さや香 (お笑いコンビ)

日本のお笑いコンビ
さや香 (お笑い芸人)から転送)

さや香(さやか)は、吉本興業(旧:よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本社に所属する日本のお笑いコンビ歌ネタ王決定戦2020王者。

さや香
SAYAKA
メンバー 石井
新山
結成年 2014年
事務所 吉本興業大阪本社
出身 NSC大阪校34期
影響 松本人志(新山)
チュートリアル(石井)
出会い NSC
旧コンビ名 パリ、オリオン(新山)
ハナガタ(石井)
現在の活動状況 よしもと漫才劇場 ほか
芸種 漫才コント
ネタ作成者 新山
現在の代表番組 さや香・ラニーノーズ・ネイビーズアフロのバツウケテイナーR
同期 トニーフランク
亜生ミキ
エンペラー
蛙亭
なにわスワンキーズ
ムラムラタムラ
マエノリュウタ(モンローズ
本多スイミングスクールなど
公式サイト プロフィール
受賞歴
2017年 M-1グランプリ 決勝7位
2017年 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 優勝
2018年 第39回ABCお笑いグランプリ 決勝進出
2019年 第49回NHK上方漫才コンテスト 優勝
2019年 第40回ABCお笑いグランプリ 決勝進出
2020年 第41回ABCお笑いグランプリ 決勝進出
2020年 第8回歌ネタ王決定戦 優勝
2020年 第7回NHK新人お笑い大賞 準優勝
テンプレートを表示

メンバー編集

石井(本名:石井 誠一(いしい せいいち)、1988年5月28日 - )(32歳) ツッコミ担当、立ち位置は右。

大阪府大阪市出身。
身長169cm。
姉と弟がいる。
ダンスが得意。
とうもろこしが大好物。
チュートリアルに憧れ、保護者会などで漫才を披露していた。
公務員になるため勉強していたが〝やっぱりお笑いが好きや〟ということで、大学卒業後にNSCへ入学。
虫歯になったまま放っておいたため、奥歯が3本ない。

新山(本名:新山 士彦(にいやま のりひこ)、1991年10月17日 - )(29歳)ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は左。

大阪府東大阪市出身。大阪府立高津高等学校大阪教育大学卒業。
妹がいる。
芸人になる前は学校の先生を目指していた。
周りから〝にーやん〟と呼ばれている。
身長177㎝。血液型B型。
恋愛相談が得意。
阪神タイガースのファン。
後藤淳平(ジャルジャル )と顔が似ている(そのことから新しい波24のナンパ企画でジャルジャル後藤の弟と嘘をついた。また、2020年9月30日には、新山と後藤によるトークライブ『祇園笑者』がよしもと祇園花月で行われた[1])。
当時交際していた彼女が、大阪・北新地にてNo.1のキャバ嬢だった。

エピソード編集

コンビ編集

  • 共にNSC大阪校34期出身で、同期にはトニーフランク蛙亭、NSC出身者以外には亜生(ミキ)がいる。
  • さや香結成以前に新山は相方を3回、石井は1回変えている。新山は元々ツッコミで、石井は元々ボケ。
  • コンビ結成の声を掛けたのは新山から。前の相方と解散した新山がボケへの転向を決めてツッコミを探していた時にボケている石井を見て「ツッコミもできそう」だと思い、ツッコミへの転向を考えていた石井が快諾した[2]
  • 2017年に第38回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール優勝、新しい波24メンバーに選ばれる。M-1グランプリ2017では決勝進出を果たし7位となり、知名度を上げる。2017年のM-1グランプリ出場当時は年に10本程度しかテレビ出演がなかったが、決勝進出後の2018年は60本以上のテレビ番組に出演、M-1グランプリの恩恵を受けた一組となった。
  • 「さや香」というコンビ名は橋本拓也(元・スーパーノヴァ)が命名した。「さや香」にした理由は、ひらがなに漢字一文字の女の子の名前のコンビ名は見たことがなかったから。また「さや香」という響きが気に入り、何となく付けたとも語っている。他のコンビ名の候補に「りんごのうた(リンゴの唄)」などがあった[3]

石井誠一編集

  • 運動神経の良さに定評があり、特技はダンス。AKB48ヘビーローテーション」のダンスを「ミラクルショッピング 〜ドン・キホーテのテーマ〜」に乗せたり、マイケル・ジャクソンスリラー」のダンスを『Fit's(フィッツ)』の CMのテーマに乗せて踊る、「このダンス、この曲の方がしっくりくるでSHOW」という芸を持っている。2020年にはこの芸を活かしたネタで歌ネタ王決定戦優勝を果たした。また、ダンスを生かしたギャグも豊富である。
  • チュートリアルに憧れて、学生時代は学校の保護者会などで漫才をすることもあった。大学に進学し、公務員になるための勉強をしていたがいざ就職を決める段階で、「やっぱりお笑いが好きや」と自分の気持ちを確信したため大学卒業後はNSCへ入学した。さや香結成前に組んでいた「ハナガタ」ではボケを担当し、特技のダンスを生かした独特のつかみをしていた[2]
  • ちくわ笛が吹ける。
  • ジャニーズに興味がある。の番組はよく録画して視聴している。
  • 好きな物はコーン(とうもろこし)とドラゴンクエストアディダス
  • 顔がガイコツっぽく、「日本のガイコツ」「ベトナムのガイコツ」などのモノマネができる。
  • 2020年現在、4人の同期芸人と同居している。
  • 親しくしている先輩芸人は武智(スーパーマラドーナ)。
  • 2020年7月9日、一般人女性との結婚をTwitter上で発表した[4][5][6]

新山士彦編集

  • 父の親友の姉の夫がEテレつくってあそぼ』に出演していたワクワクさん
  • ダウンタウンDX』を見て松本人志(ダウンタウン)が好きになり書道の授業で「松本人志」と書いて黒板の上に貼ったりするほどだった。
  • 高校時代には文化祭で漫才をしたこともある[2]
  • 当初は教員を目指して前述の通り大阪教育大学に進学するが、志望校ではない大学だったこともありやる気がなくなってしまい、2年生の頃には芸人を始めた[2]
  • 崎山祐(ファイヤーサンダー)とコンビ「オリオン」を組んでいたことがある[7]。またオリオンの前は、あそ(元・リルガーデン)と「パリ」というコンビを組んでいた。同期芸人のこじまラテ(なにわスワンキーズ)はパリについて「スタイリッシュなビジュアルの2人が繰り出す完成度の高いネタには定評があった」とTwitter内で発言している。あそによると新山は同期の芸人から非常に高く評価されており、多くの同期からコンビを組むことを望まれていたという。
  • 2017年頃は、5人の芸人と同居しており、もし、M-1グランプリで優勝出来たら引っ越ししたいと語っていた[8]が、2019年現在は1人暮らしである[9]
  • 学生野球経験者で、阪神タイガースの大ファン。

芸風編集

  • 主に漫才。テンションが高く、勢いのあるしゃべりが持ち味。
  • コンビ名から女性コンビと思われることが多いため、漫才の冒頭に石井が「石井と新山、男二人でさや香と言います」と説明する。
  • 漫才中、「強い気持ち」というフレーズがよく出てくる。これについて新山は「アドリブみたいな感じで自然に出てきた。事前に考えて作ったものではないというか、自分の中から出た本物の言葉っていうか」と語っている[2]
  • コントでは、ボケとツッコミの役割が交代しているものが稀にある。

賞レースでの戦績編集

  • 2015年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2016年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2017年 第38回 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 新人漫才福笑大賞
  • 2017年 M-1グランプリ 決勝進出(7位)
  • 2018年 第3回 上方漫才協会大賞 大賞・新人賞ノミネート
  • 2018年 第53回 上方漫才大賞 新人賞ノミネート[10]
  • 2018年 第39回 ABCお笑いグランプリ 決勝進出[11]
  • 2018年 第6回 歌ネタ王決定戦 決勝進出(6位)
  • 2018年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2019年 第49回 NHK上方漫才コンテスト 優勝[12]
  • 2019年 第40回 ABCお笑いグランプリ 決勝進出(Aブロック ファーストステージ敗退)
  • 2019年 第7回 歌ネタ王決定戦 準決勝進出
  • 2019年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2020年 第41回 ABCお笑いグランプリ 決勝進出[13]
  • 2020年 第8回 歌ネタ王決定戦 優勝[14]
  • 2020年 第7回 NHK新人お笑い大賞 決勝進出[15](準優勝)
  • 2020年 M-1グランプリ 準々決勝進出

出演番組編集

テレビ編集

現在のレギュラー出演
過去のレギュラー出演
特別番組(特記のない限りMCもしくはメインキャスト)
  • からし蓮根・ネイビーズアフロ・さや香 新キャラ爆誕メソッドTV(読売テレビ、2019年9月24日)
  • ザ・ベストワン(TBS、2020年3月15日、8月2日)「ベストワンミニッツ」のコーナーにて前述の石井のダンスネタを披露。

ラジオ編集

現在編集

過去編集

  • さや香の強い電波でラジオするねん!(NHK-FM・大阪局、2020年2月25日 - 3月6日)

出囃子編集

単独ライブ編集

  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
    • 3月23日 -「恋道楽」(道頓堀ZAZA HOUSE)
    • 7月29日 -「愛の淀川」(よしもと漫才劇場)
    • 10月1日 -「強い気持ちで、東京っ!!!」(ルミネtheよしもと)
  • 2018年
    • 1月22日 -「冴夜華」(よしもと漫才劇場)
    • 3月11日 -「冴夜華2」(よしもと漫才劇場)
    • 5月11日 -「冴夜華3」(よしもと漫才劇場)
    • 7月22日 -「冴夜華4」(よしもと漫才劇場)
    • 9月30日-「冴夜華5」(よしもと漫才劇場)
    • 11月9日 -「冴夜華6」(よしもと漫才劇場)
  • 2019年
    • 3月25日 - さや香結成ほぼ5周年 なんばグランド花月初単独ライブ「冴夜華0」(なんばグランド花月
    • 6月2日 -「冴夜華7」(よしもと漫才劇場)
    • 9月14日 -「冴夜華8」(よしもと漫才劇場)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ https://natalie.mu/owarai/news/394850
  2. ^ a b c d e コンビ名は初恋の人の名前? “愛と情熱の漫才” さや香から恋に悩む高校生にアドバイス” (2018年2月12日). 2020年1月17日閲覧。
  3. ^ 恋愛相談も引く手あまた?! M-1ファイナリストの実績持つ若手コンビ「さや香」”. WEB女性自身 (2019年3月7日). 2020年1月17日閲覧。
  4. ^ お笑いコンビ・さや香 石井が結婚「がんばります!」”. Yahoo!ニュース (2020年7月9日). 2020年8月18日閲覧。
  5. ^ さや香石井が結婚「笑いと踊りの絶えない家庭を」”. お笑いナタリー (2020年7月9日). 2010年8月18日閲覧。
  6. ^ Twitter・さや香 石井 2020年7月9日
  7. ^ “第39回ABCお笑いグランプリ|朝日放送テレビ”. https://www.asahi.co.jp/owarai/ 2018年9月15日閲覧。 
  8. ^ さや香、M-1初の決勝にうれしさと怖さ「引っ掻き回したい」(コメントあり) - お笑いナタリー”. お笑いナタリー (2017年11月29日). 2018年9月26日閲覧。
  9. ^ 霜降り明星のおうちでギャラハンティング#1” (2019年3月12日). 2019年3月14日閲覧。
  10. ^ かまいたち、ジャルジャル、和牛ら「第53回上方漫才大賞」奨励賞候補に”. お笑いナタリー. 2019年2月21日閲覧。
  11. ^ “ABCお笑いGP、初の東京勢が優勝 | Lmaga.jp”. Lmaga.jp | 関西を遊ぶニュースサイト. https://www.lmaga.jp/news/2018/07/44565/ 2018年9月15日閲覧。 
  12. ^ さや香、初の本選進出で優勝!「第49回NHK上方漫才コンテスト」”. お笑いナタリー (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  13. ^ Inc, Natasha. “からし蓮根、世間知らズ、オズワルド、滝音ら「ABCお笑いグランプリ」決勝に進出” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月26日閲覧。
  14. ^ さや香が「歌ネタ王決定戦2020」優勝” (日本語). お笑いナタリー. 2020年9月16日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha. “「NHK新人お笑い大賞」本選にカベポスター、フタリシズカ、吉住、令和ロマンら8組” (日本語). お笑いナタリー. 2020年10月12日閲覧。
  16. ^ さや香 石井誠一(@sayaka_ishii)Twitter” (2019年4月2日). 2019年4月3日閲覧。

外部リンク編集