メインメニューを開く

ささめや ゆき1943年 - )は、日本の版画家イラストレーター絵本作家[1]

ささめや ゆき
生誕 1943年
日本の旗 日本 東京都大田区
国籍 日本の旗 日本
出身校 シェルブール美術学校
著名な実績 版画
イラスト
受賞 小学館絵画賞
1995年 ガドルフの百合
日本絵本賞
2000年 あしたうちにねこがくるの
赤い鳥さし絵賞
2009年 彼岸花はきつねのかんざし
JRA賞馬事文化賞
2017年 さっ太の黒い子馬
活動期間 1973年 -

経歴・人物編集

東京都大田区蓮沼町に生まれ、逗子で育つ[1][2][3]。画家になる前は、出版社の文芸部に所属しており、日本文学全集などの編集を手がけていた[2]

24歳のときに画家になることを決意する[4]。1968年、御茶の水美術学院に入学する[3]。1969年と1970年に二科展に入選する[3]。1970年にパリ、1971年にニューヨークで絵画を学ぶ[3]。1972年、フランスのシェルブール美術学校で学ぶ[5][6][3]

1973年に帰国してからは、細谷正之名義で版画油彩画の作品を発表する[4]。1985年、「ルーが来た日」でベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールの銀賞を受賞する[1][7]。1990年代からは、ささめやゆき名義で活動している[4]。1995年、『ガドルフの百合』で第44回小学館絵画賞を受賞する[1]

1999年、「真幸くあらば」「秋が匂って」「眠れるままの女」で講談社出版文化賞〈さしえ賞〉を受賞する[1][8]。2000年、『あしたうちにねこがくるの』で第6回日本絵本賞を受賞する[9]。2009年、『彼岸花はきつねのかんざし』で第23回赤い鳥さし絵賞を受賞する[10]。2017年、「さっ太の黒い子馬」で2016年度JRA賞馬事文化賞を受賞する[11]

作品リスト編集

  • 白ネコ横丁冬ものがたり(1990年、汐文社、中沢晶子 作)
  • 不思議な黒い石(1990年、原生林、ジル・ペイトン・ウォルシュ 著)
  • ジグソーステーション(1991年、汐文社、中沢晶子 作)
  • テントの旅人(1992年、汐文社、中沢晶子 文)
  • 眠らぬ森の子どもたち(1993年、汐文社、中沢晶子 作)
  • エロシェンコ童話集(1993年、偕成社、ワシーリー・エロシェンコ 作)
  • ブリキの音符(1994年、白泉社、片山令子 文)
  • おいでおいでの木においで(1994年、教育画劇、石井睦美 作)
  • 仮面の国のユリコ(1994年、偕成社、浜たかや 作)
  • 看板物語(1994年、筑摩書房、平林規好 文)
  • エレファント・タイム(1995年、偕成社、中沢晶子 作)
  • 幸せの青いチリトリ(1996年、文渓堂、山末やすえ 作)
  • 少年のはるかな海(1996年、偕成社、ヘニング・マンケル 作)
  • どうぶつふうせん(1996年、ほるぷ出版、岩瀬成子 作)
  • ほんとうらしくうそらしく(1996年、筑摩書房、ささめやゆき 著)
  • ヴァン・ゴッホ・カフェ(1996年、偕成社、シンシア・ライラント 作)
  • ガドルフの百合(1996年、偕成社、宮沢賢治 作)
  • あした月夜の庭で(1997年、国土社、中澤晶子 作)
  • さくらのもりのものがたり(1997年、小学館、マオアキラ 文)
  • おさじさんのたび(1997年、にっけん教育出版社、松谷みよ子 作)
  • マルスさんとマダムマルス(1997年、原生林、ささめやゆき 文 )
  • おもちゃ屋へいったトムテ(1998年、福音館書店、エルサ・ベスコフ 作)
  • カボチャの絵本(1999年、農山漁村文化協会、いとうきみお 編)
  • 大空のきず(1999年、小峰書店、次良丸忍 作)
  • スウィート・メモリーズ(1999年、金の星社、ナタリー・キンシー=ワーノック 作)
  • ほうきにのれない魔女(1999年、ポプラ社、茂市久美子 作)
  • どんぐりっと(2000年、ポプラ社、志茂田景樹 作)
  • 読むことは生きること(2000年、ポプラ社、紺野順子 著)
  • 毒づき法師(2000年、佼成出版社、内田麟太郎 作)
  • ふこうばなし(2000年、佼成出版社、内田麟太郎 作)
  • ひとりずもう(2000年、佼成出版社、内田麟太郎 作)
  • あとずさり(2000年、佼成出版社、内田麟太郎 作)
  • 二枚舌(2000年、佼成出版社、内田麟太郎 作)
  • あしたうちにねこがくるの(2000年、講談社、石津ちひろ 文)
  • 不思議の風ふく島 飯田さんの運転日誌(2001年、小峰書店、竹内もと代 作)
  • ブルーベリーの絵本(2001年、農山漁村文化協会、たまだたかと 編)
  • どんぐりっとのコンサート(2001年、ポプラ社、志茂田景樹 作)
  • 天国に近い村(2001年、偕成社、シンシア・ライラント 作)
  • 金のガチョウ(2001年、教育画劇 、矢川澄子 再話)
  • ファミリー・ツリー(2001年、講談社、ジェーン・ゴドウィン 作)
  • レッスン(2002年、平凡社、キャロル・リン・ピアソン 文)
  • 鳥の神話(2002年、原生林 、マオアキラ 著)
  • おいでおいでの木においで(2003年、日本標準 、石井睦美 作)
  • 若草色のポシェット(2003年、岩崎書店、赤川次郎 作)
  • 細谷正之銅版画集(2003年、架空社、ささめやゆき 作)
  • 幻燈サーカス(2003年、BL出版、中澤晶子 文)
  • かぐかぐ からだこころげんき(2004年、PHP研究所 、カムカムズ 文)
  • すずのへいたいさん(2004年、小学館、角野栄子 文)
  • かちかちやま(2004年、岩波書店、長谷川摂子 文)
  • いきてる(2004年、自由国民社、中山千夏 文)
  • ネパール旅日和(2004年、出版工房原生林、ささめやゆき 文)
  • キス(2004年、BL出版、安藤由希 作)
  • サバクの虹(2005年、小峰書店、坪田譲治 作)
  • セロひきのゴーシュ(2005年、岩崎書店、宮沢賢治 作)
  • イチジクの絵本(2005年、農山漁村文化協会、かぶもとてるひさ 編)
  • 神さまが…(2005年、偕成社、シンシア・ライラント 作)
  • えんまさまのしっぱい(2005年、くもん出版、おざわとしお、こばやししょうき 文)
  • もしもねこがサーカスにいったら(2006年、講談社、石津ちひろ 文)
  • ブリキの音符(2006年、アートン 、片山令子 文)
  • ぶす 附子(2007年、講談社、もとしたいづみ 文)
  • なつのおうさま(2007年、ポプラ社、薫くみこ 作)
  • はだかのカエルとはだしのライオン(2007年、講談社、ささめやゆき 作)
  • 魔女と森の友だち(2007年、理論社、湯本香樹実 文)
  • だんまり(2007年、アリス館 、戸田和代 文)
  • 彼岸花はきつねのかんざし(2008年、学習研究社、朽木祥 作)
  • ヘッセの夜 カミュの朝(2008年、集英社、ささめやゆき 著)
  • ごんぎつね 新美南吉傑作選(2008年、講談社、新美南吉 作)
  • レンコン(ハス)の絵本(2008年、農山漁村文化協会、おざきゆきお 編)
  • はんぶんぺぺちゃん(2008年、佼成出版社、村中李衣 作)
  • 秋ものがたり(2008年、偕成社、野上暁 編)
  • つるのよめさま(2008年、講談社、松谷みよ子 作)
  • 舌切りすずめ(2008年、講談社、松谷みよ子 作)
  • ビジネスマナー常識集 充実した職場生活を送るために(2008年、日本経団連出版、葛田一雄 著)
  • 瓜子姫とあまのじゃく(2008年、講談社、松谷みよ子 作)
  • よだかの星(2008年、三起商行 、宮沢賢治 作)
  • 新装版 ごんぎつね 新美南吉傑作選(2008年、講談社、新美南吉 作)
  • 新装版 つるのよめさま(2008年、講談社、松谷みよ子 作)
  • 新装版 舌切りすずめ(2008年、講談社、松谷みよ子 作)
  • 新装版 瓜子姫とあまのじゃく(2008年、講談社、松谷みよ子 作)
  • もりやまみやこ童話選 4(2009年、ポプラ社、もりやまみやこ 作)
  • オオカミがきた(2009年、岩崎書店、蜂飼耳 文)
  • 月の青空(2009年、岩崎書店、八束澄子 作)
  • 十四分の一の月(2009年、幻戯書房、ささめやゆき 著)
  • くまのこチャップ(2010年、そうえん社、ますだゆうこ 文)
  • したきりすずめ(2010年、岩崎書店、広松由希子 文)
  • サーカスのしろいうま(2010年、小学館 、石津ちひろ 作)
  • ねこじたなのにお茶がすき(2010年、淡交社、今江祥智 文)
  • くうき(2011年、理論社、まど・みちお 詩)
  • なまけもののエメーリャ ロシアの民話(2011年、小学館 、山中まさひこ 文)
  • イワンのむすこ(2011年、ハモニカブックス 、蜂飼耳 文)
  • ラブレター物語(2011年、小峰書店、丘修三 作)
  • ねこのチャッピー(2011年、小峰書店、ささめやゆき 文)
  • ぽぽんぴぽんぽん(2012年、福音館書店、松竹いね子 文)
  • きむらゆういちおはなしのへや 4(2012年、ポプラ社、きむらゆういち 作)
  • お父さん、牛になる(2012年、福音館書店、晴居彗星 作)
  • ありがとうっていいもんだ(2012年、文溪堂、森山京 作)
  • あんよあんよ(2013年、あかね書房、中川ひろたか 文)
  • あったあった(2013年、あかね書房、中川ひろたか 文)
  • 新美南吉童話選集 5(2013年、ポプラ社、新美南吉 作)
  • いとしい小鳥きいろ 博士に奇跡を運んだ小鳥との日々(2013年、ハモニカブックス 、石津ちひろ 文)
  • わたしのひよこ(2013年、ポプラ社、礒みゆき 文)
  • おさきにどうぞ(2013年、文溪堂、森山京 作)
  • イタリアの道(2013年、講談社、ささめやゆき 文)
  • あむあむ(2014年、あかね書房、中川ひろたか 文)
  • いこかいこか(2014年、あかね書房、中川ひろたか 文)
  • あひるの手紙(2014年、佼成出版社、朽木祥 作)
  • こどもたちへ まどさんからの手紙(2014年、講談社、まどみちお 文)
  • 椅子 しあわせの分量(2015年、BL出版、ささめやゆき 作)
  • 3+6の夏 ひろしま、あの子はだあれ(2015年、汐文社、中澤晶子 作)
  • 絵本 彼岸花はきつねのかんざし(2015年、学研教育出版、朽木祥 作)
  • なかよくなれたね(2015年、文溪堂、森山京 作)
  • バイバイ、わたしの9さい!(2015年、文研出版、ヴァレリー・ゼナッティ 作)
  • ちんころりん 高知の昔話(2016年、福音館書店、中脇初枝 再話)
  • こぶたものがたり チェルノブイリから福島へ(2016年、岩崎書店、中澤晶子 作)
  • 三方一両損 講談えほん(2016年、福音館書店、宝井琴調 文)
  • さっ太の黒い子馬(2016年、講談社、小俣麦穂 著)
  • おとうさんは、いま(2016年、福音館書店、湯本香樹実 文)
  • かえるぴょん(2017年、講談社、ささめやゆき 作)
  • 子どもつなひき騒動(2017年、福音館書店、宝井琴調 文)
  • かわいいおとうさん(2017年、こぐま社、山崎ナオコーラ 文)
  • さくらのカルテ(2018年、汐文社、中澤晶子 作)
  • まめつぶこぞうパトゥフェ スペイン・カタルーニャのむかしばなし(2018年、BL出版、宇野和美 文)
  • 徂徠どうふ(2018年、福音館書店、宝井琴調 文)
  • ジグソーステーション(2018年、汐文社、中澤晶子 作)
  • ButとOr(2019年、BL出版、ささめやゆき 文)
  • カイとティムよるのぼうけん(2019年、アリス館、石井睦美 作)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ささめやゆき 「幻灯紙芝居とお話」開催のお知らせ”. 新国立劇場. 2019年5月26日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉コラージュ クリエイティブ・ライフを訪ねて”. 家庭画報 (2014年). 2019年5月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『ヘッセの夜 カミュの朝』 2008, p. 83.
  4. ^ a b c ささめやゆきの世界”. 公益財団法人 泉美術館. 2019年5月26日閲覧。
  5. ^ ささめやゆき 版画展”. ART AleRT SAPPORO. 2019年5月26日閲覧。
  6. ^ ささめやゆき 「イタリアの道」展”. Bunkamura. 2019年5月26日閲覧。
  7. ^ かまくら世界映画週間 イタリア篇 トークイベント「私の好きなフェリーニ」”. 鎌倉市川喜多映画記念館. 2019年5月26日閲覧。
  8. ^ さしえ賞”. 講談社. 2019年5月26日閲覧。
  9. ^ デジタル大辞泉プラスの解説 あしたうちにねこがくるの”. コトバンク. 2019年5月26日閲覧。
  10. ^ 2009年 児童文学賞受賞作品リスト”. 国立国会図書館 国際子ども図書館. 2019年5月26日閲覧。
  11. ^ 「2016年度JRA賞馬事文化賞」が決定!”. 日本中央競馬会 (2017年1月10日). 2017年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月26日閲覧。

参考文献編集

  • ささめやゆき『ヘッセの夜 カミュの朝』集英社、2008年3月。ISBN 978-4-08-774885-7