すずかぜ型巡視艇

すずかぜ型巡視艇(すずかぜがたじゅんしてい、英語: Suzukaze-class patrol craft)は、海上保安庁巡視艇の船級。区分上はCL型、公称船型は20メートル型[2]。なお、ネームシップが配属替えに伴い改名したことから、現在ではひめぎく型とも呼ばれる[3][4]

すずかぜ型→ひめぎく型巡視艇
「こまかぜ」(警備機能強化型)
「こまかぜ」(警備機能強化型)
基本情報
艦種 20メートル型CL
運用者  海上保安庁
就役期間 1992年 - 現在
同型艦 192隻
前級 やまゆり型 (18メートル型)
次級 (最新)
要目
満載排水量 19トン
総トン数 23トン
全長 20.0 m
最大幅 4.30 m
深さ 2.30 m
吃水 0.88 m
主機 ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 1,820馬力(一部艇は2,040馬力)
速力 30ノット
航続距離 200海里
乗員 5名
レーダー 航法用×1基[1]
光学機器 夜間監視装置 (CL-135以降)
テンプレートを表示

来歴編集

海上保安庁では昭和24年度計画より国産巡視船艇の整備を開始したが、その先頭を切って就役したのが15メートル型CL(そよかぜ型)であった。これは、海保創設当時に巡視船の性能と保有量に制限が加えられていたことから、その制限の枠外において基地周辺の制限沿海海域において巡視船を補完するための港内艇として設計されたものであったが、非常に優秀で乗員の信頼を得たことから概略配置をほとんど変更せずにマイナーチェンジのみで建造され続け[5]、最終バッチにあたるちよかぜ型は、昭和43年度から50年度にかけて、実に96隻が建造された[3]

しかし15メートル型は長年の装備強化の積み重ねで排水量が増加するとともに、船舶安全法関係諸規則の改正にともなって規則に触れる部分が増えてきた。このことから昭和52年度以降の建造分(やまゆり型)では、初めて船体寸法も変更して大型化を図り、部内では18メートル型と称された。そして平成3年度計画ではちよかぜ型の代船建造に着手されることになったが、これは更に大型化を図ることとなった。これが本型である[2]

さらにちよかぜ型の退役完了後も、今度はやまゆり型の更新用としても建造が続行され[3][4]、その後すずかぜ型自身の更新としても建造が続行されている。

設計編集

本型ではプレジャーボートや小型漁船の高速化に対応して、速力の向上を図っている。船型を滑走性能のよいものにするとともに、上部構造や艤装品をアルミニウム合金製として重量軽減を図った[2]。主船体は従来の15メートル型・18メートル型と同様に高張力鋼製である[3][4]

大型化にともなって操舵室・居住区が拡大されて、業務処理および居住性の向上が図られている。操舵室には全乗員分のダンパー付き椅子が配置されており、また居住区にはベッド兼用の長椅子があるほか[6]、巡視艇として初の簡易シャワー設備が備えられている[2]

高速化のため主機関も強化されており、V型12気筒4サイクルディーゼルエンジンが搭載された。主機関にはMTUタイプとMANタイプがあり、MANタイプではMAN D2842LYE[6]もしくはD2842LE401[7]、MTUタイプではMTU 12V183 TE92型(910 ps / 2,230 rpm)が採用されている[8]

分類編集

本型は長期間に渡り多数が建造されていることから、運用実績やその時々の業務を反映した改正が適宜に加えられている。顕著な改正点としては下記のようなものがある[9]

幅広型[注 1]
船幅を20センチ大きくして定員を6名に増やしている。一部の艇で就役後に操舵室が外見上変更されている物もある。
浅海域対応型[注 2]
幅広型を元に浅海域での運用に対応して推進器をウォータージェットに変更。
警備機能強化型
幅広型を元に平成13年度第1次補正計画以降の建造艇[10]。主機MAN D2842LE417とし[7]、出力を合計2,040馬力に強化する[1]とともに防弾性を強化したもの。重量増の代償として船首甲板の放水銃を廃止していることから[3]、代わりに可搬式のガソリンポンプと放水ノズルを装備、必要に応じて船首部に設置している[4]

またその他にも下記のような差異が生じている。

航行区域
当初は制限つき沿海とされていたが、海洋法に関する国際連合条約の発効に伴い、平成8年度補正計画の「おいつかぜ」(CL94)以降の艇では近海に変更された[4]
空調による分類(北方型、南方型)
配備先に応じて暖房ないし冷房を強化していることから、それぞれを北方型と南方型に分類される[3]
夜間監視装置
平成17年度補正計画以降の艇は操舵室上に夜間監視装置を搭載している[3][4]。それ以前の艇でも追加で装備されているものもある[11]

派生型編集

しらうめ型
平成10年度第1次補正計画では、本型をもとに所定の艤装を施した20メートル型灯台見回り船(ひめひかり型)2隻が建造されたが、警備・救難用船艇の需要増大を受けて2008年(平成20年)4月1日付けで巡視艇に種別変更され、しらうめ型巡視艇として再就役している。主要目は本型の幅広型とほぼ同等であるが、防舷材の位置など細部に差異がある[12]
放射能調査艇「かつれん」及びきぬがさ型
原子力船寄港時に放射能漏れなどを検査するための放射能調査艇として、二代目「かつれん」およびきぬがさ型3隻が建造されているが、これらは本型の浅海型に放射能測定装置を搭載したものである。性能的にも全く同等であり、放射能調査時以外には本型と同様の警備救難業務を行なっている[13]
建造費は先代の放射能調査艇と同様に、「かつれん」(二代目)は科学技術庁から、きぬがさ型は原子力規制委員会からの予算で建造された[13]
ODAによる建造艇
派生形の亜種として政府開発援助により、ジブチ共和国沿岸警備隊向けに20メートル型巡視艇2隻を墨田川造船所が建造、2015年11月納入(WJ推進)されている。

同型艇一覧編集

※巡視艇の船名は、随時、改名されることがある。

計画年度 船番 船名 造船所 就役 配属海上保安部署 解役
平成3年度[14] CL-11 すずかぜ[14]
→ ひめぎく[4]
墨田川造船[14] 1992年(平成4年)2月20日[14] 小樽第一管区[14]
姫路(第五管区)[4]
2019年(平成31年)3月5日[15]
CL-12 あさかぜ[14] 石原造船所[14] 1992年(平成4年)3月9日[14] 釧路(第一管区)[14] 2018年(平成30年)2月27日[16]
CL-13 すぎかぜ[14]
→はざくら[4]
横浜ヨット[14] 1992年(平成4年)2月28日[14] 秋田第二管区[14]
尾道(第六管区)[4]
2018年(平成30年)3月16日[16]
CL-14 ふじかぜ[14] ニッスイマリン[14] 1992年(平成4年)3月24日[14] 清水第三管区[14] 2019年(平成31年)3月5日[15]
CL-15 みやかぜ[14] 木曽造船[14] 1992年(平成4年)3月25日[14] 名古屋第四管区[14] 2018年(平成30年)3月12日[16]
CL-16 ひばかぜ[14] 信貴造船所[14] 1992年(平成4年)3月19日[14] 青森(第二管区)[14] 2019年(平成31年)3月5日[15]
CL-17 さたかぜ[14][4] 長崎造船[14] 1992年(平成4年)3月25日[14] 喜入第十管区[14]
若松第七管区[4]
2019年(平成31年)3月6日[15]
平成4年度[14] CL-18 とまかぜ[14] 墨田川造船[14] 1993年(平成5年)1月22日[14] 苫小牧(第一管区)[14] 2020年(令和2年)2月25日[9]
CL-19 ゆりかぜ[14] 墨田川造船[14] 1993年(平成5年)2月8日 [14] 東京(第三管区)[14] 2020年(令和2年)3月5日[9]
CL-20 ふさかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1993年(平成5年)2月24日[14] 千葉[14]館山[15]
(第三管区)
2018年(平成30年)11月29日[15]
CL-21 うめかぜ[14] 信貴造船所[14] 1993年(平成5年)3月25日[14] 鹿島(第三管区)[14] 2020年(令和2年)2月21日[9]
CL-22 しぎかぜ[14] 石原造船所[14] 1993年(平成5年)1月22日[14] 第五管区[14] 2021年(令和3年)3月8日[17]
CL-23 うずかぜ[14] 石原造船所[14] 1993年(平成5年)2月16日[14] 小松島(第五管区)[14] 2019年(平成31年)3月5日[15]
CL-24 あきかぜ[14] 長崎造船[14] 1993年(平成5年)2月26日[14] 広島第六管区[14] 2020年(令和2年)3月5日[9]
CL-25 くれかぜ[14]
→ ひめつばき[11]
木曽造船[14] (第六管区)[14]
大分(第七管区)[11]
2021年(令和3年)2月23日[17]
CL-26 もじかぜ[14] ニッスイマリン[14] 1993年(平成5年)3月22日[14] 門司(第七管区)[14] 2020年(令和2年)1月24日[9]
平成4年度
補正[14]
CL-27 そでかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1993年(平成5年)3月31日 袖ヶ浦→千葉[14]
(第三管区)[注 3]
2021年(令和3年)2月10日[17]
CL-28 きぬかぜ[14] 長崎造船[14] 1993年(平成5年)3月29日[14] 衣浦(第四管区)[14] 2018年(平成30年)12月6日[15]
CL-29 まやかぜ[14] 石原造船所[14] 加古川(第五管区)[14] 2020年(令和2年)3月3日[9]
CL-30 せとかぜ[14] 長崎造船[14] 玉野(第六管区)[14] 2020年(令和2年)3月5日[9]
CL-31 まきかぜ[14] 墨田川造船[14] 1993年(平成5年)6月28日[14] 木更津(第三管区)[14] 2021年(令和3年)3月21日[17]
CL-32 ひめかぜ[14] 石原造船所[14] 1993年(平成5年)6月29日[14] 蒲郡[14]→三河[4]
(第四管区)
2021年(令和3年)2月5日[17]
CL-33 くがかぜ[14] 木曽造船[14] 1993年(平成5年)6月28日[14] 柳井(第六管区)[14] 2021年(令和3年)3月3日[17]
平成5年度 CL-34 ゆめかぜ[14] 石原造船所[14] 1994年(平成6年)1月24日[14] 東京(第三管区)[14]
CL-35 うみかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1994年(平成6年)1月27日[14] 湘南(第三管区)[14]
CL-36 きりかぜ[14] 1994年(平成6年)2月4日[14] 横浜(第三管区)[14]
CL-37 はかぜ[14] 信貴造船所[14] 1994年(平成6年)2月14日[14] 横須賀(第三管区)[14]
CL-38 しゃちかぜ[14] 1994年(平成6年)1月25日[14] 名古屋(第四管区)[14]
CL-39 いせかぜ[14] 墨田川造船[14] 1994年(平成6年)3月24日[14] 浜島(第四管区)[14]
CL-40 こまかぜ[14]
→ にじかぜ[11]
ニッスイマリン[14] 1994年(平成6年)1月27日[14] 大阪(第五管区)
徳山(第六管区)[14]
CL-41 きしかぜ 長崎造船 1994年(平成6年)2月4日[14] 関空(第五管区)[14]
平成5年度
第1次補正
CL-42 きくかぜ[14] 石原造船所[14] 1994年(平成6年)3月24日[14] 神戸(第五管区)[14]
CL-43 おとかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1994年(平成6年)3月29日[14] 呉(第六管区)[14]
CL-44 ひろかぜ[14] 長崎造船[14] 広島(第六管区)[14]
CL-45 あしかぜ[14] 木曽造船[14] 福山(第六管区)[14]
平成5年度 CL-46 とよかぜ[14] 墨田川造船[14] 1994年(平成6年)3月24日[14] 津久見(第七管区)[14]
CL-47 さつかぜ[14]
→ はやかぜ[11]
長崎造船[14] 1994年(平成6年)2月4日[14] 鹿児島(第十管区)[14]
→ 東京(第三管区)[11]
平成5年度
第2次補正
CL-48 しおかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1994年(平成6年)7月14日[14] 川崎(第三管区)[14]
CL-49 あわかぜ[14] 千葉(第三管区)[14]
CL-50 はまかぜ[14] 墨田川造船[14] 1994年(平成6年)7月28日[14] 横浜(第三管区)[14]
CL-51 みおかぜ[14]
→ みやぎく[11]
信貴造船所[14] 1994年(平成6年)7月22日[14] 大阪(第五管区)[14]
→ 苅田(第七管区)[11]
CL-52 ともかぜ[14] 木曽造船[14] 1994年(平成6年)7月26日[14] 福山(第六管区)[14]
CL-53 きびかぜ[14] 墨田川造船[14] 1994年(平成6年)7月28日[14] 水島(第六管区)[14]
CL-54 なちかぜ[14] 石原造船所[14] 1994年(平成6年)7月29日[14] 徳山(第六管区)[14]
CL-55 みつかぜ[14] 松山(第六管区)[14] 2011年(平成23年)3月31日[注 4]
CL-56 はたかぜ[14] ニッスイマリン[14] 門司(第七管区)[14]
CL-57 せきかぜ[14] 長崎造船[14] 大分(第七管区)[14]
平成5年度
第3次補正
CL-58 てるかぜ[14] 木曽造船[14] 1995年(平成7年)1月27日[14] 福島(第二管区)[14]
CL-59 しまかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1995年(平成7年)1月31日[14] 石巻(第二管区)[14]
CL-60 ささかぜ[14] 気仙沼(第二管区)[14]
CL-61 きいかぜ[14] 信貴造船所[14] 1995年(平成7年)1月26日[14] 和歌山(第五管区)[14]
CL-62 いきかぜ[14] 長崎造船[14] 1995年(平成7年)1月27日[14] 壱岐(第七管区)[14]
CL-63 みねかぜ[14] 五島(第七管区)[14]
CL-64 とりかぜ[14] ニッスイマリン[14] 1995年(平成7年)1月26日[14] 鳥取(第八管区[14]
CL-65 あまかぜ[14] 墨田川造船[14] 1995年(平成7年)1月30日[14] 宮津(第八管区)[14]
CL-66 あおかぜ[14] 小浜(第八管区)[14]
CL-67[14] おぎかぜ[14]
→ くにかぜ[14]
石原造船所[14] 1995年(平成7年)1月31日[14] 小木(第九管区
→ 岩国(第六管区)[14]
CL-68 たちかぜ[14] 1995年(平成7年)1月31日[14] 伏木(第九管区)[14]
平成6年度 CL-69 でいご[14]
→ にいかぜ[11]
1995年(平成7年)11月24日[14] 那覇(第十一管区)[14]
→ 新居浜(第六管区)[11]
CL-70 ゆうな[14]
→ ひなぎく[11]
1995年(平成7年)11月1日[14] 中城(第十一管区)[14]
→ 高松(第六管区)[11]
CL-71 あだん[14]
→ からたち[11]
墨田川造船[14] 1995年(平成7年)11月13日[14] 石垣(第十一管区)[14]
→ 尾道(第六管区)[11]
平成7年度 CL-72 きじかぜ[14] 木曽造船[14] 1996年(平成8年)3月28日[14] 釜石(第二管区)[14]
CL-73 はつかぜ[14] 1996年(平成8年)2月29日[14] 宮古(第二管区)[14]
CL-74 ゆらかぜ[14] 信貴造船所[14] 1996年(平成8年)3月19日[14] 舞鶴(第八管区)[14]
CL-75 やなかぜ[11]
→ ひのかぜ[11]
→ ひめざくら[11]
→ むつぎく[11]
長崎造船[14] 1996年(平成8年)3月22日[14] 浜田(第八管区)
→ 和歌山(第五管区)[14]
→ 姫路(第五管区)
→ 八戸(第二管区)[11]
CL-76 わしかぜ
→ とさつばき[14]
→ きたかぜ[11]
金沢(第九管区)
→ 土佐清水(第五管区)[14]
→ 稚内(第一管区)[11]
平成7年度
第2次補正
CL-77 むつかぜ[14] 墨田川造船[14] 1996年(平成8年)3月28日[14] 八戸(第二管区)[14]
CL-78 とねかぜ[14] 長崎造船[14] 1996年(平成8年)3月29日[14] 銚子(第三管区)[14]
CL-79 しずかぜ[14] ニッスイマリン[14] 1996年(平成8年)3月28日[14] 清水(第三管区)[14]
西宮(第五管区)[11]
CL-80 こまかぜ[14] 信貴造船所[14] 大阪(第五管区)[14] (配属替えに伴い改名)
はつぎく[11] 志布志(第十管区)[4]
→ 千葉(第三管区)[11]
CL-81 ゆきかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1996年(平成8年)7月30日[14] 花咲(第一管区)[14]
CL-82 なかかぜ[14] 茨城(第三管区)[14]
CL-83 かわかぜ[14] 木曽造船[14] 1996年(平成8年)6月19日[14] 呉(第六管区)[14]
CL-84 きよかぜ[14] 石原造船所[14] 1996年(平成8年)7月30日[14] 門司(第七管区)[14]
CL-85 ひこかぜ[14]
→ はまぎく[11]
墨田川造船[14] 1996年(平成8年)6月28日[14] 下関(第七管区)[14]
→ 新居浜(第六管区)[11]
CL-86 おさかぜ[14] ニッスイマリン[14] 1996年(平成8年)6月19日[14] 下関(第七管区)[14]
CL-87 わかかぜ[14] 信貴造船所[14] 1996年(平成8年)7月31日[14] 若松(第七管区)[14]
CL-88 いけかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1996年(平成8年)6月28日[14] 三池(第七管区)[14]
CL-89 のもかぜ[14] 長崎造船[14] 長崎(第七管区)[14]
CL-90 ゆみかぜ[14] 信貴造船所[14] 1996年(平成8年)6月26日[14] 伊万里(第七管区)[14]
CL-91 くまかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1996年(平成8年)6月28日[14] 熊本(第十管区)[14]
平成7年度 CL-92 はるかぜ[14] 石原造船所[14] 1996年(平成8年)11月1日[11] 名瀬(第十管区)[14]
→ 中部空港(第四管区)
→ 名古屋(第四管区)[11]
CL-93 ほしかぜ[14]
→ さるびあ[11]
1996年(平成8年)11月18日[14] 古仁屋(第十管区)[14]
→ 四日市(第四管区)[11]
平成8年度
補正
CL-94 おいつかぜ[14] 木曽造船[14] 1997年(平成9年)11月25日[14] 宇和島(第六管区)[14]
CL-95 こちかぜ[14] 石原造船所[14] 福岡(第七管区)[14]
CL-96 はまなす[14] 隅田川造船所[14] 1997年(平成9年)12月18日[14] 留萌(第一管区)[14]
CL-97 あかしあ[14] 瀬棚(第一管区)[14]
CL-98 とさみずき[14] 信貴造船所[14] 高知(第五管区)[14]
CL-99 おきかぜ[14]
→ もくれん[11]
石原造船所[14] 唐津[14]→ 若松[11]
(第七管区)
CL-100 さちかぜ[14] ニッスイマリン[14] 1997年(平成9年)12月19日[14] 佐伯(第七管区)[14]
CL-101 おぎかぜ[14] 横浜ヨット[14] 1997年(平成9年)12月18日[14] 能登(第九管区)[14]
CL-102 なつかぜ[14] 長崎造船[14] 八代(第十管区)[14]
平成10年度
第3次補正[14]
CL-103 さわかぜ[14] 墨田川造船[14] 1999年(平成11年)3月31日[14] 青森(第二管区)[14]
CL-104 べにばな[14] 酒田(第二管区)[14]
CL-105 やまざくら[14] 横浜ヨット[14] 1999年(平成11年)3月30日[14] 若松(第七管区)[14]
CL-106 かいどう[14] 平戸(第七管区)[14]
CL-107 さざんか[14] 仙崎(第七管区)[14]
CL-108 あおい[14] ニッスイマリン[14] 1999年(平成11年)3月31日[14] 舞鶴(第八管区)[14]
CL-109 すいせん[14]
→ のげかぜ[11]
墨田川造船[14] 敦賀(第八管区)[14]
→ 横浜(第三管区)[11]
CL-110 やえざくら[14] 木曽造船[14] 1999年(平成11年)3月30日[14] 境(第八管区)[14]
CL-111 やなかぜ[14] 石原造船所[14] 浜田(第八管区)[14]
CL-112 ゆきつばき[14] 墨田川造船[14] 1999年(平成11年)3月31日[14] 新潟(第九管区)[14]
CL-113 わしかぜ[14]
→ さぎかぜ[11]
石原造船所[14] 1999年(平成11年)3月30日[14] 金沢(第九管区)
→ 姫路(第五管区)[11]
平成11年度
予備費[14]
CL-114 のげかぜ[14]
→ げっとう[11]
2000年(平成12年)3月9日[14] 横浜(第三管区)[14]
→ 那覇(第十一管区)[11]
平成12年度
補正[14]
CL-115 いまかぜ[14] 長崎造船[14] 2001年(平成13年)3月30日[14] 今治(第六管区)[14]
CL-116 こまくさ[14]
→ みえかぜ[11]
信貴造船所[14] 名古屋[14]→尾鷲[11]
(第四管区)
CL-117 しらぎく[14]
→ とさつばき[11]
石原造船所[14] 神戸[14]→土佐清水[11]
(第五管区)
CL-118 かつかぜ[14] 横浜ヨット[14] 2001年(平成13年)3月29日[14] 勝浦(第三管区)[14]
CL-119 さつき[14] ニッスイマリン[14] 2001年(平成13年)3月30日[14] 宮崎(第十管区)[14]
平成13年度
第1次補正[14]
CL-120 やぐるま[14] 墨田川造船[14] 2002年(平成14年)3月29日[11] 小樽(第一管区)[11]
CL-121 むろかぜ[11] 石原造船所[11] 田辺(第五管区)[11]
CL-122 ふよう[11] 信貴造船所[11] 福岡(第七管区)[11]
CL-123 つばき[11] 木曽造船[11] 佐世保(第七管区)[11]
CL-124 ひごかぜ[11] 石原造船所[11] 熊本(第十管区)[11]
CL-125 しらはぎ[11] 墨田川造船[11] 宮城(第二管区)[11]
CL-126 あしび[11] 石原造船所[11] 美波(第五管区)[11]
CL-127 すいれん[11] 三池(第七管区)[11]
CL-128 こうばい[11] 墨田川造船[11] 長崎(第七管区)[11]
CL-129 やまゆり[11] 横浜(第三管区)[11]
CL-130 くりかぜ[11] 横須賀(第三管区)[11]
CL-131 そらかぜ[11] 横浜ヨット[11] 関空(第五管区)[11]
CL-132 むらかぜ[11] ニッスイマリン[11] 佐世保(第七管区)[11]
CL-133 あいかぜ[11] 佐世保(第七管区)[11]
平成13年度
第2次補正[11]
CL-134 あやめ[11] 墨田川造船[11] 2002年(平成14年)12月16日[11] 岸和田(第五管区)[11]
平成17年度
補正[11]
CL-135 いそぎく[11] 2007年(平成19年)3月16日[11] 東京(第三管区)[11]
CL-136 やまぶき[11] 2007年(平成19年)3月22日[11] 東京(第三管区)[11]
CL-137 みおかぜ[11] 長崎造船[11] 大阪(第五管区)[11]
CL-138 こまかぜ[11] 大阪(第五管区)[11]
CL-139 ときくさ[11] 墨田川造船[11] 佐渡(第九管区)[11]
平成18年度[11] CL-140 ひだかぜ[11] 名古屋(第四管区)[11]
CL-141 しらぎく[11] 神戸(第五管区)[11]
CL-142 ひめざくら[11] 木曽造船[11] 姫路(第五管区)[11]
平成18年度
補正[11]
CL-143 すずかぜ[11] 墨田川造船[11] 2008年(平成20年)3月31日[11] 小樽(第一管区)[11]
CL-144 すぎかぜ[11] 長崎造船[11] 秋田(第二管区)[11]
CL-145 さとざくら[11] 2008年(平成20年)3月27日[11] 門司(第七管区)[11]
CL-146 ひこかぜ[11] 木曽造船[11] 2008年(平成20年)3月26日[11] 下関(第七管区)[11]
CL-147 すいせん[11] 長崎造船[11] 2008年(平成20年)3月27日[11] 敦賀(第八管区)[11]
CL-148 みほぎく[11] 境(第八管区)[11]
CL-149 こしかぜ[11] 木曽造船[11] 2008年(平成20年)3月26日[11] 新潟(第九管区)[11]
CL-150 わしかぜ[11] 三保造船所[11] 金沢(第九管区)[11]
平成19年度
補正[11]
CL-151 るりかぜ[11] 墨田川造船[11] 2009年(平成21年)3月31日[11] 串木野(第十管区)[11]
CL-152 うけゆり[11] 古仁屋→指宿[11]
(第十管区)
CL-153 でいご[11] 那覇(第十一管区)[11]
CL-154 あだん[11] 石垣(第十一管区)[11]
CL-155 ゆうな[11] 中城(第十一管区)[11]
CL-156 しろかぜ[11] 長崎造船[11] 2009年(平成21年)3月27日[11] 鹿児島→宮崎[11]
(第十管区)
CL-157 ほこかぜ[11] 木曽造船[11] 2009年(平成21年)3月26日[11] 日向(第十管区)[11]
CL-158 さくらかぜ[11] 長崎造船[11] 2009年(平成21年)3月27日[11] 喜入(第十管区)[11]
CL-159 みほかぜ[11] 墨田川造船[11] 2009年(平成21年)11月30日[11] 清水(第三管区)[11]
平成20年度
第1次補正[11]
CL-160 いせぎく[11] 三保造船所[11] 2009年(平成21年)11月27日[11] 四日市(第四管区)[11]
CL-161 くれかぜ[11] 木曽造船[11] 2009年(平成21年)11月26日[11] 呉(第六管区)[11]
CL-162 いよざくら[11] 松山(第六管区)[11]
CL-163 まつかぜ[11] 墨田川造船[11] 2009年(平成21年)11月25日[11] 唐津(第七管区)[11]
平成21年度[11] CL-164 たまかぜ[11] 2010年(平成22年)2月24日[11] 川崎(第三管区)[11]
CL-165 てるぎく[11] 長崎造船[11] 2010年(平成22年)3月30日[11] 大阪(第五管区)[11]
平成22年度[11] CL-166 こざくら[11] 2011年(平成23年)3月15日[11] 室蘭(第一管区)[11]
CL-167 えぞかぜ[11] 苫小牧→ 室蘭[11]
(第一管区)
CL-168 やまぎく[11] 木曽造船[11] 宇部(第七管区)[11]
CL-169 ことざくら[11] 墨田川造船[11] 佐世保(第七管区)
平成22年度
予備費[11]
CL-170 すずらん[11] 2011年(平成23年)3月25日[11] 函館(第一管区)[11]
CL-171 ちよかぜ[11] 室蘭(第一管区)[11]
平成26年度
補正[11]
CL-01 さつかぜ[11] 2016年(平成28年)3月24日[11] 鹿児島(第十管区)[11]
CL-02 りんどう[11] 志布志(第十管区)[11]
平成28年度[11] CL-03 なだかぜ[11] 木曽造船[11] 2017年(平成29年)3月15日[11] 神戸(第五管区)[11]
CL-04 ことかぜ[11] 坂出(第六管区)[11]
平成28年度
第2次補正[11]
CL-172 あさかぜ[11] 長崎造船[11] 2018年(平成30年)3月13日[11] 釧路(第一管区)[11]
平成29年度[11] CL-173 うきかぜ[11] 木曽造船[11] 2018年(平成30年)3月30日[11] 尾道(第六管区)[11]
CL-174 みやかぜ[11] 墨田川造船[11] 2018年(平成30年)3月26日[11] 名古屋(第四管区)[11]
平成29年度
補正[11]
CL-175 ひばかぜ[11] 墨田川造船[11] 2019年(平成31年)3月19日[11] 青森(第二管区)[11]
平成30年度[11] CL-176 ひめぎく[11] 木曽造船[11] 姫路(第五管区)[11]
CL-177 ふじかぜ[11] 墨田川造船[11] 清水(第三管区)[11]
CL-178 たかかぜ[11] 長崎造船[11] 2019年(平成31年)3月20日[11] 若松(第七管区)[11]
CL-179 ふさかぜ[11] 木曽造船[11] 2018年(平成30年)11月30日[11] 千葉(第三管区)[11]
CL-180 うずかぜ[11] 2019年(平成31年)3月19日[11] 徳島(第五管区)[11]
CL-181 きぬかぜ[11] 長崎造船[11] 2018年(平成30年)12月20日[11] 衣浦(第四管区)[11]
平成30年度
第2次補正[11]
CL-182 とまかぜ[11] 墨田川造船[11] 2020年(令和2年)3月10日[11] 苫小牧(第一管区)[11]
CL-183 ゆりかぜ[11] 長崎造船[11] 2020年(令和2年)3月19日[11] 東京(第三管区)[11]
令和元年度[11] CL-184 うめかぜ[11] 2020年(令和2年)3月6日[11] 鹿島(第三管区)[11]
CL-185 あきかぜ[11] 木曽造船[11] 2020年(令和2年)3月19日[11] 広島(第六管区)[11]
平成30年度
第2次補正[11]
CL-186 もじかぜ[11] 長崎造船[11] 2020年(令和2年)2月7日[11] 門司(第七管区)[11]
CL-187 まやかぜ[11] 本瓦造船[11] 2020年(令和2年)3月17日[11] 加古川(第五管区)[11]
CL-188 せとかぜ[11] 木曽造船[11] 2020年(令和2年)3月19日[11] 玉野(第六管区)[11]
令和2年度[11] CL-189 ぶんごうめ[17] 墨田川造船[17] 2021年(令和3年)3月9日[17] 大分(第七管区)[17]
CL-190 くがかぜ[17] 柳井(第六管区)[17]
令和元年度
補正[17]
CL-191 はすかぜ[17] 木曽造船[17] 2021年(令和3年)2月25日[17] 千葉(第三管区)[17]
CL-192 きみかぜ[17] 2021年(令和3年)3月22日[17] 木更津(第三管区)[17]
CL-193 ひめかぜ[17] 長崎造船[17] 2021年(令和3年)2月19日[17] 三河(第四管区)[17]
CL-194 しぎかぜ[17] 本瓦造船[17] 2021年(令和3年)3月22日[17] 堺(第五管区)[17]

登場作品編集

映画編集

海猿シリーズ
LIMIT OF LOVE 海猿
「CL-17 さたかぜ」「CL-47 さつかぜ」「CL-119 さつき」が登場。鹿児島湾にて、フェリー「くろーばー号」が座礁する海難事故が発生したことを受け、現場海域へ急行し救助活動にあたる。
THE LAST MESSAGE 海猿
「CL-86 おさかぜ」「CL-87 わかかぜ」が登場。福岡沖にて、天然ガス採掘プラント「レガリア」にドリルシップが衝突する海難事故が発生したことを受け、現場海域へ急行し救助活動にあたる。
BRAVE HEARTS 海猿
「CL-19 ゆりかぜ」「CL-49 あわかぜ」「CL-129 やまゆり」が登場。左翼エンジンが爆発したボーイング747-400東京湾内に海上着水することを受け、着水する海域の近くで待機し、着水が成功すると直ちに接近して救助活動を開始する。
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
「CL-136 やまぶき」が登場。東京湾を航行するフェリーが濃霧のため海ほたるに衝突したことを受け、現場海域へ急行し乗員・乗客の救助活動を行う。

漫画編集

大怪獣激闘 ガメラ対バルゴン COMIC VERSION
「CL-114 のげかぜ」が登場。神奈川県沖を漂流していたプレジャーボートを調査するが、バルゴンが発した冷気によって一帯の海域が凍結したことで、身動きが取れなくなってしまう。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 平成5年度型~平成12年度補正型:原型とは建造年度が重複する期間がある。
  2. ^ 平成6年度型、平成7年度型、平成11年度予備費、平成19年度補正建造の一部。
  3. ^ 袖ヶ浦分室廃止に伴い配属替え
  4. ^ 2011年3月11日、航行不能となっていた「いよざくら」の救助中に座礁し大破[18]。本型として初の解役となった[11]

出典編集

  1. ^ a b Wertheim 2013, pp. 391-392.
  2. ^ a b c d 徳永 & 大塚 1995, pp. 139-140.
  3. ^ a b c d e f g 海人社 2003, pp. 165-167.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 海人社 2014, pp. 81-84.
  5. ^ 徳永 & 大塚 1995, pp. 95-96.
  6. ^ a b 海人社 1995.
  7. ^ a b 令和元年度入札結果”. 第7管区海上保安本部. 20200604閲覧。
  8. ^ 佐藤 2008.
  9. ^ a b c d e f g h 海人社 2020.
  10. ^ 海人社 2010, p. 77.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi gj gk gl gm gn go gp gq gr gs gt gu gv gw gx gy gz ha hb hc hd he hf hg hh hi hj hk hl hm hn ho hp hq hr hs ht hu hv hw hx hy hz ia ib ic id ie if ig ih ii ij ik il im in io ip iq ir is it iu iv iw ix iy iz ja jb jc jd je jf jg jh ji jj jk jl jm jn jo jp jq jr js jt ju jv jw jx jy jz ka kb kc kd 海人社 2020b, pp. 80-83.
  12. ^ 海人社 2020b, p. 79.
  13. ^ a b 海人社 2020b, p. 84.
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi gj gk gl gm gn go gp gq gr gs gt gu gv gw gx gy gz ha hb hc hd he hf hg hh hi hj hk hl hm hn ho hp hq hr hs ht hu hv hw hx hy hz ia ib ic id ie if ig ih ii ij ik il im in io ip iq ir is it iu iv iw ix iy iz ja jb jc jd je jf jg jh ji jj jk jl jm jn jo jp jq jr js jt ju jv jw jx jy jz ka kb kc kd ke kf kg kh ki kj kk kl km kn ko kp kq kr ks kt ku kv kw kx ky kz la lb lc ld le lf lg lh li lj lk ll lm ln lo lp lq lr ls lt lu lv lw lx ly lz ma mb mc md me mf mg mh mi mj mk ml mm mn mo mp mq mr ms mt mu mv mw mx my mz na nb nc nd ne nf ng nh ni nj nk nl nm nn no np nq nr ns nt nu nv nw nx ny nz oa ob oc od 海人社 2002, pp. 93-95.
  15. ^ a b c d e f g h 海人社 2019.
  16. ^ a b c 海人社 2018.
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 海人社 2021.
  18. ^ 船舶事故概要”. 国土交通省運輸安全委員会. 2020年8月26日閲覧。

参考文献編集

  • 海人社編「宮津海上保安署のニューフェース 20メートル型巡視艇「あまかぜ」を見る」『世界の艦船』第497号、海人社、1995年6月、 44頁。
  • 海人社編「警備救難業務用船 (写真特集・海上保安庁現有船艇の全容)」『世界の艦船』第595号、海人社、2002年5月、 57-104頁、 NAID 40002156309
  • 海人社編「海上保安庁全船艇史」『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 NAID 40005855317
  • 海人社編「警備救難業務用船 (海上保安庁現有船艇の全容)」『世界の艦船』第726号、海人社、2010年7月、 NAID 40017138092
  • 海人社編「警備救難業務用船 (海上保安庁船艇の全容)」『世界の艦船』第800号、海人社、2014年7月、 81-84頁、 NAID 40020105550
  • 海人社編「海上自衛隊・海上保安庁 艦船の動向 : 平成29年度を顧みて」『世界の艦船』第881号、海人社、2018年7月、 195-201頁、 NAID 40021585590
  • 海人社編「海上自衛隊・海上保安庁 艦船の動向 : 平成30年度を顧みて」『世界の艦船』第903号、海人社、2019年7月、 157-163頁、 NAID 40021926537
  • 海人社編「海上自衛隊・海上保安庁 艦船の動向 : 令和元年度を顧みて」『世界の艦船』第927号、海人社、2020年7月、 141-147頁、 NAID 40022262326
  • 海人社編「海上自衛隊・海上保安庁 艦船の動向 : 令和2年度を顧みて」『世界の艦船』第951号、海人社、2021年7月、 141-146頁。
  • 海人社編「海上保安庁船艇の全容」『世界の艦船』第933号、海人社、2020年10月、 37-101頁。
  • 佐藤, 一也「4サイクルディーゼル機関の技術系統化調査」『国立科学博物館 技術の系統化調査報告』第12集、国立科学博物館、2008年3月、 NCID AA12031302
  • 徳永, 陽一郎、大塚, 至毅『海上保安庁 船艇と航空 (交通ブックス205)』成山堂書店、1995年。ISBN 4-425-77041-2
  • Wertheim, Eric (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. ISBN 978-1591149545