メインメニューを開く

さくらの親子丼』(さくらのおやこどん)は、2017年10月7日から11月25日まで毎週土曜日23時40分-翌0時35分に、東海テレビの制作により、フジテレビ系列の『オトナの土ドラ』枠で放送された日本のテレビドラマである。主演は真矢ミキ[1]。 2018年12月1日から2019年1月26日まで放送された続編、『さくらの親子丼2』についても記載する[2]

さくらの親子丼
ジャンル 連続ドラマ
原作 清水有生
企画 横田誠(東海テレビ)
脚本 清水有生
演出 阿部雄一(【第1シリーズ】)
木内健人(【第1、第2シリーズ】)
坂梨公紀(【第1シリーズ】)
谷川功5年D組)(【第2シリーズ】)
最知由暁斗(【第2シリーズ】)
出演者 真矢ミキ
音楽  富貴晴美
プロデューサー 遠山圭介(東海テレビ【第1シリーズ】)
浦井孝行(オスカープロモーション)【第1、第2シリーズ】
村山太郎(オスカープロモーション)【第1、第2シリーズ】
河角直樹(東海テレビ)【第2シリーズ】
制作 東海テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2017年10月7日 - 11月25日
放送時間 土曜23:40 - 翌0:35
放送枠 オトナの土ドラ
放送分 55分
回数 8
さくらの親子丼
出演者

吉本実憂
本仮屋ユイカ
塚田僚一A.B.C-Z

放送期間 2017年10月7日 - 11月25日
放送時間 土曜 23:40 - 翌0:35
回数 8
公式サイト
さくらの親子丼2
出演者 柄本時生
井頭愛海
岡本夏美
柴田杏花
尾碕真花
祷キララ
日比美思
浦上晟周 
塩野瑛久
相島一之
名取裕子
放送期間 2018年12月1日 - 2019年1月26日
放送時間 土曜 23:40 - 翌0:35
回数 8
公式サイト
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

第1シリーズ編集

「親子丼をタダで食べさせてくれる店があるらしい」都市伝説とも思えるその場所は、古本屋だった。訪れる人の事情は様々で、ある者は傷つき、もがき、ある者は悩み、ふさぎ込み、またある者は、考えることすらやめてしまっている。古本屋の主・九十九さくらは、「空腹を満たすことで人間らしく行動することが出来る」と考える。彼女はただのお人よしなのか。行き場をなくし、空腹で訪れる人のお腹を温かい親子丼で満たしてくれ、周りからおせっかいだと思われてもそんなのお構いなしで心が張り裂けそうになりながらも懸命に生きていく。

第2シリーズ編集

九十九さくらは、長男・悠平の事件を機に知り合った三谷弁護士に頼まれ、子供シェルター「ハチドリの家」に食事スタッフとして参加することになった。子供シェルターは、虐待などを受けた子どもたちが一時避難する施設。そこにいたのは、壮絶な地獄を見てきた子どもたちだった。さくらは、自ら親を捨てた子どもたちに、料理を通じて、信じられる大人がいることを伝えようと手を差し伸べ続ける。

キャスト編集

第1シリーズ編集

九十九さくら(つくも さくら)
演 - 真矢ミキ[3]
古本屋・九十九堂書店主人。店の奥にある通称「たまりば」で身寄りがない人や子供達に無料で親子丼を提供、相談に乗ったりしている。
あざみのことは「悠平が命がけで守った命」との思いを持ち、帰る場所のないあざみと暮らしている。
花菜子が謝罪に訪れた際は混乱し、一旦は追い出したが最終的には受け入れ、「一生許さないが、憎むのはやめる」と言い、人生を無駄にせず必死に生きろと諭した。
二宮あざみ(にのみや あざみ)
演 - 吉本実憂[4](乳児期:谷村海紗、幼少期:安山夢子
ある日「たまりば」にリエと共にやって来た少女。後述の通り母に殺されそうになった時、悠平が止めに入ったことで救われた。
さくらが誘拐犯として警察に連行された時は、被害届を取り下げるよう美春に直談判した。
恭子がインターネット掲示板で見つけた母の元に出かけていき母・花菜子と再会、彼女がさくらに謝罪するのを見届けた後、一緒に暮らすため九十九堂を跡にした。
九十九恭子(つくも きょうこ)
演 - 本仮屋ユイカ(幼少期:長谷川美羽
さくらの娘。雑誌記者。さくらが「たまりば」で親子丼を提供することを良く思っていなかったため別居していた。後述のように兄を殺されているため、不良少年・少女に憎しみを持つ。あざみのことも憎んでいたが、さくらのあざみに対する思いを聞き一緒に暮らすようになる。
前述のように花菜子を見つけ出し、あざみを連れて行った。恭子も花菜子を憎んでいたが、花菜子を九十九堂へ連れて行き、謝罪の機会を作った。
九十九悠平(つくも ゆうへい)
演 - 大地伸永
さくらの息子。17歳の時にファミレスアルバイト中、あざみを殺そうとした花菜子を止めようとして揉み合いになり、ナイフが突き刺さって亡くなった。
中西俊太(なかにし しゅんた)
演 - 塚田僚一A.B.C-Z
九十九堂と同じ商店街にある「鳥安精肉店」の店員。悠平の幼馴染で恭子とも仲がいい。元不良で、さくらの世話になったことがある。
玉置玄(たまき げん)
演 - 矢野浩二
通称玄さん。「たまりば」の常連で、いつもクレヨンで絵を描いている。「いらない色はありません。みんな大事です。」が口癖。
佐伯風花(さえき ふうか)
演 - 浅川梨奈SUPER☆GiRLS
小学6年生までさくらのもとで暮らしていた。シングルマザーとなってさくらのもとに戻ってくる。
正木リエ(まさき りえ)
演 - 柳美稀 (五杯目、最後の一杯を除く)
あざみの友人。一年前に傷害事件を起こす。その事件の被害者の少女が生きていることを知って苦悩し、ついには彼女に首を締められる夢まで見て追い詰められ、善後策をさくらに相談、少女の母親に泣きながら謝罪した。その後は償いをするために働き始める。
大将
演 - 河野洋一郎
さくら行きつけの第六屋大将。
米松キミ子(よねまつ きみこ)
演 - 飯沼千恵子
九十九堂の隣で理容店バーバーヨネムラを営む。
米松カヨ子(よねまつ かよこ)
演 - 齋藤めぐみ
キミ子の妹[3]
藤波辰爾
演 - 本人
さくらが神とあがめるプロレスラー。
第六屋の従業員
演 - 市原あやの
国井雅弘
演 - 伊藤瞬
マサル
演 - 千葉一磨
ジュンヤ
演 - 飛葉大樹
九十九堂の常連。

第2シリーズ編集

九十九さくら
演 - 真矢ミキ
子供シェルター『ハチドリの家』の食事スタッフ。
川端哲也(かわばた てつや)
演 - 柄本時生[5]
『三谷法律事務所』の新人弁護士。大学在学中に司法試験に合格、司法修習においても優秀な成績を収めて弁護士になったが『ハチドリの家』では手練れの少女達に翻弄される[6][7]
古井戸貞子(ふるいど さだこ)→竹園あゆみ(たけぞの あゆみ)〈17〉
演 - 井頭愛海[8][9]
『ハチドリの家』の入居者。記憶と言葉を失い、本名もわからない妊娠8ヶ月の少女。入居者たちの投票により決まった仮名を使用している。本名が竹園あゆみと判明する[ep 1]。出産した後に記憶と言葉を取り戻すが、子供を里子に出した[ep 2]。しばらくして子供を引き取ることを決意する[ep 3]
新城由夏(しんじょう ゆか)〈19〉
演 - 岡本夏美[9](幼少期:高野美咲
『ハチドリの家』の入居者。壮絶な非行歴があり悪行の限りを尽くしてきたことから受け入れ先が無く原則2ヶ月までの所をすでに1年半以上入居している。入居者のリーダー的存在。八杯目で美容院で働くことが決まったが、他の従業員からいじめを受けていた。[6][10][11]
井口茜(いぐち あかね)〈17〉
演 - 柴田杏花[9]
『ハチドリの家』の入居者。母親から虐待を受け入所している。一旦は改心したという母親のもとに戻るが、再び虐待を受け再入居。川端弁護士を慕い、結婚したいと言っていたが、最終的にはアイドルを目指すことを決意した。
藤島玲奈(ふじしま れいな)〈18〉
演 - 尾碕真花[9](幼少期:森山のえる
『ハチドリの家』の入居者。母親の借金返済のため無理やり風俗店で働かされていた。盗癖があり、店の売上金を盗んで逃走したためヤクザから追われていたが、さくらの仲裁により解決した[ep 4]
小宮山詩(こみやま うた)〈18〉
演 - 祷キララ[9](幼少期:新谷毬乃
『ハチドリの家』の入居者。病院長の娘で東大の医学部を目指すほど成績は優秀だが、それでも満足しない父親から虐待を受け、AV出演や自殺未遂を起こす。『ハチドリの家』では父親への復讐のために全てを勉強にのみ費やし、感情を表に出すこともなくなっている[12][6]。6歳上の兄がいたが、その兄も2度の受験失敗の後、自殺している。川端のような弁護士を目指すため、志望の学部を法学部に変えて大学を受験し合格した[ep 3]
白鳥マリア(しらとり まりあ)〈17〉
演 - 日比美思[9]
『ハチドリの家』の入居者。義父から性的虐待を受けており、母親からも見捨てられている。本名は「太田春奈」だが、入居時に考えた仮名を使用している。
中里拓士(さかさと たくし)〈18〉
演 - 浦上晟周[9]
『ハチドリの家』の入居者。性同一性障害を持っている。ゆっきーママのもとで働くことになる。
大豆生田香(おおまめうだ かおる)〈17〉
演 - 塩野瑛久[9](幼少期:齋藤絢永
『ハチドリの家』の入居者。傷害事件を起こし、少年院を仮出所中。8歳の時に暴力団の幹部だった父親が死亡し、母子家庭で育ったが、母親が再婚した時に捨てられる。また、過去の事情からクリスマスに対して異常な憎しみをみせる[6][13]
鍋島真之介(なべしま しんのすけ)
演 - 相島一之
『ハチドリの家』のホーム長。元教師だが教師時代に体罰事件を起こし生徒が自殺、妻と離婚した(四杯目)。その後、ホームレスとなって街を彷徨い、逮捕されたあと、ハチドリの家に戻ってくる。
三谷桃子(みたに ももこ)
演 - 名取裕子
『三谷法律事務所』の所長。さくらの息子の事件で加害者側の弁護を担当していたが、さくらとの関係は良好。

ゲスト編集

第1シリーズ(2017年)編集

君塚達也
演 - 今井悠貴 (一杯目)
美香の兄。過去に傷害事件を起こして補導され、少年院に入った経験を持つ。
君塚美香
演 - 伊丹彩華 (一杯目)
達也の妹。アイドルになることを夢見ている。
達也の母親
演 - 藤倉みのり(一杯目)
達也の父親
演 - 安藤広郎(一杯目)
美人局の被害者
演 - みっちー(一杯目)
金澤二郎
演 - 西ノ園達大(一杯目)
芸能プロダクションチーフマネージャー。
御代川由希
演 - 大西礼芳 (幼少期:高松咲希、少女期:小西希林)(二杯目 - 四杯目)
平和島小学校6年1組担任。母のスパルタ教育の影響で生徒に体罰を加えたり修学旅行の積立金を横領したり売春をするなど性格が歪んでいる。実は過食症に陥っており、さくらとの出会いが立ち直るきっかけとなる。
真由
演 - 中村有沙(二杯目)
真太郎
演 - 勧修寺保都(二杯目)
御代川峰子
演 - 森口瑤子 (三杯目・四杯目)
由希の母。娘を教師にするためにスパルタ教育を押し付け、高望みする。
編集長
演 - 本村健太郎(三杯目・七杯目)
絹川小百合
演 - 綾川まみ(三杯目・五杯目)
刑事
演 - 中野剛(四杯目)
松島剛志
演 - 柾木玲弥 (五杯目・六杯目)
「たまりば」に親子丼を食べに来る青年。13年前に一家心中したが、ただ一人生き残った。
松島真紀子
演 - 有森也実 (六杯目)
剛志の母。前述の事件で行方不明になり、どこかの海岸に流れ着き、静岡の病院にいた。心中の影響で幼児退行の症状がある。自分のことを「ケイちゃん」だと思っている。
九十九堂に親子丼を食べに来た女性
演 - さとうほなみ(六杯目)
東海林直晃
演 - 沖門和玖(七杯目)
SNSでピンポン大会の情報を見て九十九堂にやってくる少年。実は引きこもりで母に暴力をふるっている。
東海林美春
演 - 中島ひろ子(七杯目)
直晃の母。
蔵前
演 - 宮川一朗太(七杯目)
自立支援センター「ハートスクール」センター長。
アナウンサー
演 - 恒川英里東海テレビアナウンサー)(七杯目)
さくらが未成年者略取誘拐で逮捕された事を伝えた。
西浦花菜子
演 - 遠藤久美子 (最後の一杯)
あざみの母。悠平を殺害し、その事件で収監され出所後、覚せい剤幼児誘拐で再逮捕された。現在は小田原スナックを経営する。再婚したため、姓が変わっていた。
恭子に連れられ九十九堂にてさくらに面会、謝罪した。そしてあざみのために生きていくことを誓った。

第2シリーズ(2018年 - 2019年)編集

「話数」を「〇杯目」と表記。

白鳥マリア(太田春奈)の義父
演 - 木川淳一(1杯目)
春奈に性的虐待を行っている。
白鳥マリア(太田春奈)の母
演 - 嶋崎朋子(1杯目)
再婚相手が春奈に性的虐待を行っていることを知っているが、逆に春奈を「泥棒猫」と罵り虐待している。
嶺井幸二郎
演 - 水上剣星(2杯目)
玲奈が働いていた風俗店の店長で、店の売上金を盗んで逃走した玲奈の行方を探している。さくらの世話になっていた過去があり、さくらからは「こうじろう」と呼ばれている。
ヒロト
演 - 阿邊龍之介(2杯目)
玲奈の恋人。
健吾
演 - 大江晋平(2杯目・3杯目)
詩が図書館で出会った高校生。詩の壮絶な過去を知り、詩の前から去って行った。
玲奈の母親
演 - 安亜希子(2杯目)
演 - 室田渓人小野塚雅人(2杯目)
幸二郎と一緒にハチドリの家に押しかけてきた。
小宮山光信
演 - 川井つと(3杯目)
弘前にある病院の院長。詩の成績に満足せず、詩を虐待していた。
小宮山敏江
演 - 宮田早苗(3杯目)
詩にも優しい母親だったが、詩の兄の自殺をきっかけに家庭が崩壊。現在は若い男と不倫の関係にある。
鍋島希輔
演 - 秋野太作(4杯目)
真之介の父、元中学校校長で認知症を患っており真之介の姉が介護していたがこれ以上無理と言われハチドリの家に来た。
香の父
演 - 岩田知幸(4杯目)
柳原七海
演 - 岡本玲(5杯目・7杯目・8杯目)
弁護士。川端の司法修習生時代の同僚でさくらが出雲に出かけた時の食事スタッフ代行。
高見沢健二
演 - 牧田哲也(5杯目・6杯目)
あゆみの元恋人。不倫していた。あゆみを守ろうとして殺害される。
伊丹
演 - おかやまはじめ(5杯目・6杯目)
松岡
演 - 嘉人(5杯目)
出雲観光の事務員。
高見沢の妻
演 - 千広真弓(5杯目)
高見沢の娘
演 - 増田光桜(5杯目)
出雲大社リポーター
演 - 福島智之東海テレビアナウンサー)(5杯目)
出雲大社からの初詣の様子を伝えた。
演 - 須藤馨斗村上由歩(6杯目)
高見沢を殺害した。
あゆみの子供
演 - 野崎壱太(6杯目)
ゆっきーママ
演 - 中村育二(7杯目)
ショーパブのオーナー。
大豆生田小百合子
演 - 清田みくり(7杯目・8杯目)
大豆生田香の妹。
所長
演 - 浜谷康幸(7杯目・最後の一杯)
七海が所属する法律事務所の所長。

放送日程編集

第1シリーズ編集

各話 放送日 サブタイトル ラテ欄[14] 監督
一杯目 2017年10月07日 貧しい兄妹と親子丼 行き場を失った人を温かい親子丼で癒す…
あなたの居場所はここにある!!
阿部雄一
二杯目 10月14日 行き場をなくしたシングルマザーと親子丼 娘さえいなければ…
行き場をなくした若きシングルマザーの闇
三杯目 10月21日 追い込まれた教師と親子丼 だれか私をとめて!!
過度の愛情が身を壊す摂食障害に悩む教師
木内健人
四杯目 10月28日 母の愛と親子丼 愛しただけなのに…
母の強すぎる愛が娘を摂食障害に!? 苦悩する現代の母娘
五杯目 11月04日 非行少女と親子丼 突きつけられた運命自分の母親が事件を…
真実を知り今夜2人の関係が動く
阿部雄一
六杯目 11月11日 命知らずの青年と親子丼 あなたが心配なの!!
今夜さくらの感情爆発話題!! 深夜の涙腺崩壊ドラマ
坂梨公紀
七杯目 11月19日 引きこもりの少年と親子丼 さくらに緊急事態!!
誰もが胸打たれる親子のキズナとは!? 今夜も涙腺崩壊
木内健人
最後の一杯 11月25日 決意の親子丼 今夜、親子丼最終章さくらの愛に包まれる涙が止まらない55分の感動ドラマ 阿部雄一
  • 第7話(七杯目)は、前夜(18日)の「アジアプロ野球チャンピオンシップ・日本×台湾」放送のため120分繰り下げ、1時40分 - 2時35分に放送された(日曜放送)。
  • 制作局の東海テレビに限り、12月2日1時40分 - 2時40分(1日深夜)に「最後の一杯【完全版】」を放送する予定だったが、前日(同月1日)に主題歌を歌っていたHilcrhymeのメンバーが大麻取締法違反の容疑で逮捕されたことに伴い、放送中止となり、急遽別番組へ差し替えた[15][16]

第2シリーズ編集

各話 放送日 サブタイトル[17] ラテ欄[18] 演出
1杯目 2018年12月01日 親子丼なんていらない 親子丼なんかいらない!
心を閉ざした子ども達に帰ってきたさくら大苦戦!
谷川功
2杯目 12月08日 「おいしい」を取り戻せ! おいしいって何だろう?
おでんに手が届かない! 少女に魔の手が迫る!
3杯目 12月15日 湯気の向こうに幸せの記憶 湯気の先には遠い母の思い出…
受験勉強は父への復讐! 幸せは何処にある?
木内健人
4杯目 12月22日 サンタが俺にやってきた!? クリスマスなんか嫌いだ!
夜空に父子の姿が…聖夜のシェルターは大混乱
5杯目 2019年01月05日 出雲に消えた想い さくら出雲へ行く!
縁結びの神が繋ぐ悲しい想い…貞子の記憶は蘇るか?
最知由暁斗
6杯目 1月12日 親が子を抱くとき 私は子を抱かない!
記憶に蘇る愛と憎しみ貞子は本当に人を殺したのか?
谷川功
7杯目 1月19日 愛はあげなきゃもらえない アタシの人生どこ?
愛はあげなきゃもらえない…親子丼にこめた想いよ届け
木内健人
最後の一杯 1月26日 ハチドリの巣立つ時に 泥水から少女を救え 次の時代は誰のもの?
ハチドリ達が巣立つ時さくら最後の決断!
谷川功
  • 4杯目は『全日本フィギュアスケート選手権』男子シングルショートプログラムの放送時間5分延長。(フジテレビ制作、19:00 - 21:05)のため、5分繰り下げ(23:45 - 0:40)。
    12月29日は『THE世界力3』(23:40 - 0:55)の為休止。
  • 7杯目は『土曜プレミアム』・HERO の放送時間15分拡大。(フジテレビ制作、21:00 - 23:25)のため、15分繰り下げ(23:55 - 0:50)。

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 真矢ミキ“タダ飯”で非行なくす! 連ドラ主演、脚本は「金八」清水氏”. SANSPO.COM (2017年8月18日). 2018年12月16日閲覧。
  2. ^ 真矢ミキ『さくらの親子丼』主演連ドラ初の続編「1年で老けてない!?」”. SANSPO.COM (2018年10月20日). 2018年12月16日閲覧。
  3. ^ a b 相関図
  4. ^ 劇中の語りを担当。
  5. ^ 柄本時生が「さくらの親子丼2」出演! 母・角替さんの味思い出した”. SANSPO.COM (2018年11月9日). 2018年12月16日閲覧。
  6. ^ a b c d 相関図 さくらの親子丼2 東海テレビ”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  7. ^ ストーリー さくらの親子丼2 東海テレビ 5杯目 1月5日放送”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  8. ^ 井頭愛海が“貞子”に? 『さくらの親子丼2』フレッシュな若手キャスト8人決定”. ORICON NEWS (2018年11月16日). 2018年11月16日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h “真矢ミキ主演『さくらの親子丼』第2弾に、井頭愛海、尾碕真花、柴田杏花ら個性派実力美女が集結!”. エンタMEGA (サイゾー). (2018年12月1日). https://entamega.com/13549 2019年2月2日閲覧。 
  10. ^ トピックス さくらの親子丼2 東海テレビ SPECIAL 「ハチドリの家」のメンバー、若手キャストを紹介”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  11. ^ ストーリー さくらの親子丼2 東海テレビ 最後の1杯 1月26日放送”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  12. ^ ストーリー さくらの親子丼2 東海テレビ 3杯目 12月15日放送”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  13. ^ ストーリー さくらの親子丼2 東海テレビ 4杯目 12月22日放送”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  14. ^ さくらの親子丼”. あらすじ. ザテレビジョン. 2019年2月19日閲覧。
  15. ^ tokaitv_dodraの2017年12月1日のツイート2017年12月1日閲覧。
  16. ^ “DJ大麻逮捕のヒルクライム ラジオ差し替え、主題歌ドラマ放送中止”. デイリースポーツ. (2017年12月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/01/0010781602.shtml 2017年12月1日閲覧。 
  17. ^ 【東海テレビ】さくらの親子丼2.FOD.フジテレビ
  18. ^ さくらの親子丼2”. あらすじ. ザテレビジョン. 2019年2月19日閲覧。
  19. ^ “Hilcrhymeがドラマ「さくらの親子丼」に新曲「涙の種、幸せの花」提供、真矢ミキ感動”. 音楽ナタリー. (2017年9月26日). https://natalie.mu/music/news/250188 2018年12月16日閲覧。 
  20. ^ 笑顔が眩しい17歳のシンガーRINA、デビューシングル「光」が、東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『さくらの親子丼2』主題歌に抜擢!”. UtaTen (2018年12月1日). 2018年12月16日閲覧。

参照話数編集

  1. ^ 第2シリーズ5杯目。
  2. ^ 第2シリーズ7杯目。
  3. ^ a b 第2シリーズ最後の一杯。
  4. ^ 第2シリーズ2杯目。

外部リンク編集

東海テレビ制作・フジテレビ オトナの土ドラ
前番組 番組名 次番組
ウツボカズラの夢
(2017年8月5日 - 9月30日)
さくらの親子丼
(2017年10月7日 - 11月25日)
オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜
(2017年12月2日 - 2018年1月27日)
結婚相手は抽選で
(2018年10月6日 - 2018年11月24日)
さくらの親子丼2
(2018年12月1日 - 2019年1月26日)
絶対正義
(2019年2月2日 - 3月24日)