そこのみにて光輝く

そこのみにて光輝く』(そこのみにてひかりかがやく)は佐藤泰志による日本の小説。1985年、『文藝』11月号に掲載。1989年に書き下ろしのエピソード「滴る陽のしずくにも」を加えた物が河出書房新社より書籍が刊行され、第2回三島由紀夫賞候補となった。また本作を原作とした映画2014年に公開された。

目次

あらすじ編集

第1章『そこのみにて光輝く』
ストライキ騒動に揺れる造船所を辞めた佐藤達夫は職を探さずパチンコ屋に入り浸り、そこでタバコの火を借りに来た大城拓児と知り合う。拓児はライターをくれたお礼にメシをおごると言い出し達夫はそれに付き合うことになる。浜辺を歩きたどり着いた場所は海岸通り沿いの砂山地帯をならし清掃工場や公営住宅が立ち並ぶようになるなど再開発が進んでいる街の一角に残る拓児の自宅のバラック小屋だった。そして達夫は拓児の姉の千夏と出会い、達夫は千夏に心を引かれるようになり、拓児と千夏と関わることにより達夫は大城家が痴呆の進む父とそれを相手する母、拓児がかつて出自をけなされた末起こしてしまった事件による服役歴、一家の支えとなるべく夜の街で働く千夏などの重い問題を数多く抱えていると知り千夏への思いもより強くなって行く。達夫と千夏は徐々に距離を縮めて行きそして達夫は千夏に求婚するのだが、籍を入れなかったとはいえ千夏の前の内縁の夫で拓児の仕事に関わる中島の存在があったため、達夫は中島と直接対峙することを決める。
第2章『滴る陽のしずくにも』
達夫と千夏は娘ナオを授かり、達夫も近所の水産加工場に勤めるようになるなど平穏な生活を送っていた。ある日出稼ぎから帰って来た拓児の紹介で、5万円で中古のファミリアを譲ってくれるという松本と知り合になる。松本は鉱山を経営する会社の取締役で中古車の縁から達夫とも親好を深めて行き、達夫を鉱山の仕事に誘うようになる。達夫は妻や娘、そしてひとりバラックに残った義母のことを気にかけつつも勧誘を聞き入れ鉱山勤めをすると決める。そして達夫は水産加工場を辞め鉱山への出発の日を待っていたのだが、プールで松本に紹介された松本の元嫁と一夜限りの関係を持ち、さらにその日に拓児が街で千夏の悪口を言った者に刃物を向ける事件を起こしてしまい対応に追われる。浜辺で拓児を見つけ説得し出頭させ、その後競馬場で松本と拓児のことなどを話し合い達夫は当初の予定通り鉱山へ行くこととなる。

書誌情報編集

映画編集

そこのみにて光輝く
THE LIGHT SHINES ONLY THERE
監督 呉美保
脚本 高田亮
原作 佐藤泰志
製作 永田守
菅原和博
出演者 綾野剛
池脇千鶴
菅田将暉
高橋和也
火野正平
伊佐山ひろ子
田村泰二郎
音楽 田中拓人
撮影 近藤龍人
編集 木村悦子
製作会社 「そこのみにて光輝く」製作委員会
配給 東京テアトル
函館シネマアイリス
公開   2014年4月19日
上映時間 120分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

監督は呉美保、主演は綾野剛。配給は東京テアトル函館シネマアイリス北海道地区のみ)。レイティングはR15+。英題はTHE LIGHT SHINES ONLY THERE[1]第87回アカデミー賞外国語映画賞部門に日本代表作品として出品されたほか、第38回モントリオール世界映画祭最優秀監督賞、キネマ旬報ベスト・テン1位のほか個人賞3部門を獲得した。

同じく佐藤泰志原作による『海炭市叙景』(2010年公開、熊切和嘉監督)、『オーバー・フェンス』(2016年公開、山下敦弘監督)とともに「函館3部作」と位置づけられる[2]

キャスト編集

スタッフ編集

封切編集

2014年4月12日より函館シネマアイリスで先行上映。4月19日よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町など全国での公開を開始。日本経済新聞の映画評は今年有数の傑作として5つ星をつけた。

海外の映画祭では2014年8月に第38回モントリオール世界映画祭コンペティション部門に出品され、第87回アカデミー賞外国語映画賞部門に日本代表として出品された[3]

受賞編集

関連商品編集

  • そこのみにて光輝く オリジナル・サウンドトラック (ディー・アイ・エイ・エイ)
  • ホームメディア 豪華版Blu-ray、豪華版DVD、通常版DVDの3形態(2014年11月14日発売 TCエンタテインメント)

脚注編集

  1. ^ SOKONOMINITE HIKARI KAGAYAKU / THE LIGHT SHINES ONLY THEREモントリオール世界映画祭
  2. ^ “山下敦弘監督で佐藤泰志「オーバー・フェンス」映画化!「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く函館3部作最終章”. 映画.com. (2015年5月16日). http://eiga.com/news/20150516/1/ 2015年7月3日閲覧。 
  3. ^ “綾野剛『そこのみにて光輝く』アカデミー賞ノミネート候補に!”. シネマトゥディ. (2014年9月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0066087 2014年9月4日閲覧。 
  4. ^ 呉監督、モントリオール受賞で綾野&池脇と抱き合うシネマトゥディ2014年9月3日
  5. ^ 第6回 TAMA映画賞”. TAMA CINEMA FORUM (2014年10月9日). 2014年10月14日閲覧。
  6. ^ “「そこのみにて光輝く」が日本映画1位…キネマ旬報ベスト・テン”. スポーツニッポン. (2015年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/08/kiji/K20150108009593960.html 2015年1月8日閲覧。 
  7. ^ “日本アカデミー賞優秀賞決定!”. (2015年1月14日). http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/38.html 2015年1月17日閲覧。 
  8. ^ 高崎映画祭最優秀作品賞に「野のなななのか」”. 産経ニュース (2015年1月21日). 2015年1月21日閲覧。
  9. ^ 69th(2014年)”. 毎日新聞社. 2015年1月21日閲覧。
  10. ^ 第57回ブルーリボン賞が決定!佐々木蔵之介『超高速!参勤交代』が作品賞!”. シネマトゥデイ (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  11. ^ “「そこのみにて光輝く」6部門制す おおさかシネフェス”. 大阪日日新聞. (2015年1月31日). http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150131/20150131035.html 2015年2月3日閲覧。 
  12. ^ 第10回おおさかシネマフェスティバル受賞発表”. おおさかシネマフェスティバル実行委員会. 2015年2月3日閲覧。
  13. ^ 『アジア・フィルム・アワード』池脇千鶴が最優秀助演女優賞に”. ORICON (2015年3月26日). 2015年3月26日閲覧。
  14. ^ 「そこのみにて光輝く」が第24回日本映画批評家大賞4冠”. 映画.com (2015年4月21日). 2015年4月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集