そばめし

そばめしは、そば焼き神戸の方言ソース焼きそばの意)を細かく刻み、米飯と共に鉄板で炒めた料理。兵庫県神戸市発祥のB級グルメである。

概要編集

神戸の下町のお好み焼き店で、近隣の町工場で働く工員が、弁当の冷やご飯をそばと一緒に炒めてくれと頼んだことが始まりと言われている。持ち込みの白飯で焼きめしを作るというサービスは従前から行われていたため、それがそば焼きと一体化して誕生したメニューである。

北海道深川市深川そばめしとは別物である。

作り方編集

基本的な作り方はそば焼きと同様である。熱した鉄板上で肉やキャベツを炒めた後、そばと冷やご飯を入れ更に炒める。その際にそばが細かくなるよう切り刻むように炒め合わせ、とんかつソースやウスターソースなどで調味する。青のり粉や魚粉どろソースなどは各自が好みでかける。

商品展開編集

大手食品メーカーから冷凍食品が発売されて全国的に有名になった。家庭用にとどまらず、業務用の冷凍食品もある。また、真空パックの中華麺と粉末ソースをセットしたそばめしの素も販売されている。

脚注編集

[ヘルプ]


外部リンク編集