メインメニューを開く

ずっと真夜中でいいのに。(ずっとまよなかでいいのに、英文表記: ZUTOMAYO)は、日本音楽ユニット。通称は「ずとまよ」。正式なメンバー編成や素性がほとんど明かされておらず、フロントマンとして活動するACAねのソロユニットであるか否かも現時点では不明。

ずっと真夜中でいいのに。
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2018年 -
レーベル EMI Records
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト ずっと真夜中でいいのに。OFFICIAL SITE
メンバー ACAねボーカル

2018年6月4日、動画投稿サイトYouTubeへ「秒針を噛む」のミュージックビデオを投稿し活動開始。同年10月にミニアルバム「正しい偽りからの起床」をリリースし、EMI Recordsからメジャーデビューを果たした。

目次

経歴編集

2018-19 : 活動開始 ~ メジャーデビュー編集

2018年編集

2018年6月4日より活動開始。動画投稿サイトYouTubeへユニットの処女作となる「秒針を噛む」のミュージックビデオをアップロード。ボーカロイドクリエイターのぬゆりが作曲(ACAねと共作)・編曲として参加、アニメーターのWabokuが映像を手がけた。全くの新人ながら動画は驚異的な伸びを見せ、およそ1週間で20万再生を記録。リスナーによるファンアート、カバー動画の拡散などでさらなる伸びを見せ、翌年1月時点で1300万回再生を突破した[1]。また、2019年4月17日には2000万回再生を突破した。
8月29日に代官山LOOPにて完全抽選制プレミアライブ「真夜中じゃないけど夜にするライブ」を開催[2]
10月12日に2作目となる「脳裏上のクラッカー」のミュージックビデオを公開[3]
11月6日に3作目となる「ヒューマノイド」のミュージックビデオを公開[4]
11月14日にメジャーデビュー作となるミニアルバム『正しい偽りからの起床』をリリース。アルバムはオリコンBillboard JAPANなど主要チャートで上位にランクインするスマッシュヒットを記録し、翌年発表されたCDショップ大賞の入賞作品に選出されるなど音楽的評価も集まった[5]

2019年編集

1月11日に初の正式なワンマンライブ「1st LIVE 〜まだ偽りでありんす。〜」を開催。チケットの即完を受けて、追加公演としてライブツアー「東名阪ツアー1st LIVE 〜まだまだ偽りでありんす。〜」の開催がアナウンスされた[6]。初のツアーを控える中、1月11日のライブで一部を先行公開していた「眩しいDNAだけ」のミュージックビデオを公開し、同月26日より配信シングルとしてリリースした[7][8]
6月に2枚目のミニアルバムである『今は今で誓いは笑みで』をリリース予定。
8月にはZepp DiverCity Tokyoにて2日間のワンマンライブ「夏休みLIVE 〜水飲み場にて笑みの契約〜」を開催予定[9]

メンバー編集

正式メンバー編集

ACAね
女性。生年月日不明。楽曲において作詞・作曲・ボーカルを担う。ユニットのフロントマンとして活動。

ディスコグラフィ編集

ミニアルバム編集

# 発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
1st 2018年11月14日 正しい偽りからの起床 CD UPCH-29308(初回生産限定盤)
UPCH-20497(通常盤)
8位
2nd 2019年6月12日 今は今で誓いは笑みで CD UPCH-29330(初回生産限定盤)
UPCH-20516(通常盤)
1位

配信デジタルシングル編集

# 発売日 タイトル 規格 収録アルバム
1st 2018年8月30日 秒針を噛む デジタル・ダウンロード 正しい偽りからの起床
2nd 2018年10月24日 脳裏上のクラッカー
3rd 2018年11月7日 ヒューマノイド
4th 2019年2月27日 眩しいDNAだけ 今は今で誓いは笑みで
5th 2019年5月22日 正義
6th 2019年6月5日 勘冴えて悔しいわ

ライブ編集

日程 公演名 会場 備考
2018 8月29日 真夜中じゃないけど夜にするライブ
2019 1月11日 1st LIVE 〜まだ偽りでありんす。〜
4月4日
-
4月12日
1st LIVE 〜まだまだ偽りでありんす。〜 「1st LIVE 〜まだ偽りでありんす。〜」の追加公演として開催された東名阪ツアー
8月5日
-
8月6日
夏休みLIVE 〜水飲み場にて笑みの契約〜

出演編集

出演日 公演名 会場 備考
2019 7月27日 FUJI ROCK FESTIVAL '19 新潟県湯沢町 苗場スキー場 4月4日の名古屋公演にて発表され、翌日に情報が解禁された。

ミュージックビデオ編集

リリース タイトル 制作者
2018 秒針を噛む Waboku
脳裏上のクラッカー
ヒューマノイド sakiyama、notai
2019 眩しいDNAだけ
正義 革蝉

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【知りたい】ずっと真夜中でいいのに。とは何者なのか?”. rockin'on.com. rockin'on holdings (2018年10月12日). 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ 動画再生回数700万超えの『ずっと真夜中でいいのに。』謎多き超注目新人アーティストのシークレットライブレポートを掲載”. スパイス. eplus (2018年9月21日). 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ ずっと真夜中でいいのに。新曲「脳裏上のクラッカー」MV公開”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2018年10月3日). 2019年1月12日閲覧。
  4. ^ ずっと真夜中でいいのに。、新曲“ヒューマノイド”のMV公開&先行配信スタート”. rockin'on.com. rockin'on holdings (2018年11月7日). 2019年1月12日閲覧。
  5. ^ ずとまよ、いよいよ本格始動!”. rockin'on.com. rockin'on holdings (2018年12月3日). 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ ずっと真夜中でいいのに。、初ワンマンのチケット即完で追加公演として東名阪ツアー開催”. rockin'on.com. rockin'on holdings (2018年12月11日). 2019年1月12日閲覧。
  7. ^ ずっと真夜中でいいのに。の音楽は、これから想像を超える速さで広がっていく 1stライブレポート”. Real Sound. realsound (2019年1月14日). 2019年2月28日閲覧。
  8. ^ 「眩しいDNAだけ」ダウンロード&サブスクリプション配信スタート!”. ずっと真夜中でいいのに。. WATANABE ENTERTAINMENT (2019年2月27日). 2019年2月28日閲覧。
  9. ^ ずっと真夜中でいいのに。2ndミニアルバムリリース、Zepp DiverCityで2DAYSライブも”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年4月12日). 2019年4月15日閲覧。

外部リンク編集