さくら (2002年のテレビドラマ)

さくら』は、2002年度上半期のNHK連続テレビ小説(第66作)。

さくら
ジャンル テレビドラマ
放送時間 15分
放送期間 2002年4月1日9月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
脚本 田渕久美子
出演者 #登場人物
ナレーター 大滝秀治
テンプレートを表示

初放送は2002年4月1日 - 9月28日

連続テレビ小説ではこの作品から、BShi放送用に全編ハイビジョン映像で撮影されるようになり放送枠が追加された。

各放送時間は、

  • デジタルBShi (HD) 初回放送 月 - 土曜 7:30 - 7:45、
  • アナログBShi (HD) 初回放送 月 - 土曜 7:30 - 7:45、
  • デジタルBS2 (SD) 初回放送 月 - 土曜 7:30 - 7:45、
  • アナログBS2 (SD) 初回放送 月 - 土曜 7:30 - 7:45、
  • アナログ総合テレビ (SD) 初回放送 月 - 土曜 8:15 - 8:30、
  • アナログ総合テレビ (SD) 再放送 月 - 土曜 12:45 - 13:00、
  • デジタルBS2 (SD) 再放送(一週間分) 土曜 9:30 - 11:00、
  • アナログBS2 (SD) 再放送(一週間分) 土曜 9:30 - 11:00。

デジタルBShiとアナログBShiはサイマル放送、デジタルBS2とアナログBS2はサイマル放送。また、現在と違い当初はBShiとBS2の初回放送は同時間帯に放送されていたため、月〜土曜の7:30 - 7:45は4つのチャンネルで、土曜の9:30 - 11:00は2つのチャンネルで同番組が放送されていた。

また、2007年4月2日 - 9月29日までアンコール放送された(BS2月 - 土曜 7:45 - 8:00、NHKワールド)。

目次

概要編集

ヒロインオーディションには2512人が応募した[1]

2002年の初放送時の平均視聴率は23.3%、最高視聴率は27.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]

あらすじ編集

舞台は、岐阜県(旧高山市古川町郡上八幡)、東京都ハワイ州ホノルル

ヒロインのエリザベス・さくら・松下(スタッフロールでは「松下さくら」と表記されている・高野志穂)はアメリカハワイ生まれの日系4世(父が日系3世、母が日本人)。ハワイ大学在学中に岐阜県・飛騨地方の男子中学校にAETとして赴任し、下宿先で目の当たりにした嫁バトルなど日本文化とのギャップを痛感しつつ成長していきながら、日本の中学生と交流していく様をさわやかに描いた。

スタッフ編集

  • 作 - 田渕久美子
  • 音楽 - 小六禮次郎
  • テーマ音楽指揮 - 竹本泰蔵
  • サックス演奏 - 須川展也
  • 演奏 - エドヴァ☆シンフォニカー
  • 英語教育指導 - 吉田研作
  • ハワイ英語指導 - 小泉珠代
  • 飛騨ことば指導 - 荒木優騎(庄司照男役を兼任)
  • 舞踊指導 - 若柳禄寿
  • 和ろうそく指導 - 三嶋順二
  • 指圧指導 - 宮本俊和
  • フラダンス指導 - 上原まき
  • 出産指導 - 三宅はつえ、大葉ナナコ
  • コーディネーター - コーキ西谷
  • 撮影協力 - 岐阜県、岐阜県高山市、岐阜県古川町(現・飛騨市)、ハワイ観光局、日本鑑賞魚振興会
  • 資料提供 - ビショップ博物館
  • 語り - 大滝秀治(松下武朗役を兼任)
  • 副音声解説 - 江原正士
  • 制作統括 - 吉川幸司
  • 制作 - 青木信也
  • 美術 - 竹内光鷹、岡島太郎
  • 技術 - 市川隆男、佐々木喜昭
  • 音響効果 - 浜口淳二、太田岳二、片平洋資
  • 記録 - 野田茂子
  • 編集 - 岩崎幹子
  • 撮影 - 小笠原洋一、安藤清茂
  • 照明 - 中村正則、笠原竜二
  • 音声 - 鈴木克明、三神強
  • 映像技術 - 片岡啓太、堀田恵子、寺島朗、竹屋佳亮
  • 美術進行 - 小山隆、窪喜圭、田中裕、関本千恵
  • 演出 - 清水一彦、藤澤浩一、佐藤譲/新田真三、木村明広、三鬼一希

挿入歌編集

  • 『桜景』
  • 『四季のさくら』

作詞 - 麻生香太郎、作曲・編曲 - 小六禮次郎、歌 - 森公美子(松本なよ子役)

登場人物編集

松下家(ハワイ・ホノルル)編集

松下さくら(エリザベス・さくら・松下) - 高野志穂
あけぼの中学校英語指導助手日系4世。
松下武朗(ジェームス・武朗・松下) - 大滝秀治(語り兼任)
さくらの父方の祖父、物語開始時点で既に故人。日系2世だが、先祖は飛騨白川郷の出身。
松下淑子 - 津島恵子(回想では浅井江里名
さくらの父方の祖母。日本生まれで飛騨高山出身。
松下一朗(アンソニー・一朗・松下) - 寺泉憲
さくらの父。高校教師。日系3世
松下響子 - 太田裕美
さくらの母。旧姓は神山。日本生まれ。
松下もも(ステファニー・もも・松下) - 板倉香
さくらの妹。
ロバート・ホフマン - セイン・カミュ
さくらの恋人・婚約者だが、後に破局。通称“ロビー”。
マイケル・ホフマン - マーティ・キーナート
ロバートの父。

神山家(東京・神山養魚場)編集

神山功 - 小林亜星
さくらの母方の祖父。意地っ張りな頑固親父。良彦の件で、一朗と結婚した響子と折り合いが悪かったが後に和解する。
神山はま - 中村メイコ
さくらの母方の祖母。夫といつも口喧嘩ばかりしているが、夫婦仲は非常に良い。
川口良彦 - 新井康弘
神山養魚場の従業員。功は彼を響子の夫にさせたがっていた。離婚歴がある。後に沼田みどりに交際を申し込む。
女性記者 - 小野真弓
神山養魚場を取材する。
校長 - 左右田恒夫

沼田ろうそく店(さくらの下宿先、古川町)編集

主人公の下宿先が和蝋燭店という設定だったため、古川町にある店には注文が殺到し、観光客増加も惹起した。

沼田孫作 - 奥村公延
ろうそく店主。健一の父、大介の祖父。
沼田たね - 佐々木すみ江
孫作の妻。筆子と喧嘩ばかりしている。
沼田健一 - 河西健司
孫作・たねの息子。実家の和ろうそく店を継ぐためろうそく作りの修業に励むが、父からはまだ一人前のろうそく職人とは認められていない。
沼田筆子 - 浅田美代子
健一の妻。さくらの相談役。
沼田省一 - 飯泉征貴
健一・筆子の長男。さくらに片想いするが、あえなく玉砕してしまう。和ろうそく店を継ぐ気はなく、役所で働いている。
沼田佳奈子 - 長澤まさみ
健一・筆子の長女。省一の妹、大介の姉。高校生。
沼田大介 - 江成正元
健一・筆子の次男。さくらのクラスの生徒。後に、実家の和ろうそく店を継ぐ決意を固める。
沼田(鮎沢)みどり - 熊谷真実
健一の妹。夫と不仲になり、沼田家に戻ってくる。
鮎沢信也 - 斉藤洋介
みどりの夫だったが、離婚する。
沼田さくら - 諏訪汐香
信也・みどりの長女。劇中で誕生。
沼田(鮎沢)拓也 - 阿部修也
信也とみどりの子。

あけぼの中学校(さくらの赴任先、飛騨高山)編集

私立男子校という設定。なお、舞台となった地域では実際には私立中学校は存在しない。

桂木慶介 - 小澤征悦
体育担当。快活な性格で生徒から慕われる人気教師。世話好きで何かとさくらの面倒を見るうちに、やがて魅かれていく。実はアメリカへの留学経験があり、MBAも取得している。
沢田純一郎 - 野口五郎
英語担当。生徒の成績と進学しか頭に無いが、さくらに振り回されていくうちに考えを改めていく。
竹下徹 - 笹野高史
教頭、数学教師。中曽根校長におもねってばかりいるが、生徒に対する責任感が厚い。
中曽根正晴 - 江守徹
校長、英語教師。さくらのよき理解者。
曙大作 - 内藤武敏(回想では草野康太
理事長。若い頃、淑子の恋人だったが、太平洋戦争で生き別れる。東京在住の一人暮らし。後に理事長を辞職、淑子を追ってホノルルへ移住する。
花園まどか - 鍵本景子
理科担当。
守口武 - 見栄晴
社会担当、まどかと交際している。
矢富信吉 - 岩崎ひろし
教務主任、国語担当
勅使河原容子 - 今村恵子
養護担当、慶介に好意を抱いている。
  • 庄司照男(数学担当) - 荒木優騎(飛騨ことば指導を兼任)
  • 大庭弘子(美術担当) - 高村尚枝
  • 遠山洋平(家庭科担当) - 豊嶋稔
  • 雪村哲治(音楽担当) - 岸本光正
  • 井上雅彦(国語担当) - 加藤千秋
寮母 - 此島愛子
慶介が住む学校寮(校内に併設)の管理人。本名は山中育子(さくらへのお別れプレゼントを渡すときにやっと判明する)。
竹内遼平 - 川本貴則
さくらのクラスの生徒。大介の友人
小田哲平 - 安藤奏
さくらのクラスの生徒。大介の友人
牛丸彰 - 小林元樹
さくらのクラスの生徒。大介の友人
大久保潤 - 石原裕人
さくらのクラスの生徒。大介の友人

岐阜・飛騨高山の人々編集

レオナルド - ラモス瑠偉
 豆腐料理「〈俺〉鳴門」(俺が上下逆で「れおなるど」)の主人。ブラジル人。
夏子 - 鈴木砂羽
レオナルドの妻。
ベン - ケント・デリカット
〈俺〉鳴門の常連客。アメリカ人大工の勉強のためユタ州から来日。
アイーシャ - ディア・ベネディクト
〈俺〉鳴門の常連客。セネガル出身。陶芸を学ぶために来日。
イボンヌ - マサボ・イザベル・ナオミ
〈俺〉鳴門の常連客。フランス人短期大学日本酒を研究。
ハワイアン歌手 - KONISHIKI
マイケルが文化祭のために呼んだ歌手。
ハワイアンバンド - 山内雄喜、上原まき
ハワイアン歌手の演奏担当。
徳富静山 - 沼田曜一
書道の先生。
松本なよ子 - 森公美子
沢田の元妻。
中曽根富士子 - 大川栄子
中曽根校長の妻。
篠崎えりか - 石田未来
大介の交際相手。
野本トキ - 冨士眞奈美
産婆、みどりの出産を手伝う。
倉持 - 安藤麗二
竹下教頭の元教え子。地上げ屋の手下として登場、始め豆腐料理「〈俺〉鳴門」の立ち退かせに加担していたが、教頭やさくらに説得され次第に改心していく。

郡上八幡(桂木慶介の実家)の人々編集

桂木諌子 - 樫山文枝
慶介の母。さくらのことを気に入っている。
戸田真樹子 - 高橋かおり
慶介の元恋人。
桂木敏夫 - 真実一路
慶介の親戚。
桂木茂子 - 野間洋子
慶介の親戚。

演出編集

この作品から、番組末尾5秒のミニコーナーによる演出が取り入れられた。

この作品では、AからZの順に毎週1つ、その文字で始まる英単語を高野が紹介した(年末の総集編は季節の英語読み)。

ナレーションのさくらの祖父(大滝秀治)が、毎週土曜日の放送の終わりに「それではまた来週。See You Next Week」などと英語での挨拶を行った(最終回のみ「それではまたいつか。See You Again」となった)。ちなみに、最終週の演出のZipperは、ジッパー(ファスナー)が開いてそこから高野が現れるという段取りであったが、最終回(土曜日)のみ高野が後ろで手を振り、ジッパーがしまっていく段取りになっていた。

放送飛ばし事故編集

2002年9月20日(金曜日)の総合テレビでの初回放送で誤って翌日の21日(土曜日)分の放送を流してしまい、視聴者から7000件以上の苦情が来た。本来、土曜日に流れるはずの「See You Next Week.」(上述)が金曜日に流れて疑問に思った視聴者も多くいた。BSでは通常通りに放送されていた。

NHKはニュースと12:44の特設枠とで謝罪し、次のように対応した。

  • 20日放送分の本放送を本来の再放送時間帯に臨時枠移動。
  • 21日の本来の本放送時間帯に20日の再放送を臨時枠移動。
  • 21日の本放送(20日に誤って放送されたものと同じ)を15分繰り下げ。

結果、21日朝には2話連続で放送された[3]。後日、確認ミスをした担当者は処分を受けた[4]

総集編エピソード編集

  • 第1回「雨降って地固まる」
  • 第2回「親の心子知らず」
  • 第3回「明日は明日の風が吹く」
  • 最終回「かわいい子には旅をさせよ」

舞台化編集

2003年に後日譚明治座にて舞台公演された。

関連項目編集

  • マッサン(2014年度下半期。こちらは純外人がヒロインとなる)

脚注編集

外部リンク編集