メインメニューを開く

しあわせの星 ハガル』(しあわせのほし はがる)は、『コミックボンボン2006年11月号から2007年9月号まで連載されていた漫画作品。山下てつお作。当初は読みきりとして掲載され、その後連載にいたる。内容としては、人間の心をテーマとしている。

ストーリー編集

人間に愛想をつかした神様は、地球のリーダー的な役割を人間からマルムシに移行することを決定した。歪(ゆがみ(読みきり時は「いびつ」))といわれる人間を排除するため、ハガルは地球にやってきた。そこでハガルはテッタとの出会いを通じて人間の優しさを知り、神様に1年の猶予をもらう。ハガルは人類を救うため、テッタと共に奮闘する。

登場人物編集

ハガル
地球を救うため月からやってきた。いろんな力を持っている。カラアゲが大好き。
テッタ
不良に絡まれていたところをハガルに助けられる。正義感の強い少年。
ミホ姉
テッタ、マコの姉。亡くなった母、出張中の父の代わりに、家族を守っている。テッタ達になくてはならない存在。
マコ
テッタの妹。絵を描くことが好き。