メインメニューを開く
じゃがりこ サラダ

じゃがりこは、1995年平成7年)からカルビー株式会社が製造・販売しているジャガイモを主原料としたスナック菓子で、同社の登録商標(第4387394号ほか)である。一度ふかしたジャガイモを細い棒状に整形して油で揚げたもので、カップ状の容器に入れられている[注 1]

概要編集

カリカリ・サクサクとした独特の食感や、さまざまなフレーバーが限定商品として販売されることで子供や若者に人気がある。年商が250億円を超えるカルビーの看板商品である(2011年平成23年)10月現在)[1]

カルビー初期のヒット商品であるかっぱえびせん・1970年代のカルビーポテトチップス・1980年代のシリアル(現在のコーンフレーク・フルグラなど)に次いで、1990年代を代表する主力商品となるよう開発された[2]。当時ルーズソックスで世を席巻していた女子高生を意識し、彼女たちが「カバンに入れて持ち歩けるお菓子」をイメージして開発された[1]。1994年に「じゃがスティック」を試験販売、そのカップ型で初めて「じゃがりこ」が使われた[3]。商品名の候補には「カリットポテト」「ポテッキー」「スリムポテト」などがあったが、若手社員中心の開発チームで議論するうち、男性社員の「友人の利加子さんに試食させたら美味しそうだった」という話で盛り上がり、「じゃがいもりかこ⇒じゃがりかこ⇒じゃがりこ」となった[1]。1995年に新潟を始めに日本全国で発売され、テレビCMは、角田マキが、じゃがりこを連呼したものだった[3]。本格的に売れ始めたのは1997年秋ごろからだった[4]

2001年、遺伝子組み換え作物を用いていた[5]として回収命令が下されている。なお現在はカルビーの商品全体で遺伝子組換え作物は使用していない[6]

味の種類編集

じゃがりこは、様々な味が販売されている。通年で全国販売される主な味の種類は、単色を基調にしたパッケージデザインだが、限定ものには色々な種類がある。

現行編集

  • サラダ味
    • 通常サイズ(約60g)の他、ミニカップ(約30g)も発売されている。また、駅売店・車内販売用の箱入り(約45g)や100円ショップ用のミドルサイズ(約40g)がある。
  • チーズ味
  • じゃがバター味
  • たらこバター味
  • 九州しょうゆ味(地域限定)
  • 肉じゃが味(地域限定)
  • 関東のりだし味
  • ゆず胡椒味(Lサイズのみ)

期間限定編集

  • 梅こぶ茶味
  • 明太チーズもんじゃ味(Lサイズのみ)
  • 梅え味
  • うま旨だし味
  • 明太チーズ味

地方限定編集

  • たこ焼き味(関西限定)
  • 贅沢カニだし味(日本海地区限定)
  • 明太子味(九州限定)
  • 豚丼味(北海道限定
  • 牛たん味(東北限定)
  • 手羽先味(東海地区限定)
  • 広島風お好み焼き味(中四国限定)
  • 贅沢うに軍艦味(北海道,東北限定)
  • チョコバナナ味(東京限定)
  • 小倉トースト味(東海限定)
  • 野沢菜こんぶ(信州限定)

販売終了編集

  • うすしお味
  • ピザ味
  • グラタン味
  • キムチ味
  • のり塩味
  • ジュラシック・ソルト味
  • コーンポタージュ味(一度ローソン限定で販売されたが2007年冬にローソン以外の各店舗でも再発売された)
  • ツナマヨ味(ファミリーマート限定)
  • 激辛インドカレー味(セブンイレブンでは辛さが強いため注意書きのPOPを掲示していた。)
  • うめかつお味
  • コンソメ味
  • のりカラ味
  • ジャーマンソーセージ味
  • ジャーマンポテト味
  • ローストオニオン味
  • チーズカレー味
  • ピリッとのり味
  • ガーリックバター味(セブン・イレブン限定)
  • シーフード味(ファミリーマート限定、公式サイト非掲載)
  • じゃがりこガーナ(カルビーとロッテのコラボレーション甲信越地方限定?)
  • ほんのり梅味
  • スパイシーチキン味
  • バジル味
  • えびしお味(セブンイレブン限定)
  • てりやきチキン味
  • カルボナーラ味
  • バーベキュー味
  • おいしそ梅味
  • お・と・な じゃがりこ 韓国のり味
  • お・と・な じゃがりこ ブラックペッパー
  • えだまめチーズ味(じゃがりこファンランキング1位)
  • お・と・な じゃがりこ ジンジャーチキン味
  • シーザーサラダ味(期間限定)
  • お・と・な じゃがりこ スパイシーチーズ味
  • お・と・な じゃがりこ ガーリックチーズ味
  • クラムチャウダー
  • よろこぶ梅味(期間限定)
  • お・と・な じゃがりこ ゆず胡椒味(期間限定)
  • ホタテ醤油味
  • お・と・な じゃがりこ カマンベール味
  • お・と・な じゃがりこ レモン&ペッパー味
  • お・と・な じゃがりこ ガーリックチーズ(期間限定)
  • サワークリームオニオン味(期間限定)
  • かぼちゃグラタン味(ファミリーマート限定)
  • 明太クリーム(期間限定)
  • 梅と大葉(期間限定)
  • 香味醤油(期間限定)
  • 抹茶クリーム味(セブンイレブン限定)
  • アスパラベーコン(期間限定)
  • とうきびバター醤油味(ローソン限定)

じゃがりこファミリー編集

「食べ出したらキリンがない」から生まれた公式キャラクター

  • じゃがお - 趣味が日曜大工の父
  • りかこ - 料理が得意の母
  • 楽天的な酪農家の祖父・じゃが作、 息子じゃがおに厳しい反面、孫に甘い祖母・りん
  • 孫には、お調子者の兄・ミツル、まじめな姉・ニコ、おじいちゃん子の妹・みるくがいる。

他に、じゃがリーマン、じゃがたく、グララ、りん、アイがいる[3]

派生商品編集

  • さつまりこ - じゃがりこのサツマイモ版。
    • 1999年販売開始[7]。秋冬期間限定品。
    • 2018年にはらぽっぽファームの監修によるコラボレーション商品「さつまりこ ポテトアップルパイ味」を販売した[8]
  • とうもりこ - じゃがりこのトウモロコシ版。
    • 商品名の候補には「こーんりこ」や「コーンリコ」などがあったが、じゃがりこ派生のトウモロコシ菓子であることが一番シンプルに伝わる名前として「とうもりこ」に決定した[7]
    • 2008年に期間限定商品として販売されたが、当時は売れ行き不調だった[7]。2012年に北海道限定品として販売を開始し2017年12月まで販売していた[7]
    • 2018年4月16日から関東で販売を開始し、同年6月18日に全国販売を開始した[9]
  • えだまりこ - じゃがりこのエダマメ版。
    • 2014年に静岡限定品として販売していた。
    • 2018年7月16日から関東で販売を開始し、同年10月8日に全国販売を開始した[10]
  • ほんじゃが - 皮付きポテト風。
  • じゃがポックル - 北海道限定品。塩味。
  • じゃがビー (Jagabee) - ほんじゃがの後継商品。
  • ポテりこ - プロントでのみ販売されているコラボレーション商品。素材自体はじゃがりこと同じだが、乾燥させずに店で揚げて出される。

その他編集

  • じゃがりこに湯や温めた牛乳をかけると水分を吸い込み、マッシュポテトのようになる[11]
  • かつて三菱自動車でドライバーとして4度のWRC(世界ラリー選手権)チャンピオンに輝き、現在トヨタ自動車のWRCチーム監督としてもチャンピオンを獲得しているトミ・マキネンは、好きな日本食にじゃがりこを挙げている[12]

コラボレーション編集

タカラトミー
2016年に本商品をモチーフにしたトミカ(ドリームトミカ枠)を発売した。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし駅の売店など一部の小売店には、紙箱に入った物が発売されている。

出典編集

  1. ^ a b c 2011年10月1日付朝日新聞土曜版「be」b3頁
  2. ^ <11> 社長就任 10年単位の開発を意識”. 中国新聞 (2010年4月22日). 2013年6月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月8日閲覧。
  3. ^ a b c オトナファミ2011年7月号」 p28-p35 じゃがりこ大収穫祭
  4. ^ <12> 父の死 肩の荷の重さを知った”. 中国新聞 (2010年4月23日). 2011年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月8日閲覧。
  5. ^ <13> ペプシコとの提携 違いを認め合う道選ぶ”. 中国新聞 (2010年4月24日). 2011年12月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月8日閲覧。
  6. ^ よく頂くご質問 遺伝子組換え”. カルビー. 2015年6月8日閲覧。
  7. ^ a b c d 「とうもりこ/カルビー 魅力を強調するサブタイトルとコピー」『日経デザイン』2018年8月号、38-39頁。
  8. ^ 「さつまりこ」ブランド初のコラボレーション!「らぽっぽファーム」監修『さつまりこ ポテトアップルパイ味』さつまいもの日に合わせて2018年10月1日(月)から“期間限定”発売、カルビー、2018年9月27日。
  9. ^ カルビー「とうもりこ」 全国で順次展開、“個食スナック”の中心商品に、食品産業新聞社ニュースWEB、2018年4月27日。(食品産業新聞 2018年4月26日付より)
  10. ^ 「じゃがりこ」ブランドから新素材スナック登場『えだまりこ うましお味』 2018年7月16日(月)より順次発売開始!、カルビー、2018年7月11日。
  11. ^ ご存知でしたか? じゃがりこにホットミルクを入れるとポテトサラダやグラタンが簡単にできますよッ! - ロケットニュース24、2012年3月19日
  12. ^ 【プレゼントあり】世界チャンピオン「トミ・マキネン」がイチバン好きな“じゃがりこ”の味は? cliccar 2013年3月29日

外部リンク編集