メインメニューを開く
神戸のそばめし
そばめし

そばめしは、焼きそばご飯を鉄板で炒めたソース味で味付けした料理である。

他の地方で、模倣したケチャップ味のものなどがあるが、そばを混ぜただけではそばめしではない。

目次

概要編集

神戸市長田区B級グルメとして親しまれている。北海道深川市深川そばめしとは別物である。

お好み焼きと同様、具のバリエーションが豊富で店舗ごとに異なる。

多くの店舗で、もっとも豪華なのは『ちゃんぽん(=ミックス)』である。

発祥の経緯編集

お好み焼き店で昼食を取っていた工員が、そば焼き(神戸の方言で焼きそばの意)を焼いていたのに目を付け、「弁当の(冷や)ご飯を、そばと一緒に炒めて」と頼んだ事で出来たメニューと言われている。

現在でも神戸のお好み焼き屋では、自宅の残りご飯を持っていき、そばと一緒にそばめしとして炒めてくれる店もある。

元々、長田区の料理であり、隣の区でさえ知らない人が多かった。

ご飯で鉄板が汚れると嫌う店もあるので、メニューにない場合は無理強いしない。

作り方編集

基本的な作り方はそば焼きと同様である。熱した鉄板上で、具とキャベツを炒めた後、そばと冷やご飯を入れ更に炒める。その際にそばが細かくなるよう切り刻むように炒め合わせ、ソース・コショウ・カツオ節粉などで調味し完成する。どろソースは、各自が好みで食べるときにかける。

商品展開編集

大手食品メーカーから冷凍食品が発売されて全国的に有名になった。家庭用にとどまらず、業務用の冷凍食品もある。また、真空パックの中華そばと粉末ソースをいっしょにした、家庭でご飯を加えるそばめしの素も売られているが、こちらは実質的にソース焼きそばと変わらないが、そばめしとは元来そういう料理である

外部リンク編集