メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • じゃない方芸人[1]
  • じゃないほう芸人[2]

じゃない方芸人(じゃないほうげいにん)とは、主に日本お笑いコンビお笑いグループにおいて、知名度の有無によってコンビ内およびグループ内の格差が生まれた際に、知名度の低い方の芸人[1]、もしくはあるメンバーの個性キャラクターが確立されて注目される一方で、他の目立たず印象の薄い芸人を指す言葉である[3]。多くはテレビ番組などで知名度の低さや目立たなさを揶揄される立場にあるが、後に才能を開花させて活動の場を広げた者や、敢えて「じゃない方」であることを演芸の題材として生かしている者も存在する[2]

目次

概要編集

 
テツandトモ(2018年)

2004年平成16年)時点ですでに「TIMレッド吉田ゴルゴ松本)のゴルゴ松本じゃないほう」「テツandトモ(テツ・トモ)のギターじゃないほう[* 1]」などの言い回しが存在していた[5]。その後、後述のように雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(テレビ朝日、以下『アメトーーク!』と略)で2009年(平成21年)[6]、『水曜日のダウンタウン』(TBS)で2015年(平成27年)頃から、この言葉が使用されている[3]

コンビ内やグループ内で格差が生じ、知名度の低い芸人、印象の薄い芸人が生まれる理由としては、goo編集部[7]アサヒ芸能徳間書店[8]、お笑い評論家の峰尾耕平らが[2]、以下のように分析している。

 
ザブングル(左が松尾陽介、2018年)
 
ハイキングウォーキング(右が松田、2008年)
 
ANZEN漫才(右があらぽん、2014年)

極端な例としては、猿岩石有吉弘行森脇和成)は『進め!電波少年』(日本テレビ)の企画で人気を得たものの、お笑いコンビとしては実力不足により解散。後に有吉が単独で毒舌芸人として人気芸人の座を確立する一方で、森脇は引退に至っている[8]

イメージの活用編集

このような「じゃない方芸人」は、バラエティ番組などのテレビ番組で、しばしば知名度の低さや目立たなさを取り上げられている。視聴者の目が肥えた時代においては、様々な楽しみ方があり、「じゃない方芸人」のように光が当たってない人物の個性の無さや目立たなさを面白がることを、楽しみ方の1つとする意見もある[43]

アメトーーク!』では、2009年(平成21年)より2017年(平成29年)にかけ「○○じゃない方芸人」と題して、このような芸人たちを「ドランクドラゴンの『塚地じゃない方』」(鈴木)「どきどきキャンプの『ジャックバウアー[* 4]じゃない方』」(佐藤)などとして集め[11]、彼らの実状を語る企画を行なっている[6][44]。この放送で一同は、「漫才中に相方が袖に下がった後、自分がまだ舞台にいるにもかかわらず照明が暗転した[11]」「2人で出演する番組のタイトルに相方の名前だけが使われていた[45]」「一般人に間違われた[11][46]」などのエピソードを披露している。

水曜日のダウンタウン』でも、2015年(平成27年)から翌2016年(平成28年)にかけ、お笑いコンビの知名度調査による格差発表が行われたり[3][* 5]、2017年には「じゃない方芸人」とされるマテンロウの大トニー、ANZEN漫才のあらぽんにより、どちらが「じゃない方芸人」のナンバー1かを比較する[47]、などの企画が行なわれている。

どきどきキャンプが2010年(平成22年)に特別番組『こんなスゴイの撮れちゃった! 世界ご自慢動画ハンター!!』(TBS)で絶叫アトラクションに挑戦した際は、岸の挑戦場面のみ放映され、「じゃない方芸人」とされる佐藤の挑戦場面は「尺の都合でカットされた」とのスタッフのコメントで、スタジオ一同の大爆笑を呼んだ[12]。放送作家の今村クニトはこれを「じゃない方芸人の本領発揮」と新聞紙上で報じ、「じゃない方芸人」の場面を敢えて放映しないことで笑いが生まれる手法を称賛した[12]

また「じゃない方芸人」とされる当人が、そのイメージを敢えて逆手にとり、話題作りに活かす例もある。アンジャッシュ児嶋は、相方の渡部がグルメ芸人としての地位を確立した反面、自身はトークの技術の低さから飛躍できずにいたが[48]2011年(平成23年)の『リンカーン』(TBS)出演を機に、自身の短所をからかわれて感情を露わにするといった芸風が定着[17]。後に名前を憶えられないことを定番の芸にしたり(児嶋一哉#キャラクターも参照)、渡部の長男誕生を直接報告されず「ネットで知った」とTwitterに投稿することで、笑いの題材としている[17][49]ドラマ映画での自身の起用においても、強烈な個性ではなく、料理におけるスパイスのように、さりげなく魅力を引き出す存在となることを心がけているという[27]

ドランクドラゴンの鈴木もまた、相方の塚地の俳優としての活躍を、逆に「相方の収入で生活する」などと発言してTwitterを炎上させて、「クズ芸人」「炎上芸人」としてのキャラクターを確立した結果、テレビへの露出が増加しており[8][50]、単独でドラマ出演するまでに至っている[17][32]。コラムニストのペリー荻野は、「判官贔屓」という言葉に代表されるように、日本人は負けた方が気になる気質があり、鈴木はその点を上手に利用したと分析している[17]

中には、はんにゃ川島章良金田哲)の川島[* 2][* 3]のように、「じゃない方芸人」として注目されることを好意的に解釈している者もいる[51]

当人同士による企画編集

2000年代以降に「じゃない方芸人」との言い回しが用いられる以前にも、1980年代の漫才ブーム時に、ツービートビートきよしビートたけし)のきよし、紳助・竜介島田紳助松本竜介)の竜介(後に松本竜助に改名)、B&B島田洋七島田洋八)の洋八の3人により、「ツッコミとして、ただ頷いているだけ」として結成された「うなずきトリオ」があり[52]、当時の人気番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)である程度のブームを起こした[53]。竜助の没後、2008年(平成20年)の竜助の命日直前には、きよしと洋八により「うなずきコンビ」が再結成された[54]

2010年(平成22年)には有吉弘行のプロデュースのもと、デンジャラスの安田、X-GUN(さがね正裕・西尾季隆)のさがね、BOOMER(河田キイチ・伊勢浩二)の河田の3人により、「元祖・じゃない方芸人」としてのユニット「有吉命名☆ゴーストバスターズ」が結成され[55]、半年間にわたって3回のトークライブが行なわれたが、3回目にして解散した[56]

存在意義編集

先述のペリー荻野は、お笑いコンビやお笑いグループで前面に立つ者が人気を得るのは、「じゃない方芸人」と呼ばれる者たちが相方の面白みを引き出しているからこそ、と分析している[17]。テレビの視聴者たちからも、「じゃない方芸人」たちの、目立たないなりの陰の努力[57]、脚光を浴びて目立つ相方を引き立てるリアクションや立ち居振る舞いをする努力や苦労に対する評価もあり、「じゃない方芸人」がいてこそ楽しいお笑いが成立するとの声もある[58]

先述の『アメトーーク!』「○○じゃない方芸人」の2017年(平成29年)放送分での証言でも、チュートリアル福田は、相方の徳井がそのルックスで女性からの人気を得ていることを考慮し、漫才の舞台では「徳井の髪型を乱さないよう、絶対に頭を叩かない」と心がけているという[45][59]アンガールズ山根は、相方の田中の気持ち悪さでスタジオが盛り上がっているときは、邪魔をしないように「存在感を消し、何のリアクションもせず笑みを浮かべて座り、田中の芸を皆と一緒に楽しんでいる」と明かしている[45][60]トレンディエンジェルのたかしも「相方の斎藤を目立たせるように距離感を保つ[44][45]」、ANZEN漫才のあらぽんも「みやぞんの邪魔にならないように自分のアクセサリーを外し、仕草を小さくする[44]」などの配慮を語っている。

この2017年放送時には、博多華丸・大吉博多華丸博多大吉)の大吉[* 2][* 3]も、かつて華丸の芸に隠れて目立たず、紛れも無く「じゃない方芸人」と呼ばれる時期があったことから[61][62]、「じゃない方」卒業生として共演しており[10]、当時は「余計なことを一切せず、『じゃない方芸人』に徹していた」との体験を語っていた[44][45]。実際には、当時よりコンビ芸での漫才は大吉が作っており、大吉の記憶力の良さや会話の切り返しといったテクニックは、華丸から絶賛されていた[61]

その他の場でも、どきどきキャンプの佐藤は、ファンから写真撮影を依頼された際、画角に収まらないように気を遣っていたという証言がある[8]オードリー若林もまた、後述のように人気向上以前から、相方の春日を操縦する司令塔としての実力が評価されていた[63]ハライチも、当初は澤部に注目が集まり、岩井がその陰に隠れていたが、ネタはすべて岩井が作成している[64]

イメージからの脱却編集

 
バッドナイス(左が内田英輔、2016年)

「じゃない方芸人」と呼ばれる芸人には、Wコロン(木曽さんちゅう・ねづっち)の木曽[65]バッドナイス(内田英輔・バッドナイス常田)の内田[* 2]のように、そのイメージを払拭する機会を得ないままコンビ解散に至ったり、解散しないまでもアンタッチャブルのように、柴田のコンビ再開希望に山崎が応じず、活路を見出すことが困難、といったケースも散見される[42][66]

しかし中には、かつては「じゃない方」と揶揄されながら、その後に思わぬ才能が認められ、広く活躍している例も少なくない。先述のペリー荻野は、「じゃない方芸人」は相方の魅力を引き出す力量がある分、自身が人気を博す力量も備えていると述べている[17]博多華丸・大吉大吉も、『アメトーーク!』での自虐的なトークで個性を確立し[17]、さらに2010年(平成22年)の著書『年齢学序説』の発行により文才が世間に支持され[67]2017年(平成29年)時点では「好きな芸人」ランキングで単独でトップ10に入るほどの人気者に昇りつめている[60]

オアシズは、当初は光浦にのみ仕事が舞い込む一方、大久保は仕事が激減し[26]、OLを勤めつつ細々と仕事を続ける日々であった[17]。しかし光浦がレギュラー出演していた『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)に大久保が出演時、彼女の下ネタが受け、それ以来「毒舌キャラクター[26]」「性欲旺盛な肉食キャラクター[17]」として人気を確立して、テレビへの露出増加に繋がり[26]、「深夜番組の女王」との異名も生まれた[17]。この陰には、光浦が大久保の面白さを先輩芸人にアピールして売り込むなど、光浦の陰の功績があったとされる[26]。ペギー荻野は、先に人気を得た相方はそのイメージを壊すことが困難な反面、「じゃない方芸人」はこの大久保のように、開き直りや自由な芸ができる強みもあると分析している[17]

松口VS小林(松口祐樹・小林友治)の松口は、小林ことケンドーコバヤシに格差をつけられた後に、1995年(平成7年)にコンビ解散、新たな漫才コンビであるハリガネロックを結成し、『M-1グランプリ』『爆笑オンエアバトル チャンピオン大会』『ABCお笑い新人グランプリ』『NHK上方漫才コンテスト』といった、多くの大型漫才コンテストで好成績を収めた。しかし2014年(平成26年)に解散し、その解散劇を綴った松口の著書『芸人迷子』もまた話題を呼んだ[68]

バイきんぐ西村は、相方の小峠が多くの番組の出演をこなす一方で[29]、当初は「地味[29]」「トークの技術が低い[69]」などと揶揄されていた。しかし後には『アメトーーク!』や『水曜日のダウンタウン』などの出演がきっかけで、天然ボケや不思議なトークで注目を集め始めており[29][70]、『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日)内の企画「激安! いいね! アース」では主役を務めた[30]

麒麟は、田村の自伝『ホームレス中学生』が社会現象といえるほどの人気を呼んだことで、川島が「じゃない方芸人」と呼ばれる格差が生まれた。しかし後に川島は、大喜利文学コメンテーターといった知的な才能が認められ、後の地位を築くに至っている[35][36]。「じゃない方芸人の筆頭格[21]」との声すらあったナイツの土屋も、番組内のフリートークでの力を評価され[2]、トーク番組など活躍の場を広げている[63]

南海キャンディーズは、山崎が独特なハスキーボイスや芸風で注目され、女優業など単体での仕事が舞い込む反面、山里の方は仕事が激減していた。しかし山里はブレイク前のAKB48に逸早く注目して「アイドルオタク芸人」としての道を切り開き、AKB48グループじゃんけん大会のレフェリーに抜擢された。その結果として、ネットが炎上してファンを敵に回したが、それが却って視聴者の印象に残り、ナレーションや司会業など数々のレギュラー番組を抱えるようになった[39]。この山里の手腕は、マツコ・デラックスにより「ビジュアル以外はすごい」と絶賛されている[17]

三四郎相田も、当初の漫才では相方の小宮の引き立て役のイメージが強かったが、2017年(平成29年)の『ゴッドタン』(テレビ東京)出演時の企画をきっかけにトークにおける個性が顕在化し、ラジオ番組『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送2019年〈平成31年〉4月からは『オールナイトニッポン』に昇格[24])やテレビ番組のトークでも活躍し[71][72]ナレーターとしても落ち着いた声質を評価されている[71]

他にも、『ノンストップ!』(フジテレビ)の司会抜擢を機にお茶の間での人気を得たバナナマン設楽[17]、文才を生かして著書を20万部売り上げたロザン[31]、即興で歌を創る芸により『アメトーーク!』で特集を企画されるほどになった森三中大島美幸村上知子黒沢かずこ)の黒沢[17]、過去の料理人経験を活かして居酒屋のフランチャイズオーナーを務めるハイキングウォーキングの松田[22]、文才を生かした雑誌コラムやアニメ関連の仕事をこなすハライチ岩井[31][64][73]、ラジオ番組の出演で個性を引き出されたダイノジの大谷やウーマンラッシュアワーの中川[74]、といった面々もいる。ハライチの岩井もまたラジオ番組『デブッタンテ』(TBSラジオ)に出演していたが、自分は外見的にテレビ向きではなく、ラジオでこそ内面を発揮できたと語っている[75]

変わり種として、元自衛官の経歴を持ち、「じゃない方芸人」と呼ばれるようになった後も予備自衛官として訓練を継続して防衛招集に備えているフルーツポンチ(村上健志・亘健太郎)の亘[31][* 2][* 3]腎臓がんの公表により注目を浴びたはんにゃ川島の例がある[76][77]

格差の変動編集

こうして「じゃない方芸人」が活躍するにつれ、コンビ内の格差が変動する例もある。

オードリーは、当初は独特なキャラクターと外見である春日が前面に出ており[2]、代表的なギャグの1つ「トゥース!」が2009年(平成21年)の新語・流行語大賞にノミネートされるほどだった[17][78]。しかし後には、若林が極度の人見知りといったキャラクターや[17]、演技力やトーク力の評価により、単独での司会コマーシャル出演をこなし[2][79][80]、複数の雑誌のエッセイ連載も執筆している[81]。その結果、「若林がオードリーの顔となりつつある[2]」「春日の方が『じゃない方』?[17]」「春日とどちらが『じゃない方』かわからない[74]」との声があがっている。

さらにはフットボールアワーピースのように、当初は個性の強い岩尾綾部が前面に出ており、後藤又吉の方が「じゃない方」と呼ばれていたが[19][23]、後にはその後藤が『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)でツッコミの技量を評価され[17]、司会業でも才能を発揮[19]、又吉も2015年(平成27年)に自著書『火花』で芥川賞を受賞した結果、2017年(平成29年)以降には逆に岩尾や綾部の方がgooランキングや『アメトーーク!』で「じゃない方芸人」と見なされるといった、完全に格差が逆転してしまったケースすら存在する[23]

中には天津のように、当初は単独でも売れていた木村が後に本来の詩吟界から背を向けられ、「じゃない方」と呼ばれていたの方が、元々好きだった漫画やアニメ関係の副業で成功するといった、対照的な道を進んでいるコンビもある[37]

極端な例として、オセロ中島知子松嶋尚美)は当初は中島の方が注目度が大きかったが、後に中島は体調不良での休養や諸々のスキャンダルでイメージダウンに繋がり、コンビを解散後、松嶋が女優業や著作業で人気を得るに至っている[82]

スポーツ界での類例編集

柔道家篠原信一は、2000年(平成12年)のシドニーオリンピックの決勝において「世紀の誤審」とも呼ばれる敗退により銀メダルに準じ、別階級で金メダルを手にした野村忠宏に話題をさらわれた。しかし引退後に芸能活動に転身すると、天然ボケのキャラクターが人気を博し、多くのバラエティ番組に出演している[17]

野球選手田中将大も、高校野球時代には2006年(平成18年)の第88回全国高等学校野球選手権大会で、斎藤佑樹との投手戦の末に敗北し、当時の話題は「ハンカチ王子」の異名を得た斎藤に集中した。しかし斎藤が大学時代の負傷などによりプロ入り後の不振に苦しむ一方[83]、田中は東北楽天ゴールデンイーグルスに入団後は新人王を獲得し、里田まいと結婚、2013年(平成25年)には最優秀選手(MVP)として表彰され、翌2014年(平成26年)には総額約190億円の契約で大リーグに移籍を遂げた[17]

流用編集

前記のピース・又吉直樹と同時に芥川賞を受賞した羽田圭介は、受賞以後「又吉(または『火花』)じゃないほう」という呼ばれ方をされた[84][85]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ギターと歌の担当はトモ[4]
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae gooランキング編集部が2018年(平成30年)2月に、20歳から40歳台の男女500名に対し、「『じゃない方芸人』と聞いて思い浮かぶお笑い芸人」のアンケートを実施した結果では、トレンディエンジェルのたかしが1位、ANZEN漫才のあらぽんが2位、ハライチ岩井勇気が3位、はんにゃ川島章良が4位、ロザン菅広文が5位、フォーリンラブのハジメが7位、バイきんぐ西村瑞樹チュートリアル福田充徳が同票数で8位、ロンドンブーツ1号2号田村亮が10位[1]三四郎相田周二が12位、ドランクドラゴン鈴木拓ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスが同票数で13位、マテンロウの大トニーが15位、アンジャッシュ児嶋一哉オードリー若林正恭ハイキングウォーキングの松田洋昌が同票数で16位、コロコロチキチキペッパーズの西野創人が20位[13]フルーツポンチの亘健太郎が23位、ザブングルの松尾陽介が24位、ピース綾部祐二メイプル超合金安藤なつが同票数で26位[14]デンジャラス安田和博が31位、天津向清太朗が35位、ガレッジセール川田広樹どきどきキャンプの佐藤満春とアンタッチャブル柴田英嗣が同票数で37位、博多華丸・大吉博多大吉が40位[15]オアシズ大久保佳代子が41位、麒麟川島明アンガールズ山根良顕U字工事の福田薫が同票数で42位、フットボールアワー岩尾望が45位、バッドナイスの内田英輔が46位であった[16]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p アメトーーク!』の企画「○○じゃない方芸人」では、2009年平成21年)にデンジャラスの安田、ザブングルの松尾、天津の向、ロンドンブーツ1号2号の亮[* 2]、オードリーの若林、ナイツ土屋伸之、はんにゃの川島[6]2010年(平成22年)にデンジャラスの安田、博多華丸・大吉の大吉、ガレッジセールの川田[* 2]、ドランクドラゴンの鈴木、天津の向、ナイツの土屋、U字工事の福田[* 2]、どきどきキャンプの佐藤、ハイキングウォーキングの松田、我が家谷田部俊、フルーツポンチの亘[9]2017年(平成29年)にはバイきんぐの西村、チュートリアルの福田、フットボールアワーの岩尾、アンガールズの山根、トレンディエンジェルのたかし、三四郎の相田、ANZEN漫才のあらぽん、メイプル超合金の安藤[* 2]、コロコロチキチキペッパーズの西野[* 2]が出演した[10]。この内の2010年放映分では、知名度調査として街頭の100人に出演者たちの写真を見せ、その名前がわかったのは佐藤が0人、土屋が6人、大吉が11人であった[11][12]
  4. ^ 相方の岸学が人気を博した芸[8]
  5. ^ この調査結果、マテンロウの知名度は2015年(平成27年)時点でアントニーが50パーセント、大トニー(当時は旧芸名の大野大介で出演)が0パーセントであり、翌2016年(平成28年)も大トニーは0パーセントのままであった[3]

出典編集

  1. ^ a b c 「じゃない方芸人」といえば? 1位から10位”. gooランキング. NTTレゾナント (2018年3月4日). 2019年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 峯尾耕平 (2011年2月25日). “じゃないほう芸人という道 厳しい芸人コンビ間格差の実態とチュートリアル福田の薄い存在感”. メンズサイゾー (サイゾー). https://www.menscyzo.com/2011/02/post_2328.html 2019年4月5日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “ダウンタウン松本、後輩芸人を改名!?「大トニー」ブレイクなるか?”. RBB TOAY (イード). (2016年9月8日). https://www.rbbtoday.com/article/2016/09/08/145060.html 2018年4月5日閲覧。 
  4. ^ “ふるさとにエール テツandトモさん 2人で歌披露…”. 読売新聞 東京朝刊 (読売新聞社): p. 25. (2018年5月11日) 
  5. ^ ゆうきゆう (2009年7月15日). “★セクシー心理学! ★第190色? 蹴ってほしい背中。”. まぐまぐ mailing list.. https://archives.mag2.com/0000034430/20040320234000000.html 2014年4月6日閲覧。 
  6. ^ a b c ○○じゃない方芸人”. 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!. テレビ朝日 (2009年4月9日). 2018年4月5日閲覧。
  7. ^ a b c d 「じゃない方芸人」といえば? 2位ANZEN漫才のあらぽん”. gooランキング (2018年3月4日). 2019年4月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i “いちばん身近な格差社会!?「じゃないほう芸人」たちの悲しき現実”. アサ芸プラス (徳間書店). (2015年1月17日). https://www.asagei.com/31306 2019年4月5日閲覧。 
  9. ^ ゴールデン3時間SP”. 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク! (2010年1月7日). 2019年4月5日閲覧。
  10. ^ a b “アメトーーク!で○○じゃない方芸人2017”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2017年6月1日). https://dogatch.jp/news/ex/45190/detail/ 2019年4月5日閲覧。 
  11. ^ a b c d 真紀和泉 (2010年1月9日). “【エンタがビタミン♪】○○じゃない方芸人。栄えある?知名度ワースト1は誰?”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2010/01/jyanaigeinin-no1.html 2019年4月5日閲覧。 
  12. ^ a b c 今村クニト (2010年10月5日). “Show 笑劇人 どきどきキャンプ『じゃない方芸人』佐藤が持ち味発揮”. 東京新聞 朝刊 (東京新聞社): p. 17 
  13. ^ gooランキング 2018, p. 2.
  14. ^ gooランキング 2018, p. 3.
  15. ^ gooランキング 2018, p. 4.
  16. ^ gooランキング 2018, p. 5.
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 女性セブン 2015, pp. 48-49
  18. ^ “ザブングル松尾が死に物狂いの単独ライブを開催”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2009年11月6日). https://natalie.mu/owarai/news/23441 2019年4月6日閲覧。 
  19. ^ a b c 佐藤ちひろ (2017年5月4日). “「じゃないほう芸人」の華麗なる逆転人生(4) フット後藤は松本人志にイジられ才能が開花”. アサ芸プラス. https://www.asagei.com/excerpt/80279 2019年4月5日閲覧。 
  20. ^ 行列のできる法律相談所”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2016年2月28日). 2019年4月5日閲覧。
  21. ^ a b “お笑い芸人 豪快伝説 其の四十二『ナイツ』”. リアルライブ (内外タイムス社). (2012年12月19日). https://npn.co.jp/article/detail/98960732/ 2019年4月5日閲覧。 
  22. ^ a b 北村ともこ (2018年6月29日). “あのハイキングウォーキングの“卑弥呼じゃないほう”松田洋昌のリア充な今”. アサ芸プラス. https://www.asagei.com/excerpt/107233 2019年4月5日閲覧。 
  23. ^ a b c d 1周回って知らない話”. TVでた蔵 (2019年3月6日). 2019年4月5日閲覧。
  24. ^ a b ありた (2019年3月13日). “「オールナイトニッポン」1部昇格 三四郎のラジオがおもしろい理由”. KAI-YOU.net. KAI-YOU. 2019年4月5日閲覧。
  25. ^ お笑いラジオの時間 2015, p. 37
  26. ^ a b c d e 佐藤ちひろ (2017年5月3日). “「じゃないほう芸人」の華麗なる逆転人生(1) 「笑えないブス」オアシズ大久保を光浦が猛プッシュ”. アサ芸プラス. https://www.asagei.com/excerpt/80273 2019年4月5日閲覧。 
  27. ^ a b 磯西賢 (2018年10月26日). “【ぴいぷる】アンジャッシュ・児嶋一哉 出すぎず、濃すぎず…なぜか話題作に呼ばれる貴重キャラ「作品のスパイス役になれれば…」”. 夕刊フジ (産業経済新聞社). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/181023/ent1810238914-n1.html 2019年4月5日閲覧。 
  28. ^ お笑いラジオの時間 2015, p. 23.
  29. ^ a b c d 黒崎さとし (2017年7月11日). “バイきんぐ・西村瑞樹がヤバい…“じゃないほう芸人”でブレイク前夜!”. AERA. 朝日新聞出版. p. 1. 2019年4月5日閲覧。
  30. ^ a b 戸部田 2018, p. 119
  31. ^ a b c d e “お笑いコンビの“じゃないほう””. インフォシーク (楽天). (2017年4月13日). https://news.infoseek.co.jp/feature/entertainer/ 2019年4月5日閲覧。 
  32. ^ a b 佐藤ちひろ (2017年5月4日). “「じゃないほう芸人」の華麗なる逆転人生(3) ドランク鈴木は“塚地のギャラで生活するクズ”を売りに!”. アサ芸プラス. https://www.asagei.com/excerpt/80277 2019年4月5日閲覧。 
  33. ^ 鳥井ハニ (2017年5月22日). “チュートリアル福田、コンビ内格差から「死のうと思った」告白に応援の声”. DOKUJO. サクメディア. 2019年4月6日閲覧。
  34. ^ “ガリットチュウの“福島善成じゃない方”熊谷岳大がコンビ内格差を暴露”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年3月17日). https://thetv.jp/news/detail/183148/ 2019年4月6日閲覧。 
  35. ^ a b 伊藤雅奈子 (2019年3月17日). “岡村や宮迫、小杉や宮川ら人気よしもと芸人がゲンを担ぐ、中目黒の「髪様」とは?”. リアルライブ. https://npn.co.jp/article/detail/77408156/ 2019年4月5日閲覧。 
  36. ^ a b “マツコも絶句!“又吉じゃないほう”の芥川賞作家・羽田圭介は超特濃キャラ”. アサ芸プラス. (2015年8月11日). https://www.asagei.com/excerpt/41244 2019年4月5日閲覧。 
  37. ^ a b 本多ヒロシ (2017年11月4日). “「吟じます」“じゃないほう”が稼いでいた!? 天津の収入格差が大逆転”. アサ芸プラス. https://www.asagei.com/excerpt/92037 2019年4月5日閲覧。 
  38. ^ 今夜くらべてみました”. TVでた蔵 (2015年8月18日). 2019年4月5日閲覧。
  39. ^ a b 佐藤ちひろ (2017年5月5日). “「じゃないほう芸人」の華麗なる逆転人生(5) 南キャン山里はブレイク前のAKB48に目をつけ…”. アサ芸プラス. https://www.asagei.com/excerpt/80281 2019年4月5日閲覧。 
  40. ^ しくじり先生 俺みたいになるな!!”. TVでた蔵 (2018年12月14日). 2019年4月5日閲覧。
  41. ^ “フォーリンラブの解散危機を救ったアンタッチャブル柴田英嗣”. livedoor ニュース (LINE). (2016年12月15日). http://news.livedoor.com/article/detail/12417677/ 2019年4月5日閲覧。 
  42. ^ a b “アンタッチャブル・山崎、「露出減」「扱いづらい芸人」になった裏側 - コンビ再始動説の今”. サイゾーウーマン (サイゾー). (2017年10月10日). https://www.cyzowoman.com/2017/10/post_155693_1.html 2019年4月5日閲覧。 
  43. ^ 中野ナガ (2018年10月21日). ““消費されない”お笑いトリオの作り方、今だからこその売り出し方法とは?”. オリコンニュース (オリコン). https://www.oricon.co.jp/special/51968/ 2019年4月5日閲覧。 
  44. ^ a b c d ““じゃない方芸人”脱出の博多大吉、“じゃない方”時代のスタッフへの対応が神すぎると拍手!”. ザテレビジョン. (2017年6月2日). https://thetv.jp/news/detail/110952/ 2019年4月5日閲覧。 
  45. ^ a b c d e アメトーーク! ○○じゃない方芸人”. TVでた蔵 (2017年6月1日). 2019年4月5日閲覧。
  46. ^ アメトーーク!”. 価格.com. カカクコム (2009年4月9日). 2019年4月5日閲覧。
  47. ^ “大トニーVSあらぽん「No.1じゃない方芸人」は”. お笑いナタリー. (2017年6月13日). https://natalie.mu/owarai/news/236649 2019年4月5日閲覧。 
  48. ^ 磯西 2018, p. 2.
  49. ^ 磯西 2018, p. 3.
  50. ^ “元祖炎上芸人・ドランクドラゴン鈴木 今や相方・塚地よりも売れっ子?”. リアルライブ. (2018年5月21日). https://npn.co.jp/article/detail/26648305/ 2019年4月5日閲覧。 
  51. ^ 大塚美奈 (2009年7月18日). “ヒューマン はんにゃの金田哲良&川島章 意外とあった劇場での下積み 苦労知らずじゃねーし!”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 26 
  52. ^ 太田省一『社会は笑う ボケとツッコミの人間関係』青弓社〈青弓社ライブラリー〉、2002年4月12日、48頁。ISBN 978-4-7872-3199-4
  53. ^ ひょうきん族でプチブレイクした「うなずきトリオ」のその後…”. ミドルエッジ (2017年12月9日). 2019年4月5日閲覧。
  54. ^ “負け組 きよし&洋八「うなずきコンビ」マジ復活 あす命日 竜介さん売れるまで見守ってくれ!! 都内でデビュー漫才”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社): p. 24. (2008年3月31日) 
  55. ^ “ボキャブラ世代の“じゃない方芸人”の3人が新ユニットを結成”. お笑いナタリー. (2010年2月14日). https://natalie.mu/owarai/news/27715 2019年4月5日閲覧。 
  56. ^ 河田キイチオフィシャルブログ「昨日は…」より(2019年4月5日閲覧)
  57. ^ “反響”. 中日新聞 朝刊 (中日新聞社): p. 15. (2009年4月15日) 
  58. ^ “はがき通信”. 朝日新聞 東京朝刊 (朝日新聞社): p. 17. (2010年1月12日) 
  59. ^ みやび (2017年6月4日). “【エンタがビタミン♪】チュート福田、漫才で相方の頭は叩かない「徳井のかっこいい姿を崩さないため」”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2017/06/miyabi06021147.html 2019年4月5日閲覧。 
  60. ^ a b みやび 2017, p. 2.
  61. ^ a b 清川仁 (2018年12月15日). “STORY 博多華丸・大吉 もう「じゃない方」じゃない”. 読売新聞 東京朝刊: p. 17 
  62. ^ 【前編】チヤホヤされてもぜんぜん信用しないスタンス”. cakes. ピースオブケイク (2014年1月15日). 2019年4月5日閲覧。
  63. ^ a b 三浦ヨーコ (2009年9月24日). “【お笑い峰打ちコラム】じゃない方芸人の逆襲”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2009/09/miura200909242112.html 2019年4月5日閲覧。 
  64. ^ a b ““腐り芸人”から迷走? 相方・澤部もドン引き、ハライチ岩井が見出した新境地とは”. リアルライブ. (2018年7月8日). https://npn.co.jp/article/detail/09365034/ 2019年4月5日閲覧。 
  65. ^ “木曽さんちゅう新コンビ結成、尋常でなかったWコロンの不仲”. リアルライブ. (2018年1月24日). https://npn.co.jp/article/detail/14286300/ 2019年4月5日閲覧。 
  66. ^ “バッドナイス解散の理由はコンビ格差? 克服したできた芸人・できなかった芸人”. リアルライブ. (2019年2月2日). https://npn.co.jp/article/detail/96325293/ 2019年4月5日閲覧。 
  67. ^ 【後編】後ろ向きでもやる気は十分!?”. cakes (2014年1月12日). 2019年4月5日閲覧。
  68. ^ 新田樹 (2017年1月18日). “M-1準優勝・ハリガネロックが解散の真相を告白! お笑いトレンドの変化に翻弄される芸人たち”. LITERA (ロストニュース). http://lite-ra.com/2017/01/post-2860.html 2019年4月5日閲覧。 
  69. ^ “不思議全開 バイきんぐ“小峠じゃない方”に「面白い」の声”. 日刊ゲンダイ (株式会社日刊現代): p. 1. (2016年12月10日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195522 2019年4月5日閲覧。 
  70. ^ 日刊ゲンダイ 2016, p. 2.
  71. ^ a b “2018年は「じゃない方芸人」がキテる! 三四郎・相田は“オラオラキャラ”で小宮を超えるか”. リアルライブ. (2018年6月25日). https://news.goo.ne.jp/article/npn/entertainment/npn-07962540.html 2019年4月5日閲覧。 
  72. ^ “三四郎・相田「じゃないほう芸人」がラジオで輝く理由”. ケトルニュース (太田出版). (2018年11月15日). http://www.ohtabooks.com/qjkettle/news/2018/11/15141904.html 2019年4月5日閲覧。 
  73. ^ ハライチ岩井勇気「じゃない方芸人」の苦悩を明かす”. smart FLASH. 光文社 (2019年1月3日). 2019年4月5日閲覧。
  74. ^ a b お笑いラジオの時間 2015, pp. 20-21
  75. ^ お笑いラジオの時間 2015, p. 50.
  76. ^ “ゆうゆうLife 病と生きる「はんにゃ」川島章良さん”. 産経新聞 東京朝刊 (産業経済新聞社): p. 15. (2017年7月6日). https://www.sankei.com/life/news/170706/lif1707060019-n1.html 2019年4月5日閲覧。 
  77. ^ “はんにゃ川島、腎臓がん手術を告白 結婚直前の健康診断で判明”. オリコンニュース. (2016年4月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2069634/full/ 2019年4月5日閲覧。 
  78. ^ “特集ワイド '09流行語大賞候補 言い得て妙、イチ押し「草食男子」”. 毎日新聞 東京夕刊 (毎日新聞社): p. 2. (2009年11月20日) 
  79. ^ 五目舎 (2015年12月29日). “若林正恭、「オードリーの春日じゃない方」から脱皮した理由は”. ハフポスト (朝日新聞社). https://www.huffingtonpost.jp/2015/12/19/wakabayashi-masayasu_n_8846896.html 2019年4月5日閲覧。 
  80. ^ じゃない方と呼ばれなくなった売れっ子MC”. dmenu TV. NTTドコモ (2017年2月2日). 2019年4月5日閲覧。
  81. ^ “オードリー若林、エッセイストとしての活躍のルーツは“人見知り”時代?”. リアルライブ. (2018年10月28日). https://npn.co.jp/article/detail/20707630/ 2019年4月5日閲覧。 
  82. ^ 佐藤ちひろ (2017年5月3日). “「じゃないほう芸人」の華麗なる逆転人生(2) オセロ松嶋、ブレイクの転機は“中島の不貞””. アサ芸プラス. https://www.asagei.com/excerpt/80275 
  83. ^ “日本ハム・斎藤佑 不振の元凶は大学時代のケガ…ケビン山崎氏明かす”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2017年1月25日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/644962/ 2019年4月6日閲覧。 
  84. ^ ““『火花』じゃない”ほう、羽田圭介氏 芸人顔負けのキャラに注目”. オリコンニュース. (2015年9月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2059969/full/ 
  85. ^ “マツコも絶句!“又吉じゃないほう”の芥川賞作家・羽田圭介は超特濃キャラ”. アサ芸プラス. (2015年8月11日). https://www.asagei.com/excerpt/41244 2019年4月7日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集