すまいるは、福井県福井市で運行されていたコミュニティバス第三セクターまちづくり福井が運行主体となり、京福バスに運行を委託していた[1][2][3]2021年令和3年)10月1日に、受託運行していた京福バスが一般路線バスとして編入[4][5]。同日より「すまいるバス」の名称で運行を開始した。

すまいる(城東・日之出方面)

概要編集

福井市中心市街地の活性化、ならびに学生や高齢者といった交通弱者のバス利用の機会を高めるために運行を開始したコミュニティバスである[1]福井商工会議所と福井県バス協会が共同で試行実験を行った後[1]、そのニーズの必要性を認識した中心市街地の商店会が引継ぎ、最終的には福井市がまちづくり福井に委託する形で本格運行を開始した。

愛称「すまいる」には、笑顔という意味のsmileに加えて、機動性をイメージする言葉として「住まい(地域)の中に入」、また停留場をこまめに設置することから「ショートマイル」すなわち身近な交通移動手段である意味を込めている。

運賃は100円均一とし、利用しやすいように車両を小型化し循環ルートでの運行とした[1]。利用しやすいという声がある反面、狭隘道路を走るルートがあるため遅れが生じやすい面がある[1]。一方、乗客数は2007年度に約54万9千人を記録して以降減少しており、2018年度には約42万4千人まで減少していた[2]

沿革編集

  • 1999年8月 - 福井商工会議所が北西~北ルート試験運転開始
  • 1999年11月 - 福井駅前商店街が主体となった実験に移行
  • 2000年1月 - これらの実績を踏まえて福井市が中心市街地活性化計画の一環としてこの実験を継承
  • 2000年4月 - 西~南西ルート試験運転開始
  • 2000年4月1日 - 北西~北ルート本格運行に移行
  • 2000年6月15日 - 西~南西ルート本格運行に移行
  • 2001年4月 - 南~南東ルート試験運転開始
  • 2001年6月 - 東~北東ルート試験運転開始
  • 2001年7月1日 - 南~南東ルート本格運行に移行
  • 2001年9月1日 - 東~北東ルート本格運行に移行
  • 2006年7月10日 - 東~北東ルート・南~南東ルートの経路を一部変更。
  • 2007年1月14日 - 運行開始からの累計利用者が300万人を突破。
  • 2008年1月11日 - 東~北東ルート・南~南東ルートと同じルートで、京福バスが一般乗合路線として深夜バスの実験運行開始。
  • 2008年9月26日 - 利用実績の不振に伴い、深夜バスの実験運行終了。
  • 2008年10月1日 - 1日300円のフリー乗車券発売開始。
  • 2010年2月1日 - 車内の液晶ディスプレイの案内表示がリニューアルされた。
  • 2011年3月20日 - 福井地区限定の地域型電子マネー「ICOUSA」(イコウサ)を導入(乗車カード兼用)[6]
  • 2019年4月1日 - 全ルートで改正、【北ルート】逆回り運行・一部ルート変更、【西ルート】バス停廃止・ダイヤ改正、【南ルート】一部ルート変更・ダイヤ改正、【東ルート】一部ルート変更・ダイヤ改正
  • 2021年10月1日 - すまいるバスの全路線を京福バスへ移管[5]、一般路線バスに移行[4]。ICOUSAの取り扱いを終了[7]

運賃編集

大人・小児とも1乗車100円[1][2]。前払い方式を採用している。

2014年消費税税率改定時には運賃を据え置いたが、2019年消費税率改定時に、福井市は国土交通省中部運輸局に運賃を110円に値上げする申請を行った[2]。その後に福井市議会で、値上げすると利用者が減少するという意見や100円を維持すべきとする意見が出た。福井市は市議会の意見を踏まえて中部運輸局への申請を取り下げ、税率改定後も100円を維持する方針とした[2]

京福バスへの路線委譲後は、当面の間は100円均一運賃を維持する予定であるが[5]、状況によっては運賃を見直しする場合もあるとしている[5]

路線編集

 
すまいるのバス停(福井市役所前バス停、現存せず)

主要バス停のみ記載。2021年10月以降の路線・運行ダイヤの詳細は、京福バス公式サイトを参照。

試験運行以来、北陸本線福井駅西口から西約200mの路上に位置した「駅前商店街」停留所(現在の同名停留所とは別の地点)を発着地としていたが、2016年3月の同駅西口交通広場のバス専用ロータリー供用時に同所へ乗り入れを開始して「福井駅」6番のりばへ移し、同日延伸された福井鉄道福武線(軌道線支線)の福井駅停留場に隣接する位置となった。福井駅周辺の市街地を中心に、東西南北の4方面へ片方向(2019年4月以降は各方面全体を見た場合いずれも左回り)のみの環状運転を行っている。路線バスへの移行後は、各路線とも45分間隔の運行となっている[5]

北ルート(田原・文京方面)編集

(赤色

  • 運行ルート:福井駅北→城町→養浩館口江戸上町→松本2丁目→西別院駅前→北陸高校東→宮前町→護国神社前→藤島高校前(県立美術館前)→田原町駅(フェニックス・プラザ西)→春山2丁目→大名町(福井市役所口)

西ルート(照手・足羽方面)編集

(緑色

  • 運行ルート:駅前商店街→中央→片町商店街→呉服町商店街→照手→花月→照手→光陽→新明里橋→足羽→桃園→足羽→愛宕坂→浜町→駅前電車通り→駅前商店街

南ルート(木田・板垣方面)編集

(銀色

  • 運行ルート:手寄1丁目→春日1丁目→木田さざんか児童館前→板垣中央公園口→羽水高校前→西方1丁目→駅前南通り商店街

東ルート(城東・日之出方面)編集

(青色

  • 運行ルート:福井駅東口→城東2丁目中央→健康管理センター前→御幸4丁目→北四ツ居1丁目→米松1丁目→県立病院口→松本車庫→観音町商店街

ルート沿線の施設編集

田原・文京方面編集

照手・足羽方面編集

木田・板垣方面編集

城東・日之出方面編集

運行車両編集

運行車両の塗色
  • 田原・文京方面 - ポンチョ(879、2017年製・SDG-HX9JLBE)[8] 車体ベース色:
  • 照手・足羽方面 - ポンチョ(947、2018年製・2DG-HX9JLCE)[9] 車体ベース色:
  • 木田・板垣方面 - レインボー(116、2001年製・KK-HR1JEEE)[10] 車体ベース色:
  • 城東・日之出方面 - ポンチョ(810、2016年製・SDG-HX9JLBE)[11] 車体ベース色:
  • 予備車(代理車) - レインボー(117、2001年製・KK-HR1JEEE)[10] 車体ベース色:

ICカード編集

ICOUSA(イコウサ)は、2011年3月に導入したICカード。主に「すまいる」での運賃の決済に使用された[12][13]FeliCaを採用したICカードで[6]、バスでの利用のほかに、提携する4店舗[13]で利用できる電子マネーとしての決済が可能。ICOCAなどの交通系ICカードとの相互利用ができず(片利用も不可)、利用メリットが小さいため発行開始から2年間で約1500枚に留まった[13]。当初利用できた店舗は閉鎖されるなどしてカードの利用ができなくなり[12]、バス運賃の決済専用のカードへ移行[14]。最終的に2021年9月30日をもって取り扱い終了することとなった[15]

なお、2018年9月15日に、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線でICOCAを導入したが、福井鉄道はICOCA導入を検討しているものの[16]、京福バスも含めた「すまいる」においての今後の扱いは未定となっている。

カード概要
  • 1枚につき300円のデポジット(預り金)
  • 1000円単位のチャージで、2万円まで入金が可能
  • 発売箇所:まちづくり福井(平日のみ取り扱い)、ウェルカムセンター(福井市観光案内所、ハピリン

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 全国のバス再生事例集 事例23 福井市コミュニティバス「すまいる」 (PDF)”. 国土交通省自動車局. 2019年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e 消費税増税後も「100円バス」維持 福井市のコミュニティーバス「すまいる」”. 福井新聞ONLINE (2019年8月28日). 2020年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年12月21日閲覧。
  3. ^ バスマガジン 2021, p. 46.
  4. ^ a b 2021年10月1日 改正情報について”. 京福バス (2021年9月10日). 2021年12月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e 「「すまいる」路線バスにきょうから 運行45分間隔」『福井新聞』、2021年10月1日、25面。
  6. ^ a b 三セクがICカード、福井市、バスや買い物で利用可。”. 日経メッセ NFC & Smart WORLD (2011年2月23日). 2019年5月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年9月30日閲覧。
  7. ^ “ICカード ICOUSA(イコウサ)取扱い終了及び払戻し実施のご案内” (PDF) (プレスリリース), まちづくり福井, オリジナルの2022年1月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220118035208/http://www.ftmo.co.jp/000_adm/data/20217182415.pdf 2022年2月10日閲覧。 
  8. ^ バスマガジン 2018, p. 58.
  9. ^ バスマガジン 2018, p. 50.
  10. ^ a b バスマガジン 2018, p. 56.
  11. ^ バスマガジン 2018, p. 57.
  12. ^ a b 日本一残念な交通系ICカード「ICOUSA」 どうしてこうなった?社長を直撃すると...”. Jタウンネット (2019年2月19日). 2019年5月14日閲覧。
  13. ^ a b c むしろ欲しくなる!『日本一ダメな交通系ICカード』として話題の「ICOUSA」とは?”. FINDERS (2019年2月19日). 2019年5月14日閲覧。
  14. ^ バスマガジン 2021, p. 48.
  15. ^ “ICカード ICOUSA(イコウサ)取扱い終了及び払戻し実施のご案内” (プレスリリース), まちづくり福井株式会社, http://www.ftmo.co.jp/000_adm/data/20217182415.pdf 2021年7月6日閲覧。 
  16. ^ “福鉄とバス 「イコカ」検討 福井県6市町、交通網5カ年計画案”. 日本経済新聞. (2017年12月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24340780W7A201C1LB0000/ 2019年5月14日閲覧。 

参考文献編集

  • バスマガジン vol.91』講談社講談社ビーシー、2018年9月27日。ISBN 978-4-06-513416-0 
  • 『バスマガジン vol.105』講談社・講談社ビーシー、2021年1月27日。ISBN 978-4-06-523034-3 

関連項目編集

外部リンク編集