じれったい

安全地帯の楽曲

じれったい」は、日本のロックバンドである安全地帯の楽曲。

じれったい
安全地帯シングル
初出アルバム『安全地帯VI〜月に濡れたふたり
B面 「ひとりぼっちの虹」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル
時間
レーベル Kitty Records
作詞 松井五郎
作曲 玉置浩二
チャート最高順位
安全地帯 シングル 年表
好きさ
1986年
じれったい
(1987年)
Juliet
(1987年)
玉置浩二関連のシングル 年表
「好きさ」
(1986年)
じれったい
(1987年)
All I Do
(1987年)
安全地帯VI〜月に濡れたふたり 収録曲
EANコード
EAN 4988031001295(1986年・7")
EAN 4988031003770(1988年・CD)
テンプレートを表示

1987年4月21日Kitty Recordsから15枚目のシングルとしてリリースされた。前作「好きさ」(1986年)よりおよそ4か月ぶりにリリースされたシングルであり、作詞は松井五郎、作曲は玉置浩二、編曲は安全地帯および星勝が担当している。

ブラック・コンテンポラリーデジタルファンクの要素を含む楽曲であり、玉置自身が出演した太陽誘電カセットテープ「That's」のコマーシャルソングとして使用された。

6枚目のアルバム『安全地帯VI〜月に濡れたふたり』(1988年)からの先行シングルとなったが、同作にはリアレンジされたアルバム・バージョンが収録されている。シングル・バージョンはベスト・アルバム『安全地帯 アナザー・コレクション -アルバム未収録曲集-』(1994年)までアルバム未収録となった。

音楽性と歌詞 編集

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、玉置によるボーカルが吐息がこぼれるようなセクシーさを持ち、フェロモンが漂う楽曲であるとした上で「何やら危なげな予感を叙情的に感じさせる」と表記したほか、「ギリギリのラインで繰り広げられる、刺激的な営みの前に聴いておきたくなるナンバー」とも表記している[2]

ベスト・アルバム『ALL TIME BEST』(2017年)の楽曲解説では、日本の音楽シーンにおいて潮流ともなったブラック・コンテンポラリーの要素を含む楽曲であり、デジタルファンクの要素も含まれる「斬新なサウンド」であると表記されている[3]。同解説ではホーンコーラスによってセクシーさが演出されていると表記されているほか、玉置のボーカルがソウルフルで官能的であり「まるで黒人のソウルシンガーのような歌」と例えた上で、「松井が紡いだ官能的な言葉をより妖艶に、芳醇なものにし、抜群のタッチで聴き手に伝えてくれる」と表記されている[3]。また、コーラスは玉置のソロ・シングル「キ・ツ・イ」(1989年)にも参加しているAMAZONSが担当している。

リリース、メディアでの使用 編集

本作は1987年4月21日Kitty Recordsより15枚目のシングルとして7インチレコードにてリリースされた。本作は太陽誘電カセットテープ「That's」のコマーシャルソングとして使用された[4]。リリース当日から日本武道館の5日間連続公演を行い6万人を動員した[3]

1988年12月10日には8センチCDとして再リリースされた[5]

チャート成績 編集

オリコンシングルチャートにおいては最高位2位、登場週数は11回で売り上げ枚数は12.3万枚となった[1]。本作の売り上げ枚数は安全地帯のシングル売上ランキングにおいて10位となった[6]

TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』(1978年 - 1989年)では1987年5月7日放送分において第6位で初登場し、約4か月ぶりにスタジオに登場した[7]5月28日放送分では最高位となる第3位を獲得、ベストテン入りは5週連続となった[8]5月21日には香港コロシアムでのライブがあり、同番組において会場前からの衛星中継も行われ、広東語に翻訳した歌詞が字幕として出された[7]。また、5月末から玉置のソロ活動が開始され、他のメンバーもそれぞれの活動を開始することとなった[7]

ライブ・パフォーマンス 編集

本作に関するテレビ出演は、1987年5月8日放送のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』(1986年 - )に出演した[9]ほか、1994年11月21日放送のフジテレビ系音楽番組『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(1994年 - 2012年)に玉置が単独で出演した[10]際は、安全地帯の楽曲である「ワインレッドの心」(1983年)、「恋の予感」(1984年)、「悲しみにさよなら」(1985年)がメドレー形式で演奏された後、ギター1本による弾き語りで本作が披露された。2017年5月25日放送のNHK総合音楽番組『SONGS』(2007年 - )に出演した際はストリングスDJプレイを追加したアレンジで演奏された[11]

玉置が安全地帯時代の楽曲の中で本作を大変気に入っており、玉置のソロ活動も含めてライブで演奏される機会が非常に多くなっている。また、ライブ演奏において他のミュージシャンとのコラボレーションが行われている(テレビ番組におけるものは下表参照)。

番組 放送日 コラボレーション相手 出典
2010 FNS歌謡祭 2010年12月4日 AMAZONSじょんて★もーにんぐ [12]
2012 FNSうたの夏まつり 2012年8月8日 小室哲哉 [13]
2012 FNS歌謡祭 2012年12月5日 德永英明 [14]
2014 FNSうたの夏まつり 2014年8月13日 JUJU [15]
2020 FNS歌謡祭 2020年12月2日 京本大我尾上松也[注釈 1] [16]

カバー 編集

日本語バージョン 編集

  • ISEKI - アルバム『AOR FLAVA -silky red-』(2017年)に収録。
  • Ema - アルバム『Respirar』(2016年)に収録。
  • 及川光博 - アルバム『ヒカリモノ』(2004年)に収録[17]
  • 島津亜矢 - カバー・アルバム『SINGER 4』(2017年)に収録[18]
  • 諏訪部順一 - コンピレーション・アルバム『Platinum Voice~届けたい歌がある~』(2012年)に収録[19]
  • 高橋英則&濱野大輝 - コンピレーション・アルバム『ラジ友presents DOUBLE DARE COVERS』(2017年)に収録[20]
  • 玉置浩二 - ライブでのセルフカバー、アルバム『T』(1995年)に収録。
  • 森川美穂 - カバー・アルバム『another Face - tribute to Goro Matsui + Koji Tamaki -』(2019年)に収録。

中国語バージョン 編集

「拒絶再玩」のタイトルで以下の歌手がカバーしている。

  • シャーリー・クァン(關淑怡) - 広東語バージョン、アルバム『'EX' All Time Favourites』(1995年)に収録。
  • 辛龍中国語版 - 北京語バージョン、アルバム『才子佳人』(2011年)に収録。
  • レスリー・チャン(張國榮) - 広東語バージョン、アルバム『Summer Romance'87』(1987年)に収録。
  • 露雲娜中国語版 - 広東語バージョン、アルバム『酒紅色的心』(2017年)に収録。

シングル収録曲 編集

全作詞: 松井五郎、全作曲: 玉置浩二、全編曲: 星勝安全地帯
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.じれったい松井五郎玉置浩二
2.ひとりぼっちの虹松井五郎玉置浩二
合計時間:

リリース履歴 編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1987年4月21日 Kitty Records 7インチ 7DS 0160 2位
2 1988年12月10日 Kitty Records 8センチCD H10K-30044 -

収録アルバム 編集

「じれったい」
「ひとりぼっちの虹」

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 玉置および安全地帯メンバーとのコラボレーションはなし。

出典 編集

  1. ^ a b オリコンチャートブック アーティスト編 1988, p. 34.
  2. ^ 安全地帯 / コンプリート・ベスト [2CD]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2023年3月25日閲覧。
  3. ^ a b c 『ALL TIME BEST』収録楽曲解説”. ユニバーサルミュージックジャパン公式サイト. ユニバーサルミュージック. 2023年1月15日閲覧。
  4. ^ “玉置浩二&安全地帯、オールタイム・ベストをリリース”. CDジャーナル (音楽出版社). (2017年2月28日). https://www.cdjournal.com/main/news/tamaki-koji/74972 2022年6月10日閲覧。 
  5. ^ 安全地帯 / じれったい [廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年6月10日閲覧。
  6. ^ 安全地帯のシングル売上TOP20作品”. オリコンニュース. オリコン. 2023年2月4日閲覧。
  7. ^ a b c 別冊ザテレビジョン 2004, p. 153- 「1987年」より
  8. ^ 別冊ザテレビジョン 2004, pp. 152–153- 「1987年」より
  9. ^ 出演者ラインナップ 1987.05.08.FRI”. ミュージックステーション公式サイト. テレビ朝日. 2023年3月26日閲覧。
  10. ^ HEY!HEY!HEY!過去の出演者一覧表”. HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP. フジテレビジョン. 2023年3月26日閲覧。
  11. ^ デビュー30周年の玉置浩二、NHK『SONGS』で一夜限りのスペシャルメドレーを披露”. Billboard JAPAN.com. 阪神コンテンツリンク (2017年5月18日). 2023年3月26日閲覧。
  12. ^ じょんて★もーにんぐ、「FNS歌謡祭」で世界レベルのダンスを披露”. うたまっぷNEWS. インターライズ (2010年12月6日). 2022年6月10日閲覧。
  13. ^ FNSうたの夏まつり - 8月8日(水)夜19時 国立代々木競技場第一体育館から4時間84曲生放送!”. FNSうたの夏まつり. フジテレビ. 2022年6月10日閲覧。
  14. ^ セットリスト”. 僕らの音楽. フジテレビ. 2022年6月10日閲覧。
  15. ^ FNSうたの夏まつり - 2014年8月13日(水)国立代々木競技場第一体育館から生放送!”. 僕らの音楽. フジテレビ. 2022年6月10日閲覧。
  16. ^ SixTONES京本大我&尾上松也、安全地帯「じれったい」コラボにファン興奮「色気爆発」「優勝」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年12月2日). 2023年3月26日閲覧。
  17. ^ 及川光博presents<結婚しようぜ ベイベー>の映像到着!”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2004年6月10日). 2023年2月10日閲覧。
  18. ^ 島津亜矢・大人気カバーアルバム「SINGER」シリーズ6タイトルをセットにした「デビュー35周年記念・歌怪獣スペシャル缶」発売!”. PR TIMES. PR TIMES (2021年4月7日). 2023年2月10日閲覧。
  19. ^ 合唱も収録!古谷徹ら男性声優8人がJ-POP名曲カバー”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2012年12月11日). 2023年2月10日閲覧。
  20. ^ 山中真尋、白井悠介らが歌う! 『ラジ友presents【DOUBLE DARE COVERS】』、ジャケット画像公開”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク (2017年10月4日). 2023年2月10日閲覧。

参考文献 編集

  • 『オリコンチャート・ブック アーティスト編 全シングル作品 昭和43年-昭和62年<20年>』オリコン、1988年10月8日、34頁。ISBN 9784871310215 
  • 「ザ・ベストテン~蘇る! 80'sポップスHITヒストリー~」『別冊ザテレビジョン』カドカワムック No.210、角川書店、2004年12月20日、152 - 153頁、ISBN 9784048944533、雑誌62482-12。 

外部リンク 編集