さよなら三角またきて四角

さよなら三角またきて四角』(さよならさんかく またきてしかく)は、TBS系列で放映された、日本テレビドラマである。放映期間は1982年4月6日から6月29日、放送時間は毎週火曜20時00分 - 20時55分(JST)。製作はテレパック

さよなら三角また来て四角
ジャンル テレビドラマ
脚本 高橋玄洋
演出 本多勝也
石渡敏
出演者 堺正章
田原俊彦
山田辰夫
古手川祐子
津川雅彦
山岡久乃
沢村貞子 ほか
製作
プロデューサー 武敬子テレパック
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1982年4月6日 - 6月29日
放送時間 火曜 20:00 - 20:55
放送枠 TBS火曜8時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 13
テンプレートを表示

概要編集

東京・高田馬場の商店街には、昔ながらの味に固執し先祖伝来の製造法を代々守ってきた「野沢豆腐店」と、江戸時代以来の老舗うどん店ののれんを捨ててピザ店に鞍替えした「ソレント」がある。共同井戸を挟んで隣り合っている豆腐店の野沢家とピザ店の桜木家、この両家の間には江戸時代以来の代々にわたる確執があり、事あるごとに喧嘩と和解を繰り返していた。その中で、野沢家次男の徳二は家族中のお荷物を引き受けがちであり、桜木家との間のもめ事や様々な問題に巻き込まれてしまう。そんな両家の日常を中心にユーモラスに描いたホームドラマ

主演の堺正章は役作りのために、西早稲田の豆腐店に通い、たった2日で豆腐の製造法をマスターしたという[1]

タイトル編集

タイトルは言葉遊び歌から来ている。

さよなら三角 また来て四角

四角は豆腐 豆腐は白い

白いはウサギ ウサギは跳ねる

跳ねるはカエル カエルは青い(みどり)

青い(みどり)は柳(葉っぱ)

柳(葉っぱ)はゆれる

ゆれるは幽霊 幽霊は消える

消えるは電気 電気は光る

光るはおやじのハゲ頭

この歌は、明治の終わりには歌われていて、地方によって歌詞は微妙に違う[2]。漫画「はだしのゲン」(歌詞は一部異なる)や「サザエさん1966年3月24日に出てくる[3]

絵本の題材にもなっている(作品によっては歌詞が一部異なる)。

出演編集

スタッフ編集

主題歌編集

堺正章『ジグザグ』(作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお、編曲:渡辺敬之 ビクター音楽産業 SV-7215)

  • (来生たかおの同名のオリジナル楽曲のカヴァー。なお、本作の主題歌版のテイクは、歌詞の一部が差し替えられている。)
  • 挿入歌:古手川祐子『煙草』(作詞・作曲:中島みゆき、編曲:船山基紀 CBSソニー 07SH-1159)[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)p.139
  2. ^ 『日本わらべ歌全集』柳原出版
  3. ^ 「サザエさんをさがして」朝日新聞2014年9月13日)

外部リンク編集

TBS系列 火曜20時枠
前番組 番組名 次番組
さよなら三角またきて四角