さすらい (1976年の映画)

1976年の西ドイツの映画

さすらい』(: Im Lauf der Zeit: Kings of the Road)は、1976年西ドイツ製作の映画。ヴィム・ヴェンダース監督。

さすらい
Im Lauf der Zeit
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ヴィム・ヴェンダース
製作 ミヒャエル・ヴィーデマン
音楽 アクセル・リンシュテット
撮影 ロビー・ミューラー
マルティン・シェーファー
編集 ペーター・プルツィゴッダ
配給 欧日協会
公開 西ドイツの旗 1976年3月4日
日本の旗 1977年1月26日
上映時間 176分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 DEM 680,000
テンプレートを表示

『都会のアリス』『まわり道』と合わせてヴェンダース監督のロード・ムービー3部作とされ、上映時間は3作のうち最長の176分。同作は1976年のカンヌ映画祭でFIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞[1]シカゴ国際映画祭でゴールデン・ヒューゴ賞を受賞する[2]など高く評価され、ヴェンダース監督が世界的な知名度を獲得するきっかけとなった[3]

ストーリー編集

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Festival de Cannes”. 2020年12月1日閲覧。
  2. ^ Cinema/Chicago” (英語). Cinema Chicago. 2020年12月26日閲覧。
  3. ^ Tacon, David. “Wenders, Wim – Senses of Cinema” (英語). 2020年12月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集