メインメニューを開く

しんせいとは、日本たばこ産業(JT)が製造・販売していたたばこの銘柄である。ソフトパック。発売時は両切りタイプであったが末期の2016年6月以降からフィルター付きタバコになった。タール15mg、ニコチン1.0mg。

目次

歴史編集

日本専売公社が発足した1949年昭和24年)6月1日に発売された。戦後復興を背景にした新銘柄として「新生(しんせい)」の名称を与えられた。

「旧3級品」と呼ばれる製品のひとつ。1950年代には、それまで人気のあったゴールデンバットに代わって大衆向けの人気銘柄となった。1950年代中期には原料葉不足で、ゴールデンバットともども専売公社の生産・供給能力が追いつかず、煙草店でも品切れが多発して、価格の高い「いこい」を求めざるを得ない事態が起きた。当時、参議院の大蔵委員会でも「バット」「しんせい」と銘柄を名指しして、供給不足が問題に取り上げられた事例があった[1]ほどである。

2016年には発売以来初となる改良が発表された。ゴールデンバットとともにフィルター付きになり、タール値は22㎎から15㎎、ニコチン値1.4㎎から1.0㎎へ変更となった。また、価格は30円高い280円となる。2018年4月1日より一箱350円となる。

2018年10月9日JTより同年12月以降、在庫売り尽くしをもっての廃止が発表される。

意匠編集

パッケージデザインは、黄土色茶色の地を基調に、赤色で"SHINSEI"という細いローマ字ロゴが入ったものである。

愛飲者・フィクションでの登場編集

  • 作家の山本周五郎は、缶入りのピースから「ニコチンの量が少ないから[2]」という理由でしんせいに乗り換えている。
  • 三島由紀夫の小説『潮騒』(1954年)の主人公・久保新二が乗り込む漁船の漁労長や灯台長が本品を吸っている描写がある。
  • イアン・フレミングのスパイ小説「ジェームズ・ボンド」シリーズの一つ『007は二度死ぬ』(1963年)では、来日したボンドが普段吸うたばこの代わりに本品を吸い、出先でも買い求めていた。「カリフォルニア葉の味」「軽く、すぐ吸い終わってしまう」など吸い味についての言及もされているが、これには1962年に自ら来日したフレミングの日本での見聞が活かされている。作中でボンドが愛飲しているたばこは、ロンドンの高級煙草店で、強い味にブレンドした葉を特注で巻かせているという設定になっており、日本製紙巻きたばこの中では強い部類に入る「しんせい」でもまだ軽いということになる。
  • ルパン三世」シリーズでは、レギュラーキャラクターの銭形警部が愛飲するたばことして本品が登場する。
  • 安部公房の小説『砂の女』(1962年)の中に、砂穴に閉じ込められた主人公・仁木順平に部落の配給として本品が配られた描写がある。
  • 菊池秀行の小説『魔界都市〈新宿〉』などのドクター・メフィストシリーズでは、朽葉刑事が愛飲するたばことして本品が登場する。

製品一覧編集

販売終了製品編集

製品名 発売年月日 廃止年月 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考
しんせい 1949年6月1日 2018年12月 350円 20本 15mg 1.0mg 全国

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 参議院 第24回国会 大蔵委員会(昭和31年5月24日)会議録 説明員として出席した日本専売公社販売部長に対し、委員から「バット」「しんせい」の供給不足に関する説明が求められている。煙草が専売制で人々の喫煙率も高かった時代を反映する記録の一例。
  2. ^ 日本たばこ産業内「JTたばこweb」HPによると、ニコチン含有量は「ピース(10本入、50本入)」が2.3mg、「しんせい」が1.4mg となっている。