メインメニューを開く

せんぼん よしこ(本名:千本福子[1]1928年11月6日[1] - )は、日本のTVディレクター、映画監督

略歴編集

中国大連生まれ[1]。1953年、早稲田大学文学部芸術科を卒業、日本テレビ入社[2]

1959年~1962年の「愛の劇場」シリーズで注目される[2]。10年近くのブランクの後、「ああ!この愛なくば」でドラマの演出に復帰[2]。この作品で1980年度芸術祭大賞受賞。1988年、原爆を扱った「明日-一九四五年長崎」を最後に退社[2]

代表作に「縁」「てんつくてん」「はいから鯉さん」「母たることは地獄のごとく」「山を走る女」「好き?」など[2]

2006年、3年の歳月を費やして初監督映画「赤い鯨と白い蛇」を完成させ、モントリオール国際映画祭新人監督部門に出品[2]

受賞編集

出典:[2]

出典編集

  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b c d e f g 日外アソシエーツ現代人物情報より