メインメニューを開く

たけだバーベキュー(たけだばーべきゅー、男性、1986年1月17日 - )は、日本お笑い芸人兵庫県加古川市出身。血液型A型[1]よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属[2]

たけだばーべきゅー
たけだバーベキュー
生年月日 (1986-01-17) 1986年1月17日(33歳)
出身地 兵庫県加古川市
職業 文化人お笑い芸人
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
ジャンル バーベキューアウトドア
公式サイト
たけだバーベキュー オフィシャルウェブサイト

「バーベキュー芸人」「アウトドア芸人」[3]として活動している。またカナダアルバータ州バーベキュー大使、東洋アルミBBQアンバサダーの肩書きも持つ[4]

来歴・人物編集

グランドマザー時代編集

加古川市別府で育つ。加古川市立別府小学校加古川市立別府中学校兵庫県立加古川西高等学校卒業後、関西大学へ進学。高校ではラグビー部に所属していた。今でも同高ラグビー部と親交がある。小・中学校の先輩に陣内智則がいる。高校の部活の先輩に誘われ、2004年大阪NSCに27期生として入学。「グランドマザー」を結成し、ボケを担当する。同期にはタナからイケダ諸見里大介いがわゆり蚊GAG少年楽団ビーフケーキなどがいる。

2005年3月3日グランドマザーで出場した、大阪府吹田市で行われた漫才コンテストにて堀江貴文を題材にした時事ネタを披露し、2位に入賞する。この時、審査員長として来ていたオール巨人から「君はなんぼでもネタ書けるやろ?君は売れる」と太鼓判を押され、このエピソードは27期の中で語り草となっている。この大会の翌日にグランドマザーは解散。

竹田中道時代編集

その後、中道正彦(現フラワーズオブロマンス)と「竹田中道」というコンビを結成するが1カ月ほどで解散した。

解散の理由は、当時行われていたビーコードというオーディションで、一番上からABCのランクをつけられるシステムでごく少数しかいないCランクに入ってしまったから(Cランクはネタが飛んだり、極端に声が小さかったり、コンビ名をはっきり言えなかったりしたコンビにつけられるのだが、竹田中道は声もしっかり出し、コンビ名もはっきり言い、ネタが飛ぶこともなくやり終えたが「ネタが全く理解されなかった」という理由でCランクをつけられた)。

ギャフン時代編集

その後、2006年6月に常道裕史(現2700)に誘われて「竹田まさし・ひろし」を結成。その後「チャーミングナイス」に名前を変えるが、最終的には「ギャフン」というコンビ名に落ち着き、M-1グランプリ2007で2回戦進出を果たす。

2007年11月13日放送のリンカーンの「どんだけぇ~の泉~素晴らしきどんだけぇ~芸人~」に出演し、「カフェオレを自分の体で作ることができる芸人がいる」というタイトルで、鼻から牛乳とコーヒーを飲み、目からカフェオレを出すという特技を披露。60どんだけぇ~を獲得する。

また、2007年の12月29日に行われたオールザッツ漫才の「若槻千夏を笑わせろ」にコンビで出演するが、ネタ中にディレクターの指示の声が入ったためネタが飛び、放送事故を起こしかける。その後解散。

マスタング時代編集

2008年4月に同期の松尾圭司とマスタングを結成する。相方の松尾は上記グランドマザー時代に2位に入賞したコンテストで3位に入ったコンビ「レールウェイズ」のツッコミを担当していた。

2008年M-1グランプリ2回戦進出、2009年M-1グランプリ3回戦進出、2010年M-1グランプリ2回戦進出。キングオブコント2010年2回戦進出、キングオブコント2011年3回戦進出、キングオブコント2012年準々決勝進出。2012年10月にコンビを解消した。

バーベキュー芸人として編集

2010年にバーベキュー検定を受検し、初級インストラクターに合格する。そして、2011年1月29日30日当時のBBQ協会本部があった芦屋にて上級インストラクターの試験を受け、「上級インストラクター」の資格を取得する。

R-1ぐらんぷり2012にて、「たけだバーベキュー」として3回戦まで進んだ[5]。同年にマスタングを解散した後は、ピン芸人「たけだバーベキュー」として活動を開始する。2013年には1冊目の著書『豪快バーベキューレシピ』を発売、売り上げ2万5千部を記録した[6]。2013年にはカナダアルバータ州のバーベキュー大使に認定され、アルバータ州で行われたバーベキューのイベントに参加し、帰国後はカナダ大使館で報告会を行った[7][8]

2014年のR-1ぐらんぷりでは3回戦に進んだ[9][2]

2017年5月30日、出身地である兵庫県加古川市の「加古川観光大使」に任命された[10]

書籍編集

脚注編集

  1. ^ タレント詳細 吉本興業
  2. ^ a b 結果速報! 2回戦大阪 テイジンホール(1/27)”. R-1ぐらんぷり事務局 (2014年1月26日). 2014年9月15日閲覧。
  3. ^ BE-PAL編集部 (2014年4月10日). “アウトドア芸人たけだバーベキューさんが話題の「ファイヤーボックスストーブ」を使ってみた!”. 小学館. 2014年7月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月15日閲覧。
  4. ^ よしもとニュースセンター (2014年4月21日). “たけだバーベキューが出版記念会見でバンビーノ藤田とともにBBQを振る舞う”. 吉本興業. 2014年9月15日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 2回戦 大阪 HEP HALL”. R-1ぐらんぷり事務局 (2012年2月12日). 2014年9月15日閲覧。
  6. ^ “たけだバーベキュー、モテ技“火おこし”も発展ゼロ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年4月21日). オリジナルの2014年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140422184826/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140421-OHT1T50101.html 2014年9月15日閲覧。 
  7. ^ マイライフニュース (2013年10月23日). “カナダ・アルバータ州、アルバータBBQヘブンをテーマにビーフやポーク・はちみつなど農産物の魅力を紹介、たけだバーベキューさんがアルバータの魅力をレポート”. ヒューマン・データ・ラボラトリ. 2014年9月15日閲覧。
  8. ^ “Alberta BBQ Heaven アルバータBBQ大使(たけだバーベキュー氏)によるツアー報告&オリジナルレシピ賞味会” (PDF) (プレスリリース), カナダ・アルバータ州政府在日事務所, (2013年9月), http://www.albertacanada.com/japan/documents/Alberta_BBQ_Invitation_Final.pdf 2014年9月15日閲覧。 
  9. ^ エハラ、BKBら32名が「R-1」3回戦へ、追加進出者も”. ナタリー (2014年1月27日). 2014年9月15日閲覧。
  10. ^ たけだバーベキュー「加古川観光大使」に就任! 先輩・陣内智則に負けじと「ナイスバーベな町・加古川」をPR

外部リンク編集