メインメニューを開く

たけしの斎藤寝具店』は、2002年10月10日から2004年3月18日までフジテレビで放送されていた、世界各国の文化を扱う内容のクイズバラエティ番組である。番組名は「sightseeing 10days」(サイトシーイング10デイズ:「10日間の観光」を意味する英語)をもじったもの。島田洋七の漫才のネタで斎藤寝具店というのがある。

たけしの斎藤寝具店
Shibuya Video Studio.jpg
番組の収録が行われた渋谷ビデオスタジオ
(現在は閉鎖)
ジャンル バラエティ番組
演出 菊池計理(イースト)
藤保修一(イースト)
出演者 ビートたけし
佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)
そのまんま東
ラッシャー板前
ジョーダンズ
福岡サヤカ ほか
エンディング Nah Nah Nah
プロデューサー 吉田宏(イースト)
梅本満(イースト)
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2002年10月10日 - 2004年3月18日
放送時間 木曜 24:55 - 25:25
放送分 30分
回数 65

特記事項:
協力:オフィス北野
テンプレートを表示

番組概要編集

日本で生活している外国人をゲストに呼び、そのゲストがどこの国の出身であるかという事を当てるクイズと、ゲストがゲームに挑戦し賞金の獲得を目指すコーナーの二部構成。

オープニングテーマは三波春夫の「世界の国からこんにちは」を一部のみ使用。

t.A.T.u.がゲスト出演したことがある。

番組は1年半で65回放送された。同じ1年半の放送期間である前々番組「北野富士」に比べ10回程放送回数が少ないのは、改編期特別番組や緊急報道番組(主にイラク戦争関連)等で休止があった為である。

前番組「足立区のたけし、世界の北野」までは単体枠であったが、当番組から「たけしのコマネチ大学数学科」の中期までは『チャンネル北野枠』として放送されていた。そのため制作協力がイーストであり、制作著作管理がフジテレビとCOMPASSとなっている。 『北野ファンクラブ』からずっと出演し続けていた高田文夫ガダルカナル・タカダンカンつまみ枝豆グレート義太夫は、この番組には全く出演していない。(ダンカンのみ構成で参加している)

また北野まんぐり講座では大人のゲームが中心でセクシータレントがブラジャーを外してバストトップを露出させたり[注 1]最初から脱衣した状態で登場するのが普通であったのに対し[注 2]、本番組ではそういったお色気要素が全て排された。

クイズコーナー編集

在日の外国人をゲストとして招き、ゲストの出身国の様々なデータ(貿易、特産物など)や文化・習慣などをヒントとして順に提示されるので、解答者は早押しで答える。クイズの正解者には、ゲストの出身国の紙幣が贈られた(但し、日本円換算すると数円から数百円程度)。なお、ヒントが全て提示される前に正解が出た場合は、「リバースクイズ」と題して、提示される予定だった残りのヒントの内容を当てさせた。あまりにもひどい答えを言った解答者は待機している若手芸人と交替させられるというルールもあった。

ヒントには「店長チャンス」と言うたけしによるヒントや、駄洒落のヒントもあった。

ゲームコーナー編集

コーナー名は「銭日本(ぜににっぽん)お遊戯マスターズ」(初期の途中からこのコーナーが出来た)。ゲストの外国人が、日本ならではの物を使用した簡単なゲームに挑戦する(但し、後期は「日本ならではの物を使用する」というコンセプトは薄くなった)。ゲームは毎回数種類用意されており、難易度に応じて賞金額が設定されており、成功すれば賞金が貰えた。

ゲームの例
  • 羊羹や野菜などを指定された重さに切る。
  • ゲストがジェスチャーで解答者にお題を当てさせる、ジェスチャークイズ。
  • 長机の上にトイレットペーパーを敷き、片方の端に物(金魚鉢など)を乗せる。ゲストは、もう片方の端からトイレットペーパーを引き、ペーパーが破れずに引っ張れれば成功。

など多数

100万円ボウリング

賞金100万円のゲームは毎回ボウリングの球を使うものであった。ただしどう考えても無理なものばかりでルールも適当であった。例えば以下のようなものがあった。

  • ボウリングの球でアメリカンクラッカーをする。
  • ボウリングの球を渋谷まで飛ばす。
  • ボウリング球の皮をむく。

出演者編集

司会
解答者
若手応援席(解答者があまりにも酷い答えを言った時に入れ替わるたけし軍団の若手)

スタッフ編集

  • エンディングテーマ:「Nah Nah Nah」ANNETTE BRISSETT
  • エンディングアニメ映像:小林陽明
  • 編成:熊谷剛(フジテレビ・中期まで)→ 大辻健一郎(フジテレビ・後期)
  • 構成:安達元一、竹内きよのり(イラストも担当)、斉藤タカシ / ダンカン(当番組は出演せず構成のみ)
  • TD:松嶋賢一
  • カメラ:川崎昭
  • 照明:木幡和弘
  • 音声:竹山裕隆
  • VE:松田年世、吉田崇
  • VTR:今村信男
  • 音響効果:有馬克己
  • EED:関口晴央(毎週)、木村有宏(中期以降)
  • MA:植木俊彦
  • TK:江藤香織
  • 美術プロデューサー:丸山覚
  • 美術デザイン:坂根洋子
  • 美術制作:高松浩則 → 矢部香苗
  • 美術進行:沢辺晃義 → 東山浩美
  • 装置:鈴木匡人
  • 特殊道具:白鳥保夫
  • 衣裳:高野知子
  • メイク:玉田秋恵
  • 技術協力:渋谷ビデオスタジオテレテックメディアパーク、スカイウォーカー
  • 美術協力:アックス
  • 協力:オフィス北野
  • プロデューサー:吉田宏梅本満原田冬彦(フジテレビ)
  • 演出:菊池計理(初回から中期)、栖川一郎(中期のみ)→ 藤保修一(後期)
  • 制作協力:イースト
  • 制作:フジテレビ、COMPASS

ネット局編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ブラジャーを外すことはあってもパンツを脱がすことはできなかった。
  2. ^ 時代の流れに伴い次第に乳首にニプレスを貼るようになり、最終的には乳首だけは北野マークで隠すことで落ち着いた
フジテレビ 北野武担当深夜番組
前番組 番組名 次番組
たけしの斎藤寝具店