さくらんぼの実る頃

さくらんぼの実る頃」(さくらんぼのみのるころ、: Le Temps des cerisesIPA:lə tɑ̃ de səʁiz)は、フランスシャンソンを代表する歌曲

発表(本国フランスで)編集

銅工職人パリ・コミューンの一員であったジャン=バティスト・クレマンフランス語版1866年作詞し、その2年後にテノール歌手アントワーヌ・ルナールフランス語版が曲を付け、発表された。

もともとは、題名の通りサクランボの実る頃の儚い恋と失恋の悲しみを歌った曲で3番までしかなかった。

1871年、パリで労働者たちによる革命が起き、パリ・コミューンが樹立。軍との激しい市街戦が繰り広げられる中、コミューンの立て籠もるバリケードにさくらんぼのかごを携えた看護師ルイーズが現れる。危険を顧みずに負傷者の手当にあたったルイーズだが、自らも戦闘に巻き込まれ亡くなってしまう。コミューン崩壊後の1875年前後からコミューンへの弾圧、特に参加者が多数虐殺された「血の一週間」を悼む思いを込めて、第三共和政に批判的なパリ市民が頻りに唄ったことから有名になった。

作曲家のクレマンは、ルイーズに捧げる歌として新たな歌詞を制作。これにより、恋の歌からコミューン参加者への追悼の歌へと意味合いが変わる。イヴ・モンタンコラ・ヴォケールジュリエット・グレコなどシャンソンの代表的な名歌手に歌い継がれ、現在に至る。

日本にて編集

邦題には「桜んぼの実る頃[1]」または「さくらんぼの季節[2]」、「桜の花咲くとき」等があり、日本でも古くから親しまれている。

1982年、当時のフランス大統領フランソワ・ミッテランが訪日した際、昭和天皇フランス大使館で開催した夕食会を訪問した。この会の中で、ミッテランの友人であり歌手のギー・ベアールフランス語版と天皇が本作を歌唱したという逸話がある[3]

1992年には、宮崎駿監督アニメ映画紅の豚』の挿入歌として用いられた。加藤登紀子演じるマダム・ジーナが本作を原語で歌唱する場面が登場するほか、同時に発売された加藤のシングル「さくらんぼの実る頃」にはフランス語版と日本語版が収録されている[4](現在は廃盤)。

2007年には若松孝二監督の『実録・連合赤軍』の中で、重信房子と主人公の遠山美枝子の別れの場面の挿入歌として和田山名緒が歌唱したものが用いられた[5][6]

JASRACにおける登録状況編集

JASRACに於いては2017年12月現在、「0J3-0177-2 TEMPS DES CERISES LE /ORIGINAL/」(外国作品/出典:SM(録音実績)副題:CHERRY TIME /ORIGINAL/、TEMPS DES CERISE /ORIGINAL/)として作詞・作曲共にパブリックドメイン状態で登録されている[7][8]

上記名義以外には 「009-2252-8 さくらんぼの実る頃」(内国作品/出典:PA(出版者作詞者作品届))として訳詞加藤登紀子出版者:揆楽舎名義でも登録されている[9][1]。こちらはオリジナルと異なり日本での日本語訳加藤登紀子)となっており、著作権が発生していることから、こちらの版での日本語詞を書籍ウェブページ等で用いるためには別途の楽曲使用申請と許諾が必要になる点で異なる[10]

本作および本作関連楽曲の登録状況は検索結果から2017年12月現在16作品存在する[11]が、オリジナル作品版(0J3-0177-2 TEMPS DES CERISES LE /ORIGINAL/)以外のものは訳詞や編曲出版者の登録が改めて為されて居り、更にはその殆どが2017年時点で著作権存続中である[10]

楽曲の構成編集

本稿では加藤登紀子による1992年発表のピアノ伴奏音源と、それを元に記譜した楽譜ピアノ・リダクション大譜表)について述べる。

脚注編集

  1. ^ a b JASRAC作品データベース検索サービス J-WID
  2. ^ こちらの邦題が原題の直訳に近い。共に用字は各種存在する。
  3. ^ 西川恵『知られざる皇室外交』角川新書 p60-64
  4. ^ さくらんぼの実る頃/時には昔の話を”. 加藤登紀子オフィシャルサイト. 2011年3月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月16日閲覧。
  5. ^ 新たな年も、濃密なオールナイトで幕開け”. 若松孝二公式ブログ (2008年1月11日). 2020年7月16日閲覧。
  6. ^ 和田山名緒 CD情報”. 2020年7月16日閲覧。
  7. ^ 加藤登紀子の他に 越路吹雪石井好子岸洋子金子由香利らがアーティストとして登録されている。JASRAC作品データベース検索サービス J-WIDヘルプ※「作品を歌唱、演奏したすべてのアーティストを表示しているものではありません。」と表記されている。
  8. ^ それ故にたとえ「公に」本作を演奏・歌唱し発表しても、全ての発表をJASRACが把握し切れて居らず、また本作がパブリックドメイン状態であるため楽曲利用者から申告され難い面もあり(申告せずともオリジナル版に於いては著作権上、何も問題無い)、実際の本作利用者・アーティストこと録音者の数は遙かに多いものと推定されている。
  9. ^ 楽工房
  10. ^ a b 外国作品・内国作品共にオリジナル(原作)が著作権の満了・消滅した作品であっても、新たに歌詞を制作したり編曲を施して公開した場合には改めて著作権が発生するとJASRACは説明している。「二次的著作物」の項も参照。)
  11. ^ JASRAC作品データベース検索サービス J-WID 作品タイトル:『さくらんぼの実る頃』での検索結果
  12. ^ 今村康(YASUSHI IMAMURA)編曲によるピアノ伴奏より。

外部リンク編集