メインメニューを開く

しなまゆは、2011年東京都立川市で結成された日本ポップバンド。所属レコード会社はフォーライフミュージックエンタテイメント

しなまゆ
出身地 日本の旗 日本東京都 立川市
ジャンル J-POP
職業 バンド
活動期間 2011年 -
レーベル フォーライフミュージックエンタテイメント
公式サイト http://shinamayu.com/
メンバー モリユイ(ボーカル
タクマ(ギター
ウエノハラ(ベース

目次

メンバー編集

  • モリユイ
ボーカル作詞担当。1994年2月2日生まれ。好きなものは、ネオン・シャボン玉・ソリティア・オムライス・モンハン・美少女。
  • タクマ
ギター担当。1994年2月25日生まれ。好きなものは、深海生物・グミ・ハイチュウ・ゾンビ。
  • ウエノハラ
ベース担当。1993年7月16日生まれ。好きなものは、ムーミン・水玉・飲むヨーグルト・布団。

サポートメンバー編集

  • さかたる(from ラヴミーズ)
ドラム担当。2015年04月09日 原宿アストロホール公演からライブでドラムを担当している[1]。「not yet」のミュージックビデオにドラムで出演している。
  • つのけん(from GOOD BYE APRIL)
ドラム担当。2018年02月03日 下北沢Queからライブでサポートドラムを担当[2]。しなまゆUnplugged tour 2018〜Living Room〜ではカホンを担当。
  • ゆっか(from チロル)
ドラム担当。2018年07月01日 「水の都 昭島まちあそびフェスティバル」でサポートドラムを担当。
  • 大野達哉(from stellafia)
ドラム担当。2019年01月15日 柏PALOOZAからライブでサポートドラムを担当。
  • ウツミエリ(from Mariner Valley Cruise)
ドラム担当。2019年02月01日 渋谷GUILTYでサポートドラムを担当。

元サポートメンバー編集

  • ひけぽん
ドラム担当。2015年03月18日 下北沢ReG公演まで約2年半の間、ライブでドラムを担当していた[3]。アルバム「まえならえ」の2曲目に収録されている「チャイニーカンフーセンセーション!」では「お弟子さん」の一人として名前がクレジットされている。

バンド名の由来編集

とあるスタジオの店員に「お前らみんな眉毛ないなー」と言われ、そのフレーズが妙に残ったことがきっかけ。「まゆなし」を並べ替えて「しなまゆ」となった[4]

来歴編集

作品編集

自主制作盤編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2012年4月 子供のうちに
2nd 2012年12月 泣いちゃ、いやよ SNMY-001
3rd 2013年11月 ハイブリッド SNMY-002

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2014年7月9日 ストロベリーフィールズ FLCF-4463

配信シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2016年10月19日 まだ言わない
2nd 2016年11月23日 Contour
3rd 2017年9月17日 陽だまりの子

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2014年12月17日 まえならえ FLCF-4480
2nd 2017年7月26日 クランク・イン! FLCF-4508

ミニアルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2016年3月9日 ヘンシン FLCF-4496

参加作品編集

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2015年10月28日 あからんくん FLCF-4489

出演編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ウエノハラ (2015年4月10日). “NEW!”. 2015年4月10日閲覧。
  2. ^ ぐれっち (2018年2月3日). “NEW!”. 2018年2月3日閲覧。
  3. ^ ウエノハラ (2015年3月19日). “ハッピーデイ!”. 2015年3月19日閲覧。
  4. ^ shibuya eggman (2014年7月1日). しなまゆ interview. (インタビュー). http://eggman.jp/daytime/special/2014/07/_interview_37/ 2015年7月19日閲覧。 
  5. ^ Musicman-NET (2013年12月27日). “しなまゆ、クリスマスワンマンLIVEでメジャーデビューを発表”. 2015年7月19日閲覧。
  6. ^ NEXUS. “しなまゆ ワンマンライヴ「チームあわてんぼうプレゼンツ サキドリ!!」 ライヴレポート”. 2015年7月19日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 哀川翔、小西真奈美、安倍なつみら出演の舞台【あの頃僕らはペニーレインで】” (2014年2月22日). 2015年7月19日閲覧。
  8. ^ Billboard JAPAN. しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー. (インタビュー). http://www.billboard-japan.com/special/detail/963 2015年7月19日閲覧。 
  9. ^ NACK5 (2014年10月5日). “しなまゆのユイ音楽工房”. 2015年7月19日閲覧。
  10. ^ Billboard JAPAN. しなまゆ『まえならえ』インタビュー. (インタビュー). http://www.billboard-japan.com/special/detail/1124 2015年7月19日閲覧。 
  11. ^ NEXUS (2014年12月28日). “しなまゆワンマンライヴ大盛況、未発表新曲も披露”. 2015年7月19日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ しなまゆオフィシャルサイト (2015年4月28日). “しなまゆ初ツアー「高度33,000フィートで行く! 気持ちなツアー!」決定”. 2015年4月28日閲覧。
  13. ^ Musicman-NET (2015年10月1日). “しなまゆ、tvk『Mutoma』でレギュラーコーナー「南武線ドミネーション」スタート”. 2015年11月24日閲覧。
  14. ^ しなまゆオフィシャルサイト (2015年9月7日). “tvk MUTOMA “しなまゆの南武線ドミネーション”番宣ツアー”. 2015年11月24日閲覧。
  15. ^ BARKS (2015年10月14日). 普遍の愛がテーマの童謡集『あからんくん』に伊勢正三、南こうせつ、イルカら参加. (インタビュー). http://www.barks.jp/news/?id=1000120636 2015年10月28日閲覧。 
  16. ^ 音楽ナタリー. しなまゆ、いしわたり淳治プロデュース曲収録の新作ミニアルバム. (インタビュー). http://natalie.mu/music/news/178088 2016年3月9日閲覧。 
  17. ^ 音楽ナタリー. しなまゆ新曲MVに越智ゆらの出演、テーマは「恋が始まった時に感じる無敵感」. (インタビュー). http://natalie.mu/music/news/205965 2016年10月19日閲覧。 
  18. ^ しなまゆオフィシャルサイト. “人気モデル「越智ゆらの」とコラボリリース第2弾!新曲「Contour」配信!”. 2017年9月17日閲覧。
  19. ^ しなまゆオフィシャルサイト. “ニューアルバムリリース情報”. 2017年9月17日閲覧。
  20. ^ しなまゆ公式Twitterアカウント (2017年9月17日). “ワンマンのアンコールで初披露した配信限定シングル「陽だまりの子」本日リリースされました!”. 2017年9月17日閲覧。
  21. ^ しなまゆオフィシャルサイト. “しなまゆ全曲やるよっ!ワンマン”. 2017年9月17日閲覧。
  22. ^ しなまゆオフィシャルサイト. “しなまゆUnplugged tour 2018〜Living Room〜”. 2019年2月4日閲覧。

外部リンク編集