さよならをするために

さよならをするために」は、日本テレビテレビドラマ3丁目4番地』の主題歌として、石坂浩二によって作詞、坂田晃一によって作曲され、ビリーバンバンによって歌われた楽曲。1972年2月10日発売。

さよならをするために
ビリー・バンバンシングル
リリース
規格 7インチ・シングル(オリジナル)
8cmCDシングル(ニュー・ヴァージョン)
ジャンル J-POP
レーベル 芸音レコード(配給:日本コロムビア)(オリジナル)
キングレコード(ニュー・ヴァージョン)
作詞・作曲 石坂浩二坂田晃一
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1972年度年間3位(オリコン)
ビリー・バンバン シングル 年表
みにくいアヒルの子
(1971年)

白いブランコ(1991年版)
(1991年)
さよならをするために
(1972年)

さよならをするために(ニュー・ヴァージョン)
(1993年)
れんげ草
(1972年)

白いブランコ(1993年版)
(1993年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 当時、人気の低迷していたビリーバンバンにとっては「白いブランコ」以来の大ヒット曲となった。しかし、当時のフォーク歌手の風潮として、他人の作詞、作曲したものを歌うのは一種の恥であると受け取る面があり、ビリーバンバンのメンバー・菅原進は、当初、この曲のレコーディングをボイコットしたという逸話がある。
  • 累計では約80万枚を売り上げた[1]
  • 1972年の第23回NHK紅白歌合戦にこの曲で初出場した。
  • 以降、ビリーバンバンの他に多くの歌手がカバーしたり、ビリーバンバン自身がニューバージョンとして同曲をリリースするなど、発表以来30年経った2008年現在でも幅広い人気を得ている。
  • 1993年に出した同曲のニューバージョンは、日本テレビ系列『THE・サンデー』のエンディングテーマ及び1993年1994年には三和酒類焼酎いいちこ」のコマーシャルソングとして使われていた。

収録曲編集

1972年版編集

  1. さよならをするために
  2. 野ばらの咲いてた道

1993年版編集

  1. さよならをするために(ニュー・ヴァージョン)
    • 作詞:石坂浩二/作曲:坂田晃一/編曲:岸村正実
  2. さよならをするために(オリジナル・ヴァージョン)
  3. さよならをするために(カラオケ)

脚注編集

  1. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、265頁。ISBN 4390116010

カヴァーしたアーティスト編集

関連項目編集

外部リンク編集