メインメニューを開く

たけしの万物創世紀(たけしのばんぶつそうせいき)は、1995年10月17日から2001年3月20日まで、テレビ朝日系列で放送されていた科学情報ドキュメンタリー朝日放送(ABC)とイーストの共同制作。放送時間は、毎週火曜20:00 - 20:54(JST)。ただし、2000年4月から同年9月は19:54 - 20:48。

たけしの万物創世紀
ジャンル ドキュメントバラエティ
演出 上川伸廣、善本真也
河合優、中山高嘉
出演者 ビートたけし ほか
プロデューサー 岡野均(朝日放送)
山本三四郎 ほか
制作 朝日放送
イースト
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1995年10月17日 - 2001年3月20日
放送時間 火曜日20:00 - 20:54
放送分 54分
テンプレートを表示

毎回ある一つのモノ、特に科学・物理学系の話題を中心に、ドキュメント映像とキャスター・ビートたけしの独特な解説で番組を進行した。番組制作にはソニーも関わっており、番組サイトは朝日放送上ではなくSo-net上にあった。また、初期のエンディングテーマは、かつて存在したソニー・ミュージック傘下のレーベル会社のダブル・オーレコードからのリリースだった。

目次

番組スタイルの変遷編集

最初期にはオープニングタイトルの前に、たけしがテーマに絡めた小咄をしてテーマを視聴者に伝えるイントロのミニコーナーが放送された。

初期の頃は、たけしがパネラーの質問に行き詰まったり新たに疑問が湧いたりしたとき「隣の家が火事になった」などと言い訳をしつつ、別室に戻るCGキャラクターの下目黒権之助(しもめぐろ・ごんのすけ)博士に聞きにいっていた。後にパネラーがスタジオで直接下目黒博士に質問する形となった。 また、下目黒博士の声はボイスチェンジャー(ピッチシフター)で変調され、素性が分からないようになっていた。話す際の口調が毎回違うことから、テーマごとに監修を担当した大学教授などの専門家が話していたと推測される。

後期は、進行と解説をCGキャラクター・レオナルド源内が担当し、また、視聴者からの質問に答える企画を導入した。レオナルド源内の正体はそのまんま東である。これはキャスターのたけしも知らされておらず、最終回でそれが発表された時は驚いており、「気の利いたコメントを言える先生だと感心したこともあった」とコメントした[要出典]

開始までの裏話編集

企画段階では、『所さんの万物創世紀』のタイトルで、所ジョージが司会を務める予定で、たけしはコメンテーターという位置付けになっていた。実際に、当時のTVガイド誌面にも1995年5月の段階で、「所ジョージ司会のABC制作の情報番組が始まる」と掲載されていた。するとこの番組のオファーを受けたたけしが、ABC側に「司会をやらせてほしい」と伝えた。ABC側はたけしの申し出はありがたかったが、所の司会が決定している手前、非常に困惑したという。そこで、たけしサイドと所サイドが話し合いの場を持ち、「所は既に『所さんの目がテン!』(日本テレビ)で科学番組の司会をしている」などと交渉した結果、所サイドも納得したけしの司会が決まったという。所へは、司会を担当するにあたりスケジュール調整をしていたため、スペシャルパネラーという形で出演をしてほしいとたけしサイドも要請し、所サイドも了承したという。こうして番組は、『たけしの万物創世紀』として放送が開始された[1]

その後1998年3月31日には『たけし・所の万物創世紀・特別編〜タイタニック号悲劇の真実〜』として、たけし・所によるダブル司会が実現した。また、2000年11月4日、5日の『土曜ワイド劇場』『日曜洋画劇場』枠でABC創立50周年スペシャルとして『たけし&所のサイエンスアドベンチャー 遥かなる人類への旅』を放送した。

出演編集

キャスター編集

レギュラー出演者編集

ナレーション編集

本番組の企画からのデビュー編集

本番組にて癒し声の女性のオーディションを行い、選ばれた長野恭子2000年8月23日ソニー・ミュージックからCD「ワタシノママデ」を出した。これは、「イルカが会話に使用する超音波が人体によい」、といった企画を取り上げて声(歌声)に超音波を含む人間の歌を募集した。選考基準はあくまで超音波であり、上手い下手ではなかった。つまり、ここで言う「癒し」とは、超音波によるものである。曲のほうも、過去のヒット曲を科学的に分析した「ヒットの要素」を含めるようにパッパラー河合が作曲した。

スタッフ編集

  • 構成:関秀章倉本美津留/伊藤忠司、大辻民樹、武田浩 ほか
  • 音楽:筒美京平(初期〜中期、最終回)、金沢信葉(初期エンディング)
  • CG:ケネックジャパン
  • 技術:島方春樹、岡本隆嗣
  • カメラ:川崎昭
  • 照明:佐藤浩栄
  • 音声:竹山裕隆
  • VE:權田博、平田壮之介
  • VTR:山本米勝、橋本公男
  • 選曲・音響効果:小堀博孝・尾形香(メディアハウス
  • 美術制作:本田邦宏
  • セットデザイン:瀬下有紀子山本修身
  • 美術進行:堀部信行
  • アクリル装飾:橋本順
  • メイク:山田かつら
  • バーチャルパペット:トライコムアーツ
  • キャラクターデザイン:雨宮尚子
  • VTR編集:福永義明、村上明 ほか
  • 広報:矢澤克之(ABC)、相馬洋(ABC)
  • ディレクター:上川伸廣、善本真也/洪龍吉、宗片浩寿、玉井昭彦、河合優、大下広、村山学、宮原氣、河合希絵、木村通利(以上「イースト」)、上嶋岳男・国澤恵介・芦田政和・柳瀬由紀子(以上「JUMP」)他
  • 演出:上川伸廣(初回から1999年6月「『うなぎ』の回まで」)/善本真也(1996年から最終回まで)、河合優(1999年6月「『うなぎ』の回より」から2000年頃まで)、中山高嘉(2000年頃から最終回まで)
    (いずれもイースト)
  • プロデューサー:今村俊昭(ABC)、石原康男(ABC)、森本茂樹(ABC)、梅本満(イースト)、松本直規(JUMP)
  • チーフプロデューサー:岡野均(ABC)、山村啓介(ABC)、山本三四郎(イースト)
  • 協力:ABCリブラ
  • 技術協力:ビデオスタッフ東新インターナショナルクリエイティブMcRAYメディアハウス、CORE、スパイラルビジョン、マイシャ、イメージランド
  • 美術協力:フジアール
  • 収録スタジオ:渋谷ビデオスタジオ
  • 企画協力:オフィス北野
  • 制作協力:JUMP(担当回のみ表記)
  • 制作:ABC、イースト

ネット局編集

テーマ曲編集

書籍編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『朝日放送の50年 I 本史』朝日放送、2000年

外部リンク編集

ABC制作・テレビ朝日 火曜20時台
前番組 番組名 次番組
Change!
【ここまでドラマ枠】
たけしの万物創世記
【ここからバラエティ枠】
ABC 火曜19:54 - 20:00枠
たけしの万物創世紀
(2000年4月 - 2000年9月)
【この番組からABC制作】
ABCニュース
【54分繰り上げ】
テレビ朝日 火曜19:54 - 20:00枠
ウッチャンナンチャンの
炎のチャレンジャー
これができたら100万円!!
※19:00 - 20:00
たけしの万物創世紀
(2000年4月 - 2000年9月)
【この期間はABC制作】
街角
(19:54 - 19:56)
【54分繰り上げ】
都のかほり
(19:56 - 20:00)
【54分繰り上げ】
ABC 火曜20:48 - 20:54枠
Change!
※20:00 - 20:54
たけしの万物創世紀
(1995年10月 - 2000年3月)
ABCニュース
【6分繰り上げ】
ABCニュース
【54分繰り上げて継続】
たけしの万物創世紀
(2000年10月 - 2001年3月)
たけし・所のWA風がきた!
※20:00 - 20:54
テレビ朝日 火曜20:48 - 20:54枠
Change!
※20:00 - 20:54
たけしの万物創世紀
(1995年10月 - 2000年3月)
街角
※20:48 - 20:50
都のかほり
※20:50 - 20:54
【6分繰り上げ】
街角
※20:48 - 20:50
【54分繰り上げ】
都のかほり
※20:50 - 20:54
【54分繰り上げ】
たけしの万物創世紀
(2000年10月 - 2001年3月)
たけし・所のWA風がきた!
※20:00 - 20:54