メインメニューを開く

さやま遊園(さやまゆうえん)は、かつて大阪府大阪狭山市に存在した南海電鉄系の遊園地である。

さやま遊園
 
施設情報
事業主体 南海電気鉄道
来園者数 ピーク時54万人
開園 1938年(昭和13年)5月1日
閉園 2000年(平成12年)4月1日
所在地 日本の旗 日本
大阪府大阪狭山市狭山
位置 北緯34度30分10.41秒
東経135度33分10.86秒
テンプレートを表示

目次

概要・沿革編集

1938年(昭和13年)5月1日北条家より、村民(当時)のために有効利用して欲しいということで寄贈された狭山池東畔の狭山藩下屋敷跡地を利用して、南海電鉄会社によって開園。戦時中・戦後は荒廃し、1952年から競艇場狭山競走場」として利用された(1955年に競艇場は住之江競艇場に移転)が、1959年(昭和34年)4月1日に南海観光開発会社が経営を再開し、以降は南海電鉄が経営してきた。最寄駅は南海高野線大阪狭山市駅(開園当時の駅名は「狭山遊園前駅」)。

小学生以下の子どもたち対象の小ぢんまりとした地域密着型の遊園地で、夏季はプール、冬季は屋内型スケートリンクで賑わった。ピーク時には年間で54万人の入場者があった。その後少子化レジャーの多様化などで入場者数が漸減して赤字が拡大し、2000年(平成12年)4月1日をもって閉園した。

施設概要編集

閉園後編集

跡地は住宅地として開発され、その跡地内には高層マンションも建っており、後に大阪狭山市によって「さやか公園」という防災公園も整備された。またウェルカムゲート跡には大理石の中に写真パネルをはめ込んだモニュメントが後に設置されており、かつてここに遊園地があったことを偲びつつ、かつ垣間見ることができる。

最寄り駅だった南海高野線の「狭山遊園前駅」は、閉園から約9ヶ月後の2000年12月23日に「大阪狭山市駅」に名称変更された。

なお、南海電鉄は現在でも泉南郡岬町みさき公園を運営している。南海本線みさき公園駅下車。今や京阪電気鉄道運営のひらかたパーク近畿日本鉄道運営の生駒山上遊園地と並んで、数少なくなった関西の私鉄会社経営の現役遊園地である。

参考文献編集

関連項目編集