せんだいデザインリーグ

せんだいデザインリーグは、仙台建築都市学生会議せんだいメディアテーク (smt) とが共同主催して仙台市で開催されている、建築分野における全国規模の卒業制作展。例年3月に、smtを主会場に開催されている。

せんだいデザインリーグ
卒業設計日本一決定戦
Sendai Design League
イベントの種類 展示会コンペ
通称・略称 (略称)SDL、せんだい
(異名)卒業設計の甲子園
開催時期 3月
初回開催 2002年平成14年)
会場 せんだいメディアテーク
東北大学百周年記念会館
主催 仙台建築都市学生会議
せんだいメディアテーク
後援 在仙台マスメディア各社
協賛 総合資格学院
日建学院 ほか
協力 日通航空 ほか
出展数 554作品(2010年)[1]
来場者数 3,860人(2010年)[1]
せんだいメディアテークへの交通アクセス
最寄駅 仙台市地下鉄南北線勾当台公園駅
公式サイト
備考
卒業設計日本一展」と称する受賞作品展が、後日、日本各地で開催される。

「卒業設計の甲子園」とも呼ばれる「卒業設計日本一決定戦」が開催されている。

概要編集

2002年平成14年)3月に初開催され、翌年から「卒業設計日本一決定戦」が開催されている。 それまで学生対象のコンペとして、建築学生・設計大賞が知られていたが、主宰者であった大日本土木の民事再生法申請により2001年の開催を最後に終了となった。そのため、建築学生・設計大賞において審査員であった隈研吾を始めとする建築家が、建築を学ぶ学生のためのコンペティションは必要不可欠であるとして、卒業設計日本一決定戦が生まれた。

現在では全国の大学専門学校から数多くの作品が出展されるようになり、日本最大規模の卒業設計展およびコンペに成長した[2]。そのため、「卒業設計の甲子園」とも呼ばれる[3]

2008年平成20年)には、イギリスの建築・デザイン雑誌「BLUEPRINT」に『世界で最も熱い学生イベント』として紹介され[4]2009年平成21年)の大会にはアメリカ合衆国プリンストン大学の学生が観覧に訪れる[5]など、国際的な注目も集めている。

内容編集

出展された建築模型の「展示」と「卒業設計日本一決定戦」を中心とし、特別企画として「梱包日本一決定戦」を開催している。

出展数や観客数が増加してきたため、近年はせんだいメディアテーク (smt) で展示をし、卒業設計日本一決定戦の公開審査(ファイナル)は東北大学百周年記念会館・川内萩ホールで行われるようになった。公開審査の模様は生中継でsmt内のいくつかの階でも見られるようになっており、Twitter上では学生同士の議論も同時進行している[1]

卒業設計日本一決定戦編集

第1回せんだいデザインリーグで行われた「仙台建築アワード2002」をもとに、2003年平成15年)3月の第2回せんだいデザインリーグより開催されている。出展された作品の中から賞を選出し、上から日本一賞金10万)、日本二(賞金5万円)、日本三(賞金3万円)(各1名ずつ)と特別賞(2〜3名)が授与される[3]

審査では参加作品から予選で100作品程度にしぼり、セミファイナルで10作品程度を選出し、ファイナルで受賞者を決定する。予選の翌日午前がセミファイナル、午後がファイナルという過密な日程が組まれている。

毎年5-6人の著名な建築家が審査員として招待され、各賞の選出にあたる。審査過程はすべて公開されており、審査を観戦するために建築を学ぶ学生をはじめとして約4000人が会場に詰めかける[3]

梱包日本一決定戦編集

不充分な梱包によって出展作品の破損が後を絶たないため、2008年平成20年)3月の第7回せんだいデザインリーグより特別企画として開催している[6]。当企画により、破損の数が激減したという[6]

2008年は、日本一1点、特別賞2点が選出された[7]。2009年は、日本一、日本二、日本三、および、特別賞が各1点ずつ選出された[6]。2010年は、日本一、日本二、日本三が各1点ずつ選出された[8]

沿革編集

せんだいデザインリーグ 出展数 本登録数
展示 卒業設計日本一決定戦
期間 会場 開催日 公開審査会場
1 2002年 3月9日17日 smt
2 2003年 3月9日〜11日 3月9日 smt オープンスクエア 152 232
3 2004年 3月10日16日 3月14日 smt ギャラリー4200
4 2005年 3月11日15日 3月13日
5 2006年 3月12日16日 3月12日
6 2007年 3月11日〜15日 3月11日 smt オープンスクエア
7 2008年 3月9日〜15日 3月9日 仙台国際センター大ホール 498
8 2009年 3月8日〜15日 3月8日 東北大学百周年記念会館 527 776
9 2010年 3月7日〜14日 3月7日 554

大会後編集

巡回展編集

2006年平成18年)より、「卒業設計日本一展」との名称で、入賞作品などを展示する巡回展が日本各地で開催されている。以下に、各年ごとの開催都市を示す。

  • 2006年:東京京都
  • 2007年:東京・名古屋・京都・福岡
  • 2008年:東京・金沢・名古屋・京都・福岡
  • 2009年:札幌・東京・金沢・名古屋・京都
  • 2010年:東京・京都

公式書籍編集

2006年平成18年)より、各年の大会公式記録である「卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック」が建築資料研究社から発刊されている。

放送・DVD編集

鹿島建設の提供で仙台放送が大会の模様を1時間番組にして、2008年平成20年)より4月29日宮城県で放送している。また、ケーブルテレビCAT-VおよびJ:COM仙台キャベツで放送されているsmtの番組「みんなのテレビ」において、大会直前の模様が放送された。なお、仙台放送が番組DVDを発売している。

仙台建築都市学生会議編集

smtが開館した2001年平成13年)1月東北大学東北工業大学宮城大学の3校の建築を学ぶ学生有志が、阿部仁史らアドバイザーに迎えて結成した。翌2002年平成14年)より、加盟校の学生ボランティアが主体になって「せんだいデザインリーグ」を開催している。以下は、現在の参加校。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 卒業設計日本一展 2010[リンク切れ]TOTO 2010年7月27日)
  2. ^ せんだいデザインリーグ2009 卒業設計日本一決定戦 Archived 2009年5月18日, at the Wayback Machine.(建築資料研究社/日建学院
  3. ^ a b c 建築家の卵に注目。卒業設計の甲子園に約4000人が来場する「せんだいデザインリーグ2009 卒業設計日本一決定戦」 Archived 2009年4月12日, at the Wayback Machine.(仙台市)
  4. ^ ニュース 2008年2月(せんだいデザインリーグ2008 卒業設計日本一決定戦)
  5. ^ a b 鹿島presents せんだいデザインリーグ2009 僕らと街の未来設計図 Archived 2009年4月29日, at the Wayback Machine.(仙台放送)
  6. ^ a b c 梱包日本一決定戦(せんだいデザインリーグ2009)
  7. ^ 梱包日本一決定戦(せんだいデザインリーグ2008)
  8. ^ 梱包日本一決定戦(せんだいデザインリーグ2010)
  9. ^ 卒業設計日本一決定戦 せんだいデザインリーグ2008 DVD[リンク切れ](仙台放送)
  10. ^ 「みんなのテレビ」放送のお知らせ(せんだいメディアテーク)

関連項目編集

外部リンク編集