しゅんしゅんクリニックP

日本のお笑いタレント

しゅんしゅんクリニックP(しゅんしゅんくりにっくピー、1983年7月2日[1] - )は、日本お笑いタレントピン芸人)、YouTuber医師[2]美容皮膚科)。アイドルグループ吉本坂46のメンバー。解散したお笑いコンビフレミング(相方は舟生侑大)ではボケを担当した。

しゅんしゅんクリニックP
本名 宮本 駿[1]
生年月日 (1983-07-02) 1983年7月2日(37歳)[1]
出身地 日本の旗 日本群馬県前橋市[1]
血液型 O型
身長 174 cm
言語 日本語
最終学歴 群馬大学医学部[2]
出身 NSC東京校16期[1]
コンビ名 フレミング(2011年 - 2016年
グループ名 吉本坂462018年 - )
相方 舟生侑大
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2011年 -
同期 ランパンプス
やさしいズ
ゆにばーすなど
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示
しゅんしゅんクリニックP
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年1月 -
登録者数 約10万人
総再生回数 約2,464万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年11月1日時点。
テンプレートを表示

来歴編集

父が精神科医という環境に育ったため、自然に医師を目指すようになった。(しかし代々医師の家系というわけではなく、父親は30代で医学部に入学、母親は40代半ばで看護学校入学)[3]

お笑い好きになったきっかけは、小学生の頃に見ていた『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ[4]

前橋市立岩神小学校前橋市立荒牧小学校前橋市立南橘中学校群馬県立中央高等学校を経て、群馬大学医学部医学科に進学し、「群馬大学 B-STYLE」と言うストリートダンスサークルに所属。ロックダンスというジャンルのダンスを踊っていた。

自分もお笑いをやってみたいと思うようになったのは、2003年に『M-1グランプリ』でフットボールアワーの優勝を見てのことだった[4]

大学卒業後[2]医師免許を取得[5]東京臨海病院[6]で2年間の研修医期間を終えてから、NSCに16期生として入学した[1][2][7]。2011年に「フレミング」を結成。左記のコンビで首席で卒業する。 当時から医師免許を持った異色芸人として話題になっていたが(他にはクリニック高田もいる)、2016年6月に解散しピン芸人となる[8]

コンビ時代は献血問診AGA外来等医療関係のアルバイトをしていた。ピンになって以降も週3回外来を担当するなど、臨床に関わっている[6]。芸人としてどれほど売れても医者は辞めず、パラレルキャリアをとってゆくことを宣言している。2020年3月現在、東京都中央区八重洲で薄毛治療専門病院の院長を務めている[9][10]

2018年、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)のモニター横芸人に抜擢される。医療関係者にはウケる医者あるあるをダンスに乗せて言う「ヘイ!ヘイ!ドクター」というネタを披露し[4]、キレキレすぎるダンスや独特すぎるBGMから今田耕司に「ネタが入ってこない」と指摘された[4]。出演者のネタがスベった場合(サバイバルタイム(閉店ガラガラ)など)、司会の明石家さんまの「ヘイ!ドクター」という掛け声から上記のダンスを踊り、診断結果を言うというお約束がある。独特なダンスからSNSではちょっとした話題となっている[4]。この他、看護師あるあるの「ゴーゴーナース」というネタ、臓器の位置が覚えられるという「ぞうき歌」というネタもある[4]。この番組により知名度は大きく上がり、医大や看護学校の学園祭に多数出演するようになった[11]。2019年7月13日の放送で、モニター横芸人を卒業。

2020年3月23日、同じく吉本坂46・ユニットREDのメンバーである三秋里歩との婚約を、それぞれのTwitterにて連名で発表した[12]

芸風編集

歌とダンスを用いながら、医者あるあるや医療情報などを盛り込むリズムネタが多い。ネタの冒頭で、医者として働きながら芸人をしている事を説明する。医療ドラマ外科医が手術前にする、両手を顔の高さに上げるポーズ[13]を取りながら「シュッ!」と言う決め台詞を放つ持ちギャグがある[1][4]。舞台衣装はスクラブとおしゃれ白衣。芸名の一部『P』は、PowerのPである。

ライブやテレビだけではなく、SNSによるインターネット発信を積極的に行う。医療替え歌の動画をSNSに不定期で載せている[4]ほか、「今日のクイズ」という医療クイズを毎日ツイートし後日動画で解答を発表したり、(2020年9月11日に終了)「知り合いの医者」という設定でYouTubeに医療知識の動画をアップしたりといった活動をしている。TwitterInstagramなどのSNSの知識はおばたのお兄さんから全部教えてもらったということで、「SNSの師匠」としている[4]

人物編集

賞レース出場歴編集

ピン芸人転向後は、毎年相方を変えて即席コンビでM-1グランプリにエントリーしている。

  • 医者とお兄さん(おばたのお兄さんと一緒に)2016年M-1・3回戦敗退、2019年M-1・2回戦敗退
  • はぎちゃんしゅんちゃん(はぎちゃんと一緒に)2017年
  • しゅんしゅんクリニックPと循環器内科医(大学の同級生と一緒に)2018年・3回戦敗退
  • R-1ぐらんぷり2019 2回戦敗退→3回戦追加合格→準々決勝敗退
  • 歌ネタ王決定戦2019 準決勝敗退

所属ユニット編集

作品編集

シングル編集

  • ヘイヘイドクター[18]
  • ぞうき歌[19]

吉本坂46

  • 君の唇を離さない(2018年12月26日、SRCL-11028) - EAN 4547366384673(「RED」名義)
  • やる気のない愛をThank you!(2019年5月8日、SRCL-11150/1) - EAN 4547366402902(「RED」名義)

出演編集

テレビ番組編集

  • JOYのASOBU-TV JOYnt! (2018年11月7日、群馬テレビ) - 地元・前橋を凱旋
  • ダウンタウンDX(2018年12月13日、日本テレビ)
  • オレ一応モデルなんですけど(2018年12月18日、群馬テレビ)
  • ナカイの窓(2019年2月13日、日本テレビ) - 「美人女医2」の回で医療関係者から人気のピン芸人として、「ヘイ!ヘイ!ドクター」の女医あるあるネタ披露。
  • オールスター感謝祭2019春(2019年4月6日、TBS)
  • オールスター後夜祭(2018年10月7日・2019年4月7日、TBS)[20]
    • 10月7日は台風24号の影響で、東京に戻れなかったむらせの代役として参加した。
    • 感謝祭から居残り芸人として参加し、後夜祭も名札が印刷となっている。
  • 音が出たら負け(2019年11月23日・2020年3月11日・8月14日・2021年2月10日) - 第3弾で番組史上2人目の完全制覇、第4弾で史上初の2連覇。

テレビドラマ編集

  • 白衣の戦士! 第6話(2019年5月15日、日本テレビ) - 栗仁久駿 役

冠番組編集

  • 美容バラエティーしゅんしゅんクリニックPの美極めまシュッ!(2019年1月12日 - /毎週土曜日22時45分、チバテレ) ※放送終了後には放送内容がYouTubeで配信される。

ウェブテレビ編集

ライブ編集

主催ライブ編集

  • SSCP presents Comedical Live「お笑いホスピタル」(2016年11月12日ヨシモト∞ホール
  • SSCP presents Comedical Live「お笑いホスピタル」(2017年1月23日、ヨシモト∞ホール)
  • しゅんしゅんヒストリア(2017年7月28日、2017年1月23日)

神保町花月編集

  • 「道楽魔~drama~」(2016年8月17日 - 8月20日、神保町花月
  • 「幽体離脱社へ」(2016年9月21日 - 9月24日、神保町花月)
  • 「JOKER16」(2017年5月4日 - 5月7日、神保町花月)

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h フレミング - 彩~irodori~出演者プロフィール”. 吉本興業. 2016年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 彩の間〜irodori noma〜”. 吉本興業. 2016年11月15日閲覧。
  3. ^ 新しい時代を見据えて多様化する医師の在り方 週刊朝日MOOK『医者と医学部がわかる2021』より抜粋”. AERAdot.. 2021年3月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 日経エンタテインメント! 2018年11月号 p.121「バラエティびとNEO」
  5. ^ 「よしもと頭脳戦隊ハイIQ」芸人たちが戦隊コスプレで「絶望要塞」をアピール! (画像7-12) ニュースウォーカー”. ザテレビジョン (2013年12月20日). 2016年11月15日閲覧。
  6. ^ a b [https://www.joystyle.net/articles/568 “「医師×お笑いで医療のトランスレータ―を目指したい」 新時代の医師たち/Vol.2:医師兼お笑い芸人・しゅんしゅんクリニックP(宮本 駿)|joynet(ジョイネット)”]. joynet(ジョイネット). https://www.joystyle.net/articles/568 2018年9月11日閲覧。 
  7. ^ a b この若手にいろいろ訊く”. 吉本興業. 2016年11月15日閲覧。
  8. ^ “国家資格”コンビのフレミングが解散へ 二人とも芸人は継続 ORICON STYLE”. オリコンスタイル (2016年5月31日). 2016年11月15日閲覧。
  9. ^ “元NMB・三秋里歩 母の言いつけ守り医師芸人と婚約…ボンビー脱出!}date=2020-03-24”. 東京スポーツ. https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1788711/ 2020年4月1日閲覧。 
  10. ^ 医師について AGA・薄毛治療はアゲインメディカルクリニック【八重洲】”. アゲインメディカルクリニック. 2020年4月1日閲覧。
  11. ^ しゅんしゅんクリニックP 現役医師が、なぜ芸人に?
  12. ^ “しゅんしゅんクリニックPが三秋里歩との婚約発表”. お笑いナタリー. (2020年3月23日). https://natalie.mu/owarai/news/372280 2020年3月23日閲覧。 
  13. ^ なお現代外科ではこのポーズは取らないようになっており、しゅんしゅんクリニックP自身もその実情に言及することがある。
  14. ^ a b 『お笑い男子校』Vol.8、ワニブックス、2011年、フレミングのページ[要ページ番号]ISBN 978-4-8470-4347-5
  15. ^ a b 理系ナイトから出たユニット 理系Knights”. Instagram. 2019年2月6日閲覧。
  16. ^ ∞ホールで笑い×音楽のフェス開催、SALTY'sや甘栗カンパニーら集結”. お笑いナタリー. 2019年2月6日閲覧。
  17. ^ 「吉本坂46」メンバー46名決定、相方も祝福「今日の池田くんは……キレイだ!」”. お笑いナタリー. 2019年2月6日閲覧。
  18. ^ ヘイヘイドクター - Single”. よしもとミュージックエンタテインメント. 2019年2月6日閲覧。
  19. ^ ぞうき歌 - Single”. よしもとミュージックエンタテインメント. 2019年2月6日閲覧。
  20. ^ Inc, Natasha. “有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。
  21. ^ AbemaPrime - 企画 - 赤裸々漫画が20万部のヒット! カサンドラ症候群とは? (18/09/10) | 動画視聴はAbemaビデオ(AbemaTV)” (日本語). AbemaTV. 2018年9月11日閲覧。

外部リンク編集