さらばキューバ』(原題:Cuba)は、1979年制作のアメリカ合衆国ドラマ映画リチャード・レスター監督、ショーン・コネリー主演。

さらばキューバ
Cuba
監督 リチャード・レスター
脚本 チャールズ・ウッド
製作 アーリン・セラーズ
アレックス・ウィニツキー
製作総指揮 デニス・オデル
出演者 ショーン・コネリー
ブルック・アダムス
音楽 パトリック・ウィリアムズ
撮影 デヴィッド・ワトキン
編集 ジョン・ヴィクター・スミス
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年12月21日
日本の旗 1980年6月28日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語スペイン語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $5,610,280[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

1958年、ゲリラ戦のプロ・デイプスはキューバにやって来た。キューバを支配しているバティスタ政権の軍事顧問として迎えられたためだ。

政権の実力者ベイヨ将軍が開いた歓迎会で、デイプスは元恋人のアレックスと再会する。彼女はキューバ経済を牛耳るプリード・コンツェルンの放蕩息子フアンの妻となっていた。

デイプスとアレックスは再び愛し合うようになるが、2人の間には深い溝が出来ており、最早昔のような愛情はなかった。そんな中、ついに革命が勃発する。

キャスト編集

※テレビ放映:TBSテレビ「金曜ロードショー」(深夜映画枠)1986年2月14日

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集