たかなみ (護衛艦・2代)

たかなみローマ字JS Takanami, DD-110)は、海上自衛隊護衛艦たかなみ型護衛艦の1番艦。艦名は「高く立つ波」(高波)に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては、夕雲型駆逐艦高波」、あやなみ型護衛艦たかなみ」に続き3代目に当たる。

たかなみ
JS Takanami (DD-110), 19 May 2007 b.jpg
基本情報
建造所 住友重機械工業追浜・浦賀工場
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 たかなみ型護衛艦
建造費 644億円
母港 横須賀
所属 第2護衛隊群第6護衛隊
艦歴
発注 1998年
起工 2000年4月25日
進水 2001年7月26日
就役 2003年3月12日
要目
基準排水量 4,650トン
満載排水量 6,300トン
全長 151m
最大幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.3m
機関 COGAG方式
主機 IHILM2500ガスタービン × 2基
川崎スペイSM1C × 2基
出力 60,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
最大速力 30ノット
乗員 175名
兵装 54口径127mm単装速射砲 × 1門
Mk.15 Mod12 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)4連装発射筒 × 2基
Mk.41 VLS × 32セル
HOS-302 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60J/K 哨戒ヘリコプター × 1/2機
C4ISTAR OYQ-9C 戦術情報処理装置
OYQ-103 対潜情報処理装置
レーダー OPS-24B-1 対空
OPS-28D 水上
OPS-20 航海用
81式射撃指揮装置2型-31B × 2基
ソナー OQS-5
OQR-2 曳航式
電子戦
対抗手段
NOLQ-3-2 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
その他 曳航具4型 対魚雷デコイ
テンプレートを表示

本記事は、本艦の艦暦について主に取り扱っているため、性能や装備等の概要についてはたかなみ型護衛艦を参照されたい。

艦歴編集

「たかなみ」は、中期防衛力整備計画に基づく平成10年度計画4,600トン型護衛艦2239号艦として、IHIMUに発注され、住友重機械工業追浜工場で2000年4月25日に起工され、2001年7月26日に進水、その後、住友重機械工業浦賀工場において艤装の後、2002年8月20日に公試開始、2003年3月12日に就役し、第1護衛隊群第5護衛隊に編入され横須賀に配備された。

2004年6月6日、館山沖で大規模被害対処訓練中、注排水バルブの操作ミスにより海水が侵入し、空調室やミサイルの発射装置、弾薬庫などが冠水[1]、10台以上の機器が浸水した。海幕7月3日にこれを公表し、自力で横須賀に帰投して修理を行った[1]。インド洋への派遣の可否についても検討されたが、当初の予定通りに派遣されることになった。

同年8月9日テロ対策特別措置法に基づき、護衛艦「きりしま」、補給艦はまな」と共にインド洋に派遣。同年12月まで任務に従事する。帰路の最中にスマトラ島沖地震の発生を受け、国際緊急援助隊派遣法に基づいてタイに派遣され、遺体収容等を行い(自衛隊タイ派遣)、2005年1月11日に帰国した。

2007年5月4日から30日までシンガポール海軍主催の西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)多国間海上訓練に参加。

2008年3月26日、護衛隊改編により第2護衛隊群第6護衛隊に編入された。

2009年10月13日に、大湊基地所属の護衛艦「はまぎり」と共に、第3次派遣海賊対処行動水上部隊を編成、ソマリア沖へ向けて出発し、11月7日から翌年2月20日まで34回計283隻の船舶を警護して、2010年3月18日に帰国した。

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震発生を受けて海上自衛隊の先陣として東北沖へ急派され、翌12日午後宮城県石巻港近くの岸壁に孤立していた幼稚園児11人を含む135人を救助し、2万余名の被災者に対して食糧供与及び生活必需品の輸送を行った。初動においてレスキュー フロム ザ・シーを実践した[2][3][4]

同年10月11日には第10次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「おおなみ」と共にソマリア沖・アデン湾へ向けて横須賀基地を出航し、翌2012年3月12日に帰国した[5]

2014年7月15日、第19次派遣海賊対処行動水上部隊として「おおなみ」と共に横須賀基地からソマリア沖・アデン湾に向け出航した[6]9月25日、アデン湾においてNATO軍と共同訓練を実施、デンマーク海軍 戦闘支援艦「ESBERN SNARE(エスベアン スナーレ)」とともに通信訓練 、戦術運動、立入検査訓練等を行った[7]10月16日にはEU海上部隊と共同訓練を実施、イタリア海軍 駆逐艦「ANDREA DORIA(アンドレア・ドリア)」とともに同様の訓練を行った[8]。 その後、ソマリア沖での海賊対処行動を終え帰途につくが、たかなみ・おおなみ両艦が日本に向け東南アジア付近を航行中に、エアアジア8501便墜落事故が発生した[9]。日本政府は両艦に派遣命令を出し、1月3日から9日までの間、エア・アジア航空機消息不明事案に関する国際緊急援助活動に従事し、1月24日、横須賀に帰港した[10]

2015年1月3日から1月9日まで国際緊急援助活動に従事した。1月24日に横須賀基地に帰投した。

2016年10月24日から12月15日にかけてニュージーランド海軍主催国際観艦式及びADMMプラス海洋安全保障実動訓練マヒ・タンガロア16に参加した[11]

2020年2月2日、中東地域における日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集活動を行うため、派遣情報収集活動水上部隊として横須賀を出港した[12]。派遣に合わせ艦橋へ防弾ガラスを追加したほか、警告用としてLRADが搭載された[13]。2月下旬に活動海域に到着し、同月26日から日本関係船舶の安全確保に向けた情報収集活動を開始し[14]、同年6月9日に護衛艦「きりさめ」に任務を引継ぎ[15]、6月30日に横須賀基地に帰港した[16]

2021年9月2日、関東南方の海空域において、米海軍空母「カール・ヴィンソン」と日米共同訓練を実施した[17]。 また、同2日から7日にかけて、東シナ海から四国南方を経て関東南方に至る海空域おいて、英国空母打撃群(CSG21英語版:空母「クイーン・エリザベス」、駆逐艦「ディフェンダー」、米駆逐艦「ザ・サリバンズ」、オランダ海軍フリゲート「エファーツェン」、カナダ海軍フリゲート「ウィニペグ」)と日英米蘭加共同訓練(PACIFIC CROWN 21‐3)を実施する[18]。海自からは本艦の他、護衛艦「いせ」、「あさひ」、「はるさめ」、「きりしま」、「おおなみ」、「てるづき」及び潜水艦1隻、P-1哨戒機が、航空自衛隊からはF-2F-15戦闘機E-767早期警戒管制機が参加し、対抗戦、防空戦、対潜戦等を実施した[18]

同年12月22日、伊豆大島東方海域において護衛艦「やまぎり」とともに海上保安庁との共同訓練に参加した。海保からは巡視船ぶこう」、「あぐに」が参加し、情報共有訓練及び巡視船との運動要領に関する訓練を実施した[19]

2022年1月28日から2月1日にかけて、関東南方の海空域において米海軍駆逐艦「フィッツジェラルド」、P-8Aと対潜特別訓練を実施した[20]

同年6月13日、令和4年度インド太平洋方面派遣(IPD22:Indo-Pacific Deployment 2022)に参加するため、護衛艦部隊第1水上部隊として護衛艦「いずも」及び搭載航空機3機とともに横須賀を出港した[21][22]。 同年6月19日から24日にかけて、太平洋において、日米豪共同訓練(NOBLE PARTNER 22)を実施した。米海軍からは空母「エイブラハム・リンカーン」、巡洋艦「モービル・ベイ」、駆逐艦「グリッドレイ」・「サンプソン」・「スプルーアンス」が、オーストラリア海軍からは強襲揚陸艦キャンベラ」、フリゲートワラマンガ」、補給艦「サプライ」が参加し、各種戦術訓練(防空戦等)を実施した[23]。翌25日には米補給艦「ヘンリー・J・カイザー」と日米共同訓練(ILEX22‐2)を実施した[24]。6月27日、ハワイ周辺海空域において、フランス領ポリネシア駐留フランス軍フリゲート「プレリアル」と日仏共同訓練(オグリ・ヴェルニー22‐4)を実施した[25]

同年6月29日から8月4日にかけて、ハワイ諸島及び同周辺海空域等において実施される米海軍主催多国間共同訓練(RIMPAC2022)に参加する。自衛隊からはほかに第3航空隊P-1哨戒機1機と陸上自衛隊西部方面隊が参加し、 各種戦術訓練(各種戦訓練、ミサイル射撃訓練等)及びHA/DR(Humanitarian Assistance/Disaster Relief:人道支援・災害救援)を実施する[26]

8月5日、ハワイ周辺海空域においてチリ海軍フリゲート「アルミランテ・リンチ」と日チリ親善訓練を実施[27]。8月7日には米海軍補給艦「ペコス」と日米共同訓練(ILEX22‐6)を実施[28]。8月9日にカナダ海軍フリゲート「ウィニペグ」、ニュージーランド海軍補給艦「アオテアロア」と日加新共同訓練を実施した[29]

同年8月21日から29日にかけて、グアム島及び同周辺海空域において日米豪韓加共同訓練(PACIFIC VANGUARD22)を実施した。日本側は本艦のほか、護衛艦「いずも」、潜水艦P-1哨戒機、UP-3D多用機、陸上自衛隊水陸機動団等。米海軍からは潜水艦、貨物弾薬補給艦アメリア・イアハート」、P-8A哨戒機、EA-18G電子戦機。米海兵隊第3海兵機動展開部隊第5航空艦砲連絡中隊。オーストラリア海軍からは駆逐艦シドニー」、フリゲートパース」。韓国海軍駆逐艦からは「セジョン・デワン」・「ムンム・デワン」。カナダ海軍はフリゲート「バンクーバー」が参加し、対水上射撃訓練、対地射撃訓練、対水上戦訓練及び対潜戦訓練等、各種戦術訓練を実施した[30]。同年8月30日から9月7日にかけて、グアム周辺から南シナ海の訓練海空域において、日米加共同訓練(ノーブル・レイヴン22)に参加した。米海軍駆逐艦「ヒギンズ」、補給艦「ラパハノック」・「ジョン・エリクソン」、カナダ海軍フリゲート「バンクーバー」が参加し、各種戦術訓練を実施した[31]

同年9月11日から9月17日にかけて、アンダマン海からベンガル湾の海空域において実施された日印共同訓練(JIMEX2022)に参加し、インド海軍駆逐艦「ランヴィジェイ」、フリゲート「サヒャドリ」、コルベット「カドマット」・「カヴァラッティ」、哨戒艦「スカーニャ」、補給艦「ジョティ」、潜水艦、P-8I、MIG-29KDORNIER-228等と各種戦術訓練(対空射撃訓練、対水上射撃訓練、対潜戦訓練、防空戦訓練、洋上補給等)を実施した[32]。同年9月21日から23日にかけて、マレーシア沖からシンガポール沖に至る海空域において、カナダ海軍フリゲート「ウィニペグ」と日加共同訓練(KAEDEX22)を実施し[33]、引き続き9月23日から10月1日には南シナ海海空域において日米加共同訓練(ノーブル・レイヴン22‐2)を実施した。参加艦艇は本艦と「いずも」、カナダ海軍フリゲート「ウィニペグ」に加え、海自潜水艦、米海軍駆逐艦「ヒギンズ」、補給艦「ビッグ・ホーン」が参加し、各種戦術訓練を実施した[34]。10月5日、「いずも」とともに115日間にわたる派遣を終え帰国した[35]

同年11月8日から11月15日にかけて、関東南方海域において実施される日米印豪共同訓練(マラバール2022)に護衛艦「しらぬい」・「ひゅうが」、輸送艦「くにさき」、補給艦「おうみ」、潜水艦、P-1哨戒機、UP-3D多用機、特別警備隊とともに参加する。米海軍からは空母「ロナルド・レーガン」、巡洋艦「チャンセラーズビル」、駆逐艦「ミリウス」、P-8A哨戒機、特殊作戦部隊が、インド海軍からはフリゲート「シヴァリク」、コルベット「カモルタ」、P-8I、特殊作戦部隊、オーストラリア海軍からはフリゲート「アランタ」、補給艦「ストルワート」、潜水艦、オーストラリア空軍からはP-8Aが参加し、各種戦術訓練(対潜戦、対空戦、洋上補給等)を実施する[36]

現在、第2護衛隊群第6護衛隊に所属し、定係港は横須賀である。

歴代艦長編集

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
01 後藤大輔 2003.3.12 - 2004.2.5 東海大
30期幹候
たかなみ艤装員長
02 高橋政則 2004.2.6 - 2005.3.31 じんつう艦長
03 藤村栄次 2005.4.1 - 2007.3.25 防大24期 海上幕僚監部人事教育部援護業務課 護衛艦隊司令部幕僚
04 恒益俊春 2007.3.26 - 2009.3.24 防大29期 はまゆき艦長 護衛艦隊司令部幕僚
05 澤口和彦 2009.3.25 - 2010.8.9 ゆうべつ艦長 作戦情報支援隊作戦情報第1科長
06 米丸祥一[37] 2010.8.10 - 2012.3.29 防大26期 舞鶴海上訓練指導隊船務航海科長 佐世保地方総監部監察官 東日本大震災#自衛隊
07 下野善彦 2012.3.30 - 2013.7.31 関西大
37期幹候
誘導武器教育訓練隊研究室長 護衛艦隊司令部
08 上田裕司 2013.8.1 - 2015.3.9 護衛艦隊司令部幕僚 横須賀基地業務隊本部補充部付
09 樋之口和隆 2015.3.10 - 2016.9.5 防大32期 海上自衛隊幹部候補生学校主任教官 護衛艦隊司令部
10 坂井喜一郎 2016.9.6 - 2017.8.17 防大41期 こんごう副長 自衛艦隊司令部幕僚
11 筒井大介 2017.8.18 - 2018.8.20 防大42期 いずも船務長 自衛艦隊司令部
12 池田忠司 2018.8.21 - 2019.7.11 護衛艦隊司令部 兼 自衛艦隊司令部 横須賀地方総監部管理部人事課長
13 新原綾一 2019.7.12 - 2020.8.2 いせ船務長 海上自衛隊幹部学校付 2020.1.1
1等海佐昇任
14 金丸竜平 2020.8.3 - 防大42期 防衛大学校訓練部首席指導教官

その他編集

  • 2010年9月4日・11日放送のタモリ倶楽部で当艦の装備や艦内の設備等が特集され、当時の艦長や副長ほか多数の乗組員が出演した。
  • 浦賀船渠で最後に建造された艦船でもある。
  • 映画永遠の0で劇中の回想に登場する航空母艦赤城は本艦を元にレンダリングされたカットがある。

ギャラリー編集


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「海上自衛隊ニュース 停泊中の「たかなみ」で漏水」『世界の艦船』通巻631集(2004年9月号)海人社 P.160
  2. ^ 海自護衛艦・たなかみが園児ら32人を救助」日テレNEWS24 2011年3月14日
  3. ^ “レスキュー フロム ザ・シー”を念頭に」チャンネル NIPPON 2011年11月10日
  4. ^ “海からの救助” 広く世界に」自衛隊ニュース2012年12月1日防衛ホーム新聞社
  5. ^ 海賊対処10次隊2艦が無事帰国」朝雲ニュース 2012年3月15日
  6. ^ 護衛艦「たかなみ」「おおなみ」が出国 カナロコ 2014年7月16日
  7. ^ NATO軍との共同訓練の実施について(PDF)
  8. ^ EU海上部隊との共同訓練の実施について(PDF)
  9. ^ エアアジア機捜索に海自護衛艦が参加へ NHKニュース Archived 2014年12月31日, at the Wayback Machine. 2014年12月31日
  10. ^ アデン湾における派遣海賊対処行動に従事した艦艇の入港について (PDF)
  11. ^ ニュージーランド海軍主催国際観艦式、ADMMプラス海洋安全保障実動訓練マヒ・タンガロア16及びニュージーランド海軍主催多国間共同訓練ナタヒへの参加について (PDF)
  12. ^ 中東地域における日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集 活動の実施について (PDF)
  13. ^ WEB特集 中東の派遣先に行ってみた! - NHK
  14. ^ 海自護衛艦「たかなみ」、中東海域で活動開始読売新聞(2020年2月26日)
  15. ^ 防衛大臣記者会見(令和2年6月9日)
  16. ^ 派遣情報収集活動水上部隊の帰港について (PDF)
  17. ^ 日米共同訓練について (PDF)
  18. ^ a b 日英米蘭加共同訓練(PACIFIC CROWN 21-3)について 海上幕僚監部(令和3年9月2日) (PDF)
  19. ^ 海上保安庁との共同訓練について 海上幕僚監部(令和3年12月23日) (PDF)
  20. ^ 対潜特別訓練について 海上幕僚監部(令和4年2月2日) (PDF)
  21. ^ 令和4年度インド太平洋方面派遣(IPD22)について 海上幕僚監部(令和4年5月31日)
  22. ^ @JMSDF_SDF (2022年6月16日). "6月13日、令和4年度インド太平洋方面派遣(IPD22)に従事する第4護衛隊群(護衛艦「いずも」、「たかなみ」)は、横須賀基地から出国しました。" (ツイート). Twitterより2022年6月16日閲覧
  23. ^ 日米豪共同訓練(NOBLE PARTNER 22)について 海上幕僚監部(令和4年6月25日)
  24. ^ 日米共同訓練(ILEX22-2)について 海上幕僚監部(令和4年6月26日)
  25. ^ 日仏共同訓練(オグリ・ヴェルニー22-4)について 海上幕僚監部(令和4年6月28日)
  26. ^ 米海軍主催多国間共同訓練(RIMPAC2022)について 海上幕僚監部(2022年6月28日)
  27. ^ 日チリ親善訓練について 海上幕僚監部(2022年8月7日)
  28. ^ 日米共同訓練(ILEX22-6)について 海上幕僚監部(2022年8月9日)
  29. ^ 日加新共同訓練について 海上幕僚監部(2022年8月11日)
  30. ^ 日米豪韓加共同訓練(PACIFIC VANGUARD22)について 海上幕僚監部(2022年8月30日)
  31. ^ 日米加共同訓練(ノーブル・レイヴン22)について 海上幕僚監部(2022年9月8日)
  32. ^ 日印共同訓練(JIMEX2022)について 海上幕僚監部(2022年9月13日)
  33. ^ 日加共同訓練(KAEDEX22)について 海上幕僚監部(2022年9月26日)
  34. ^ 日米加共同訓練(ノーブル・レイヴン22-2)について 海上幕僚監部(2022年10月3日)
  35. ^ @JMSDF_PAO (2022年10月6日). "10月5日、「いずも」「たかなみ」は115日間にわたる IPD22 派遣を終え帰国しました。" (ツイート). Twitterより2022年10月6日閲覧
  36. ^ 日米印豪共同訓練(マラバール2022)について (PDF)
  37. ^ 東日本大震災出動指揮官インタビュー(2)「“レスキュー・フロム・ザ・シー”を念頭に」

参考文献編集

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

関連項目編集

  • 平野綾 - 『MAMOR』2014年2月号にて本艦を訪問し、グラビア撮影を行った。

外部リンク編集