しのざき 美知(しのざき みち、1968年6月24日 - )は、日本のタレント歌手、ユニット「きのこになりたい」メンバー。

しのざき見兆
別名義 しのざき見兆、SHINOZAKI
生年月日 (1968-06-24) 1968年6月24日(51歳)
出身地 埼玉県浦和市
グループ名 きのこになりたい(※くろ☆ぽんずから改名)
芸風 物真似、ブスキャラ
過去の代表番組 ものまね王座決定戦
他の活動 歌手
公式サイト きのこになりたいオフィシャルサイト
テンプレートを表示

埼玉県浦和市(現さいたま市浦和区)出身。旧姓の本名は篠崎三千代。デビュー当初は、スターダストプロモーションに所属。その後吉本興業代官山プロダクションに移籍した。復帰後にしのざき見兆と改名した。

経歴編集

1983年8月に『笑っていいとも!』の「私のメロディー」に出演をきっかけに、翌1984年に芸能界デビュー。その際いいとも青年隊が3人各自持たされている賞品箱を野々村真の大ファンだったため、毎回はずれでもいいと野々村の箱を選んでいた。バラエティ番組で人気者となる。

また、ものまねタレントでもあったため『ものまね王座決定戦』に出演していた当時はダチョウ倶楽部笑福亭笑瓶ピンクの電話とともに「ものまねお笑い四天王」とも呼ばれていた。ただし当初は、松居直美松本明子篠塚満由美と共に「ものまね女四天王」を結成していたが、わずか1年で斉藤ルミ子と交代し、「お笑い四天王」行きとなった。

「お笑い」と冠されるだけあってものまね自体は決して似ているわけではないが、乗りと勢いで強引なまでに視聴者に見せつけるスタイルは一貫していた。『ものまね王座決定戦』ではほとんどが1回戦負けだったものの、1992年春『爆笑スター-』放送で、中山美穂の「Rosa」を披露した際は場内の大爆笑を巻き起こして勝利し(対戦相手はわたる哲平)、司会の研ナオコに「あんたはこの番組に必要」と言わしめるほどだった。しかし2回戦では菊池桃子の「Say Yes!」で番組史上初のワースト記録・80点をマーク、審査員席にいた菊池本人には「ちょっと愛せないですね」と言われたあげく6点を付けられた。なお対戦相手の松居直美の得点は満点(100点)だったため、これも番組史上最大点差を付けての勝敗決着となっている。

1993年浅草キッドの現場マネージャーに『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』で見染められ、結婚のため芸能界を引退。その後、一児の母となる。

2001年SHINOZAKI名義で歌手として再デビュー。芸能界を再度引退して専業主婦になる。

2017年YouTubeに、しのざき美知&住吉奈々美 新ユニット"くろ☆ぽんず"の"海のほひほひ"動画が突如アップロードされる。

2018年、YouTubeにて『くろ☆ぽんずRADIO きのこになりたい』がスタート。芸能界にふたたび復帰。10月にライブの企画「改名じゃんけん」に敗れたことから「しのざき見兆」と改名した[1]。新芸名を決めるアンケート用紙に「モノマネ見逃した!」と書いてあったことが由来。

2019年、くろ☆ぽんずからきのこになりたいに改名。楽曲提供していたよしかねたくろうがメンバーに加わった。

小鼻の横のほくろは除去されている。

出演作品編集

バラエティ編集

テレビドラマ編集

映画編集

ものまねレパートリー編集

以下のレパートリーは全てものまね番組で実施したものである。

シングル編集

しのざき美知

SHINOZAKI

  • 「夏休み公共楽」作詞・作曲:SHINOZAKI
  • 「baby i loveyou」
  • 「夜空」作詞:SHINOZAKI、作曲:チャオ、秦野猛之 ※さんまのまんまエンディングテーマ[3][出典無効]

連載編集

  • 月刊平凡「マコトとシノザキのキャンパス保健室」(全9回、1986年5月号 - 1987年1月号)※当時は篠崎美知代名義。マコトは野々村真。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 生徒役のオーディションを受けたが落選、掃除婦役で採用された[要出典]

出典編集

  1. ^ 『しのざき見兆』改名のいきさつ・・・[リンク切れ] くろ☆ぽんずオフィシャルサイト 2018年10月17日
  2. ^ 国会図書館[要文献特定詳細情報]
  3. ^ JASRAC[要文献特定詳細情報]

外部リンク編集