メインメニューを開く

それでも恋するバルセロナ』(Vicky Cristina Barcelona)は、2008年公開のアメリカスペイン合作映画。

それでも恋するバルセロナ
Vicky Cristina Barcelona
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 レッティ・アロンソン
スティーヴン・テネンバウム
ギャレス・ワイリー
製作総指揮 ジャウメ・ロウレス
ナレーター クリストファー・エヴァン・ウェルチ
出演者 ハビエル・バルデム
レベッカ・ホール
ペネロペ・クルス
スカーレット・ヨハンソン
撮影 ハビエル・アギーレサロベ
編集 アリサ・レプセルター
製作会社 MediaPro
Wild Bunch
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM/ワインスタイン
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年8月15日
日本の旗 2009年6月27日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スペインの旗 スペイン
言語 英語
スペイン語
製作費 $15,000,000
興行収入 $96,408,652[1]
テンプレートを表示

ウディ・アレン監督・脚本作品。第61回カンヌ国際映画祭特別招待作品として上映。第66回ゴールデングローブ賞作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞。ペネロペ・クルス第81回アカデミー賞助演女優賞を受賞。

目次

ストーリー編集

アメリカ人のヴィッキーとクリスティーナは、親友同士。共通項が多い二人だが、恋愛に関する考え方だけはまったく違っていた。ヴィッキーはカタルーニャに関する論文を書くため、クリスティーナは短編映画を撮り終えて気分を変えたかったため、二人でスペインバルセロナを訪れる。ヴィッキーの親戚の家に滞在する二人だが、ある画廊で開かれたパーティで画家のフアン・アントニオと出会う。フアン・アントニオはいきなり二人をこの週末、オビエドに連れて行きたい、もしその気になったら二人と寝てもいいと語る。ぶしつけな申し出にヴィッキーは怒るが、クリスティーナは彼に惹かれ、結局二人はフアン・アントニオと共にオビエドを訪問することになる。しかしオビエドでクリスティーナは体調を崩し、フアン・アントニオとヴィッキーは二人きりで過ごすことになってしまう。最初は反発していたヴィッキーだが、次第にフアン・アントニオに惹かれていき、婚約者がいるにもかかわらず一夜を共にしてしまう。

そんな経緯を知らないクリスティーナは、バルセロナに戻ってからフアン・アントニオと同棲を始める。そこへフアン・アントニオの元妻マリア・エレーナが現れる。

キャスト編集

製作の背景編集

映画の製作費10%が撮影したカタルーニャ地方の税金からの出資だったが、英語の作品となり、地元市民から猛反発を受けた[2]

スカーレット・ヨハンソンは『マッチポイント』、『タロットカード殺人事件』に続いて、3度目のウディ・アレン作品に出演。

脚注編集

外部リンク編集