により現在の名称となる。

展示内容編集

楽天の晩年の居宅である「楽天居」の画室が移築され、常設展示室では楽天の作品が展示されている。企画展示室では、収蔵品展・他の漫画家の企画展・さいたま市主催の公募漫画展「北沢楽天漫画大賞」[注釈 3]の作品展などが開催される。2階の漫画資料室では土曜・日曜・祝日と夏休み期間中に蔵書を公開している[7]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 出生地は東京の神田
  2. ^ 合併後は、「さいたま市名誉市民」として引き続き顕彰している。なお、合併前の各市の名誉市民の中では最初の推挙者としても第1号である。
  3. ^ 1986年に「大宮市民漫画展」として創設。2001年に「さいたま市民漫画展」に名称が変更され、2015年から現在の名称に変更となる。公募型の漫画コンテストとして現在国内で最も長く続いている。

出典編集

  1. ^ 平成27年度総会・見学会資料 (PDF)”. 埼玉県博物館連絡協議会 (2015年4月23日). 2018年7月28日閲覧。
  2. ^ SAITAMA アート GUIDE 100×α さいたま市立漫画会館”. 埼玉県 県民生活部 文化振興課. 2018年7月28日閲覧。
  3. ^ さいたま市漫画会館”. 大宮盆栽村. 2018年7月28日閲覧。
  4. ^ 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日、資料-10頁。全国書誌番号:81007009NCID BN03449939
  5. ^ 北沢楽天物語”. さいたま市スポーツ文化局 (2017年3月16日). 2018年7月28日閲覧。
  6. ^ 日本近代漫画の先駆者:北沢楽天略年譜”. さいたま市スポーツ文化局 (2014年6月24日). 2018年7月28日閲覧。
  7. ^ 施設案内”. さいたま市スポーツ文化局 (2018年7月21日). 2018年7月28日閲覧。

外部リンク編集