メインメニューを開く

たけしくん、ハイ!』は、太田出版から発行された北野武(1995年発行の新潮文庫版ではビートたけし名義)の短編エッセイ集。1984年5月1日初版発行。後にテレビドラマ化もされた。

目次

概要編集

25編のエッセイおよびイラストで構成されている。幼少時代の出来事、主に家族についての話や友だちとの遊びの話などが綴られている[1][2]。1985年の売上ランキングでは、出版ニュース社 ベスト・セラーズ 第17位、東京出版販売 ノンフィクションの部 第15位だった[3]

テレビドラマ編集

NHK総合テレビの「銀河テレビ小説」枠で1985年の7月から8月にかけてTVドラマ化され、さらに1986年の7月から8月にかけて同枠において続編である『続・たけしくんハイ!』が放送された。また、放送時間を短縮した再編集版による再放送も行われた。

なお、原作本のタイトルには「たけしくん」と「ハイ!」の間に読点が入るがドラマのタイトルには読点は入らない[4]

たけしくんハイ!編集

たけしくんハイ!
ジャンル テレビドラマ
原作 ビートたけし
脚本 布施博一
出演者 林隆三木の実ナナ
千石規子小磯勝弥
趙方豪松田洋治
金田龍之介今井和子
音楽 渡辺俊幸
チーフ・
プロデューサー
岡本由紀子
撮影地 スタジオ、千葉県佐原市
制作 NHK
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1985年7月15日 - 1985年8月2日
放送時間 月曜 - 金曜 21:40 - 21:59
放送枠 銀河テレビ小説
放送分 19分
回数 15
番組年表
続編 続・たけしくんハイ!

キャスト[5]編集

  • 山口先生 - 石井めぐみ
  • 松本正彦 - 後根宣将
  • 中根敏夫 - 堀越太郎
  • 牧野久 - 伊藤環
  • 健一 - 浅野雅博
  • 孝三 - 田村淳一郎
  • 正敏 - 藤原暁彦
  • 宮森圭子 - 岡崎由喜枝
  • 山上松代(大介の母) - 三浦真弓
  • 山上大介 - 仙田信也
  • 安夫 - 室山和廣
  • 政吉 - 川上伸之


制作スタッフ[5]編集

  • チーフプロデューサー - 岡本由紀子
  • チーフディレクター - 田中昭男、松井恒男、高野喜世志
  • 演出 - 佐藤幹夫、吉村芳之、大森青児、河村正一、大津山潮、松平保久、小林千洋、榎戸崇泰

再編集版による再放送編集

続・たけしくんハイ!編集

続・たけしくんハイ!
ジャンル テレビドラマ
原作 ビートたけし
脚本 布施博一
出演者 林隆三木の実ナナ
千石規子小磯勝弥
趙方豪松田洋治
金田龍之介今井和子
後藤久美子
音楽 渡辺俊幸
チーフ・
プロデューサー
和田智允
撮影地 スタジオ、千葉県佐原市
制作 NHK
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1986年7月21日 - 1986年8月8日
放送時間 月曜 - 金曜 21:40 - 21:59
放送枠 銀河テレビ小説
放送分 19分
回数 15
番組年表
前作 たけしくんハイ!

キャスト[6]編集

  • 西野竹次郎 - 林隆三
  • 西野真理子 - 木の実ナナ
  • 西野菊 - 千石規子
  • 西野たけし - 小磯勝弥
  • 西野栄一郎 - 趙方豪
  • 西野秀二郎 - 松田洋治
  • 松原源治 - 金田龍之介
  • 松原定子 - 今井和子
  • 大山 - 北見治一
  • 三上 - 牧伸二
  • 安夫 - 室山和廣
  • 政吉 - 川上伸之
  • 山口先生 - 石井めぐみ
  • 大介の母 - 三浦真弓
  • 大介 - 仙田信也
  • 久 - 伊藤環
  • 健一 - 松下彰、浅野雅博
  • 孝三 - 田村淳一郎
  • 敏夫 - 長谷川直仁、堀越太郎
  • 正敏 - 藤原暁彦
  • よし江 - 高橋美聡
  • 幸子 - 松本和佳子
  • 伊藤弘子 - 後藤久美子
  • 孝三の母 - 中沢敦子
  • 宮川 - 石沢徹


制作スタッフ[6]編集

  • チーフプロデューサー - 和田智允
  • チーフディレクター - 田中昭男、松井恒男、宮沢俊樹、高野喜世志
  • 演出 - 原嶋邦明、榎戸崇泰

再編集版による再放送編集

  • 1992年3月、春のドラマセレクションとして放送。前編・後編、各回70分[4]
  • 2000年8-9月、ドラマ愛の詩枠にて放送。各回30分、全6話[4]

補足編集

  • ドラマ版では、第1回の冒頭でビートたけし本人が出演し、ドラマの見どころを自ら紹介した。続編の第1回でも、たけし本人が番組冒頭に出演した。
  • ドラマ版では、たけしの本姓である「北野」ではなく「西野」であった。また、たけしの実父の本名は「菊次郎」であるがドラマ版では「竹次郎」で、実母の本名は「さき」であるがドラマ版では「真利子」にそれぞれなっていた。
NHK総合テレビ 銀河テレビ小説
前番組 番組名 次番組
父からの贈りもの
たけしくん、ハイ!
夏季特集
朗読ドラマ 男どき女どき
主夫物語
続・たけしくん、ハイ!
妻、愛は迷路
NHK教育 ドラマ愛の詩
六番目の小夜子
(2000.4.8 - 2000.6.24)
たけしくん、ハイ!(再編集版)
(2000.7.1 - 2000.8.5)
続・たけしくん、ハイ!(再編集版)
(2000.8.26 - 2000.9.30)
たけしくん、ハイ!(再編集版)
(2000.7.1 - 2000.8.5)
続・たけしくん、ハイ!(再編集版)
(2000.8.26 - 2000.9.30)
浪花少年探偵団
(2000.10.7 - 2000.12.23)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『たけしくん、ハイ!』愛蔵版
  2. ^ 『たけしくん、ハイ!』新潮文庫
  3. ^ 『ザ・ベストセラー 1985~2004』p.352-353
  4. ^ a b c d e NHKクロニクル 番組表ヒストリー、2019年6月16日閲覧。
  5. ^ a b 『シナリオ たけしくん、ハイ!』p.211-212 スタッフ・キャスト
  6. ^ a b 『シナリオ 続 たけしくん、ハイ!』p.195-196 スタッフ・キャスト

参考文献編集

  • 北野武、1991、『たけしくん、ハイ!』愛蔵版、 太田出版 ISBN 4-87233-048-X
  • ビートたけし、1995、『たけしくん、ハイ!』、新潮社〈新潮文庫〉 ISBN 4-10-122517-6
  • 布勢博一、(原案)ビートたけし、1986、『シナリオ たけしくん、ハイ!』、太田出版 ISBN 4-900416-11-8
  • 布勢博一、(原案)ビートたけし、1986、『シナリオ 続 たけしくん、ハイ!』、太田出版 ISBN 4-900416-12-6
  • 日外アソシエーツ、2005、『ザ・ベストセラー 1985~2004』、日外アソシエーツ ISBN 4-8169-1944-9

外部リンク編集