すばらしきわが人生

すばらしき わが人生(すばらしき わがじんせい)とは、創価学会系列企業であるシナノ企画から発売されていたビデオ作品のシリーズである。

作品概要編集

すべてVHSビデオである。1992年(平成4年)2月1日に発売された「すばらしきわが人生」(第1作)以降、Part6までの作品が制作されたが、同社のVHS作品取り扱い中止に伴い、2010年(平成22年)12月21日の最終受付をもって販売終了となったことが2011年(平成23年)1月5日に発表された[1]。なお、Part3については、2004年前半から欠番扱い[2]となっていた。

発売リストと内容編集

すばらしき わが人生
出典 : [3]
すばらしき わが人生 Part3
出典 : [4]
すばらしき わが人生 Part5
出典 : [5]
  • シナノ企画作品番号 : VC-111
  • 出演者 : 雪村いづみ
  • 収録時間 : 15分
  • 発売日 : 1999年(平成11年)1月1日
  • 価格 : 1,400円
すばらしき わが人生 Part2
出典 : [6]
すばらしき わが人生 Part4
出典 : [7]
  • シナノ企画作品番号 : VC-100
  • 出演者 : 柴田理恵(久本雅美も登場)
  • 収録時間 : 15分
  • 発売日 : 1998年(平成10年)1月1日
  • 価格 : 1,400円
すばらしき わが人生 Part6
出典 : [8]

ネット上での人気編集

Part2の久本が池田大作名誉会長から漫才を褒められて「頭がパーン」となったと語るシーン[9]MAD素材の定番として知られていた[10][11]

2013年(平成25年)10月22日には、創価学会がISPであるGMOインターネットを相手取りアップロード者の情報開示を請求した裁判において、東京地方裁判所は創価学会の主張を認め情報開示を命じる判決を出した[12][13]

脚注編集

  1. ^ “VHSビデオ版(全商品)の販売のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), シナノ企画, (2011年1月15日), http://www.shinanokikaku.co.jp/news/detail.php?news_id=28 2012年3月22日閲覧。 
  2. ^ 2004(平成16)年4月14日当時の作品一覧2004年()6月2日当時の作品一覧の比較より。
  3. ^ 『すばらしき わが人生』
  4. ^ ビデオ作品案内”. 2004年4月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  5. ^ 『すばらしき わが人生 Part5』
  6. ^ 『すばらしき わが人生 Part2』
  7. ^ 『すばらしき わが人生 Part4』
  8. ^ 『すばらしき わが人生 Part6』
  9. ^ 正確には作中での発言は「パーンってなりましたね、頭が」というもので、「頭がパーン」という発言があったわけではない。
  10. ^ “久本雅美「頭がパーン」動画で創価学会が情報開示請求”. ねとらぼ. (2013年10月24日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1310/24/news115.html 2015年11月19日閲覧。 
  11. ^ “久本雅美「頭パーン」動画に創価学会が警告も……ネットはお祭り騒ぎで拡散中!?”. 日刊サイゾー. (2013年10月25日). http://www.cyzo.com/2013/10/post_14930.html 2015年11月19日閲覧。 
  12. ^ 東京地裁判決 2013年10月22日 、平成25(ワ)15365、『発信者情報開示請求事件』。
  13. ^ “ニコ動「頭がパーン」MADアップロード主の情報、地裁が開示命令 創価学会の請求認める”. ITmedia. (2013年10月24日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1310/24/news094.html 2015年11月19日閲覧。 

参考文献編集

書籍編集

  • アスペクト『ニコニコ動画を200%楽しむ本』アスペクト、東京、2008年2月25日。ISBN 978-4757214644

ビデオ作品編集

外部リンク編集