たいそうのおにいさん

テレビ番組『おかあさんといっしょ』における役名のひとつ
おかあさんといっしょ > たいそうのおにいさん

たいそうのおにいさんは、日本公共放送であるNHKの子供向け番組『うたのえほん』(1961年4月 - 1976年3月)、「おかあさんといっしょ」(1976年4月 - )における、体操を担当する男性の呼称。11代目の小林よしひさ以前は番組内では基本的に単独だが[1]、コンサートなどでは、身体表現のおねえさんと共に役を務めることが多かった。2019年度より、身体表現のおねえさんに代わってたいそうのおねえさんが新しく設けられ、12代目の福尾誠は初代たいそうのおねえさんの秋元杏月と共に体操を担当している。

転じて、子供向け番組で体操を担当する男性全般をこのように呼ぶことがある。

10代目の佐藤以前はファミリーコンサートを中心にうたのおにいさん・おねえさんと共に歌うケースも多かったが、11代目の小林が就任して数年経って以降は、うたのおにいさんとの線引きのため、歌うこと(口パクも含む)が一部の例外を除いて禁止されている。

出演期間中に結婚したり、子供を設ける事は黙認されている[2]

歴代のたいそうのおにいさん編集

歴代のBSのたいそうのおにいさん編集

うたのおにいさんの側面もあったたいそうのおにいさん編集

うたのおにいさんを兼務したたいそうのおにいさん編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 番組内でも『ジンジンジム』『でかけよう!』といった親子体操や、2010年度から2015年度の『おかあさんといっしょ!あつまれ土曜日』では身体表現のおねえさんと共に役を務めている。
  2. ^ 砂川啓介・佐藤弘道・小林よしひさなどの例があるが、いずれの場合も退任するまでは公表してはならない。
  3. ^ 当該番組開始時から2015年12月11日までの芸名は聖也(せいや)。

外部リンク編集