たざわは、日本国有鉄道(国鉄)と東日本旅客鉄道(JR東日本)が盛岡駅 - 秋田駅青森駅間を田沢湖線奥羽本線経由で運行していた特急列車である。

たざわ・秋田リレー
特急「たざわ」(1990年 青森駅)
特急「たざわ」(1990年 青森駅)
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車エル特急
現況 廃止
運行開始 1982年11月15日(たざわ)
1996年3月30日(秋田リレー)
運行終了 1997年3月21日
後継 新幹線「こまち」
特急「かもしか
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
運営者 日本国有鉄道(国鉄)
路線
起点 盛岡駅(たざわ)
北上駅(秋田リレー)
終点 青森駅(たざわ)
秋田駅(秋田リレー)
使用路線 田沢湖線奥羽本線(たざわ)
北上線・奥羽本線(秋田リレー)
車内サービス
クラス グリーン車普通車
座席 グリーン車指定席
普通車指定席
普通車自由席
技術
車両 485系電車(たざわ)
(南秋田運転所)
100系気動車(秋田リレー)
(南秋田運転所)
軌間 1,067 mm
電化 たざわ
交流20,000 V・50 Hz
秋田リレー
非電化(北上 - 横手間)
交流20,000 V・50 Hz(横手 - 秋田間)[注 1]
最高速度 120 km/h(たざわ)
110 km/h(秋田リレー)
テンプレートを表示

田沢湖線および、関連の深い北上線・奥羽本線横手駅 - 大曲駅 - 秋田駅間で運行された昼行優等列車の歴史・沿革についても記述する。

概要編集

「たざわ」は、1966年(昭和41年)10月20日の田沢湖線全通開業により、盛岡駅 - 秋田駅間で運行を開始した急行「南八幡平」を前身とする。1968年(昭和43年)10月1日に急行「たざわ」に名称を変更し仙台駅・盛岡駅 - 秋田駅の運行となった。1982年11月15日の上越新幹線開業に伴う東北新幹線の増発および田沢湖線全線電化に伴い、東北新幹線と接続する盛岡駅 - 秋田駅の電車特急列車となり、エル特急に指定された。1985年には青森駅まで運転区間が延長されている。

1996年3月には秋田新幹線運行に向けた改軌をはじめとする工事のため田沢湖線全線が1年間全列車運休となったため、「たざわ」は運転区間を秋田駅 - 青森駅間に変更し、従来の「たざわ」の役割を担う特急「秋田リレー」が北上駅 - 秋田駅間(北上線経由)で運行された。この「秋田リレー」についても「たざわ」と同様エル特急指定がなされ、その後、2002年平成14年)12月1日のダイヤ改正時にJR東日本管内で完結する列車についてエル特急の呼称が廃止されたため、JR東日本で最後に新設されたエル特急となった。また、経由の北上線が非電化であったことから、JR東日本発足以降唯一、自社保有の気動車で定期運行された特急列車でもある。

1997年3月の秋田新幹線開業に伴い、「秋田リレー」は廃止。「たざわ」も「かもしか」に改称されて廃止された。

運行概況編集

秋田新幹線建設工事開始の時点で、「たざわ」は14往復運行されており、うち2往復が青森駅発着となっていた。この14往復が「秋田リレー」に変更され、「たざわ」は青森駅発着の2往復のみの運行となった。

停車駅編集

たざわ
盛岡駅 - (小岩井駅) - (雫石駅) - 田沢湖駅 - 角館駅 - 大曲駅 - (刈和野駅) - 秋田駅 - (土崎駅) - 〔追分駅〕 - (大久保駅) - 八郎潟駅 - 森岳駅 - 東能代駅 - 二ツ井駅 - 鷹ノ巣駅 - (早口駅) - 大館駅 - 碇ケ関駅 - 大鰐温泉駅 - 弘前駅 - 川部駅 - 浪岡駅 - 青森駅
  • ( )は、一部の列車が停車。また、小岩井駅と刈和野駅については、一部期間のみ数本臨時停車。
  • 〔 〕は、東能代駅発着列車のみ停車。
  • 急行「たざわ」時代は小岩井駅羽後長野駅にも全列車停車していた。
秋田リレー
北上駅 - (ほっとゆだ駅) - 横手駅 - 大曲駅 - 秋田駅
  • ( )は、一部の列車が停車。

使用車両・編成編集

「たざわ」には、南秋田運転所(現在の秋田車両センター)所属の485系電車が使用された。

「秋田リレー」には、南秋田運転所(現在の秋田車両センター)所属のキハ110系300番台が使用された。同系列唯一の特急形車両として落成したが、暫定運転であったことから普通車のみで、3 - 4両編成(北上駅発最終のみ7両編成)で運転された。運行終了後には200番台に改造されて、一般形気動車として使用されている。このうち長野総合車両センター所属の2両は2014年ジョイフルトレインおいこっと」に再改造されている[1]

田沢湖線・北上線・奥羽本線横手駅 - 秋田駅間の昼行優等列車の歴史・沿革編集

本節では、列車沿革上密接な関連性が認められる田沢湖線や北上線、(エル特急「たざわ」、急行「きたかみ」などを中心に)奥羽本線横手駅 - 秋田駅間で運行された昼行優等列車の歴史・沿革を記述する。なお、エル特急「たざわ」後継列車となった新幹線「こまち」の詳細は「こまち (列車)」を、本節以外の奥羽本線で運用された優等列車については「つばさ (列車)#奥羽本線昼行優等列車沿革」を、1996年3月30日の田沢湖線改軌工事に伴って秋田駅 - 青森駅間で運行された特急「たざわ」やその後継の特急「かもしか」については、「つがる (列車)」を参照。

田沢湖線編集

  • 1966年昭和41年)10月20日:田沢湖線全通により、盛岡駅 - 秋田駅間を結ぶ急行列車として「南八幡平」(みなみはちまんたい)が設定される。設定当初は2往復。
    • 下りの「第1南八幡平」と上り「第1南八幡平」・「第2南八幡平」は、奥羽本線大曲駅 - 秋田駅間で急行「千秋」に併結して運転されていた[注 2]
  • 1968年(昭和43年)10月1日:「南八幡平」の名称を「たざわ」に変更。この際、仙台駅発着の列車を1往復設定。
    • 奥羽本線大曲駅 - 秋田駅間では、下り「たざわ1号」は急行「千秋1号」と、同「たざわ2号」は急行「きたかみ1号」と、上り「たざわ1号」は急行「きたかみ1号」と、同「たざわ2号」は急行「こまくさ」と併結して運転していた[5]
  • 1982年(昭和57年)6月23日:東北新幹線大宮駅 - 盛岡駅間暫定開業に伴い、仙台駅発着の「たざわ1・4号」は盛岡駅で系統分割され、仙台駅 - 盛岡駅間は「たざわ11・12号」に改められる。なお、盛岡発着の「たざわ」2往復は、それぞれ東北新幹線「やまびこ」に接続。奥羽本線大曲駅 - 秋田駅間での急行「きたかみ」、「こまくさ」との併結を取りやめ[6]

北上線編集

「北上」・「きたかみ」は、かつて東北本線を走る急行列車名(前者は夜行列車、後者は昼行列車)であった。詳しくは東北本線優等列車沿革を参照。

  • 1962年(昭和37年)7月15日:仙台駅 - 青森駅間を東北本線・北上線・奥羽本線経由で運行する急行あけぼの運転開始(701D・702D)[7][8][9]
  • 1968年(昭和43年)10月1日:仙台駅 - 青森駅間急行「あけぼの」を「きたかみ」に名称変更[7][10]
    • 奥羽本線大曲駅 - 秋田駅間では、下り「きたかみ1号」は急行「たざわ1号」と、上り「きたかみ1号」は急行「たざわ1号」と併結して運転していた[5]
  • 1971年(昭和46年)3月20日:仙台駅 - 秋田駅間を東北本線・北上線・奥羽本線経由で運行する臨時特急「あおば」運転開始[7][9]
    • 上野駅 - 秋田駅間特急「つばさ」の間合い運用でキハ181系特急気動車で運転された
    • 当初は臨時列車扱いで、市販の各時刻表には「当分の間運転」と記載された。なお、半年間は普通車のみの編成であったが、10月にはグリーン車食堂車を連結した編成とする[9]
  • 1972年(昭和47年)3月15日:特急「あおば」定期列車に格上げ[9]
  • 1975年(昭和50年)11月25日:特急「つばさ」の電車化に伴い、車両運用の都合上「あおば」を廃止し、急行「きたかみ」に格下げ[7][10][11]
  • 1980年(昭和55年)10月当時の時刻表による、急行「きたかみ」の北上線内における運行概況は以下のとおり[12]
    • 線内を3往復運転。仙台駅 - 秋田駅間が2往復(1, 2, 5, 6号)、青森発着は1往復(3, 4号)。
    • 停車駅は陸中川尻駅(現在のほっとゆだ駅)のみ
    • 横手駅 - 北上駅間を1時間8分 - 1時間20分かけて走破。

上越新幹線開業後から秋田新幹線開業まで編集

 
特急「たざわ」(1992年11月 盛岡駅)
 
特急「秋田リレー」(1997年2月 北上駅)
  • 1982年(昭和57年)
    • 11月15日:上越新幹線開業・東北新幹線本格開業に伴うダイヤ改正に伴い以下のように変更。
      • 急行「たざわ」を盛岡駅 - 秋田駅間を結ぶ特急列車(エル特急)に変更。6往復運転。
      • 急行「きたかみ」を快速に格下げし、運行区間を北上駅 - 湯沢駅間に変更[7][13]
      • 廃止時の運行状況
        • 北上線内は3往復運転。停車駅:北上駅 - 陸中川尻駅(現・ほっとゆだ駅) - 横手駅
        • 仙台駅 - 秋田駅間が3往復、うち1往復は青森駅まで運転。
  • 1985年(昭和60年)
  • 1986年(昭和61年)
    • 7月:半室グリーン車化改造のクロハ481-1000を先頭車に順次連結。
    • 11月1日:ダイヤ改正により、秋田駅 - 青森駅間特急「むつ」1往復廃止[16]
    • 「たざわ」自体も9往復に増発(3往復は青森駅発着)。
  • 1988年(昭和63年):「たざわ」が13往復に増発。このうち1往復が東能代駅まで延長。
  • 1989年平成元年):「たざわ」が14往復に増発。
  • 1991年(平成3年)3月16日:青森発着の1往復が停車していた川部駅・浪岡駅が停車駅から除外される。春~秋の一部列車で行われていた小岩井駅への停車が取りやめになる。
  • 1993年(平成5年):東能代駅発着列車は大館駅発着に延長。
  • 1994年(平成6年)
    • 3月1日:1往復(末期は25・4号)で行われていた刈和野駅への停車が取りやめになる。
    • 12月3日:青森発着が3往復から2往復に減少。
  • 1996年(平成8年)3月30日:田沢湖線改軌工事(秋田新幹線工事)による全面運休に伴い、以下のように変更。
    • 「たざわ」の運転区間を秋田駅 - 青森駅間に変更し、2往復運転。
    • 「たざわ」代替として北上駅 - 秋田駅間で北上線・奥羽本線経由で運行する特急「秋田リレー」運転開始[7][17]
      • 「秋田リレー」の列車番号は「たざわ」が用いていた「3000+号数」に気動車であるDを末尾に付していた。
  • 1997年(平成9年)3月22日:秋田新幹線開業に伴い以下のように変更。
    • 「たざわ」の残存区間を「かもしか」に改称し、廃止[9]
    • 前日の運行をもって特急「秋田リレー」廃止[7][9]
      • 廃止により、余剰となったキハ110系300番台は、座席配置を変更し、他線区(長野地区と新潟地区)に転用された。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 但し、気動車を使用。
  2. ^ 当時の列車号数は、現在のように下り奇数、上り偶数ではなく、上下ともども時間の早い順に1号・2号とつれられ、列車によっては「第1○○」・「第2○○」のように付けられた列車もあり、一度1968年(昭和43年)10月1日のダイヤ改正で「第1○○」・「第2○○」はやめた[2]が、上下同じ号数はそのままで、誤乗防止などの観点から、1978年(昭和53年)10月1日のダイヤ改正で改められた[3]。また、下りの「第1南八幡平」と上り「第2南八幡平」は、時期によって仙台駅まで延長運転していた[4]
  3. ^ この時「たざわ」に編入されなかった列車のうち、下り1本は山形発特急「つばさ1号」を青森駅まで延長する形で格上げ編入され、残り1往復は秋田駅 - 青森駅間の特急「むつ」として格上げされた(1986年(昭和61年)11月1日廃止)。

出典編集

  1. ^ 飯山線の観光列車"おいこっと"登場 - 鉄道ホビダス 2014年12月25日
  2. ^ 所澤秀樹「列車名はややこしい」『「快速」と「準急」どっちが早い?鉄道のオキテはややこしい』駒井稔(発行人)、光文社、2015年7月20日、60 - 62頁。ISBN 978-4-334-03869-4
  3. ^ 所澤秀樹「列車名はややこしい」『「快速」と「準急」どっちが早い?鉄道のオキテはややこしい』駒井稔(発行人)、光文社、2015年7月20日、32頁。ISBN 978-4-334-03869-4
  4. ^ 長谷川小太郎(編集兼発行人)「田沢湖線、奥羽本線 下り・上り」『国鉄監修 時刻表 1967年10月号』第43巻10号(通巻第500号)、日本交通公社、1967年10月、 263 - 269頁。
  5. ^ a b 松田清(編集兼発行人)「青函航路・奥羽本線 下り・上り」『国鉄監修 時刻表 1967年10月号』第43巻10号(通巻第500号)、日本交通公社、1973年10月、 308 - 311頁。
  6. ^ [[#IkarosMook485|寺本光照「新幹線開業後、東北本線優等列車史」『あの日から30年 57-11ダイヤ改正』廣部妥(編集人)、イカロス出版〈イカロスMOOK(j train 特別編集)〉、2012年12月1日、38,42頁。ISBN 978-4-86320-642-7]]
  7. ^ a b c d e f g 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線 23頁
  8. ^ 寺本光照 & 三宅俊彦 2011, p. 58.
  9. ^ a b c d e f 日本鉄道旅行歴史地図帳 2号―全線全駅全優等列車 東北・列車年表、p.46。
  10. ^ a b 日本鉄道旅行歴史地図帳 2号―全線全駅全優等列車 東北・列車年表、p.44,46。
  11. ^ 日本鉄道旅行歴史地図帳 2号―全線全駅全優等列車 東北・列車年表、p.50。
  12. ^ 「北上線 下り・上り」『謹呈日本国有鉄道 時刻表 1980年秋号』、日本国有鉄道、1980年10月、 330 - 331頁。
  13. ^ 日本鉄道旅行歴史地図帳 2号―全線全駅全優等列車 東北・列車年表、pp.44-45。
  14. ^ 渋谷邦彦(編集人)「青函航路・奥羽本線 下り・上り」『国鉄監修 時刻表 1985年1月号』第61巻1号(通巻第707号)、日本交通公社、1985年1月、 366 - 370頁。
  15. ^ a b 渋谷邦彦(編集人)「青函航路・奥羽本線 下り・上り」『国鉄監修 時刻表 1985年3月号』第61巻3号(通巻第709号)、日本交通公社、1985年3月、 389 - 393頁。
  16. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第1号、鉄道ジャーナル社、1987年1月、 48頁。
  17. ^ 日本鉄道旅行歴史地図帳 2号―全線全駅全優等列車 東北・列車年表、p.37-38。

参考文献編集

書籍・時刻表
  • 『国鉄監修 交通公社の時刻表』各年各月号、日本交通公社、 田沢湖線・北上線・奥羽本線各掲載頁。
  • 渋谷邦彦(編集人)「エキゾチック ジャパン トクトクニュース」『国鉄監修 時刻表 1985年3月号』第61巻3号(通巻第709号)、日本交通公社、1985年3月、 付録5 - 6。
  • 今尾恵介・原武史(監修)『日本鉄道旅行歴史地図帳 全線全駅全優等列車』2号・東北、日本鉄道旅行地図帳編集部(編集)、新潮社〈新潮「旅」ムック〉、2010年6月18日、37 - 38,48 - 49,53頁。ISBN 978-4-10-790036-4
  • 寺本光照「新幹線開業後、東北本線優等列車史」『あの日から30年 57-11ダイヤ改正』廣部妥(編集人)、イカロス出版〈イカロスMOOK(j train 特別編集)〉、2012年12月1日、36 - 50頁。ISBN 978-4-86320-642-7
  • 小榑宏明「485系特急形電車運転のあゆみと使用方の変遷」『復刻版 485系特急形電車 481系デビュー50年〜誕生から昭和60年3月改正までのデータブック〜』ジェー・アール・アール篇、交通新聞社、2014年12月25日、26 - 31,76,80頁。ISBN 978-4-330-52714-7
趣味誌・専門誌
  • 編集部「〝60・3〟ダイヤで特急電車はこう変わった」『鉄道ジャーナル 特集●新幹線上の開業と特急列車』第19巻6号(通巻220号)、鉄道ジャーナル社、1985年6月、 72 -73頁。
  • 三宅俊彦「60-3国鉄特急プロフィール」『鉄道ファン』第25巻6号(通巻290号)、交友社、1985年6月、 21 - 22頁。
  • 大熊孝夫「今年も大わらわ・・・・ 電車の引越し大作戦」『鉄道ファン』第25巻6号(通巻290号)、交友社、1985年6月、 39 - 41頁。
  • 編集部「JR特急の中核として活躍 485系特急電車の現状」『鉄道ジャーナル 特集●JRに残る〝国鉄型〟車両の将来』第26巻12号(通巻314号)、鉄道ジャーナル社、1992年12月、 18 -19頁。
  • 坂正博「特集:JR特急電車プロフィール'93」『鉄道ファン』第33巻3号(通巻383号)、交友社、1993年3月、 20 - 21頁。
  • 佐藤利生「特集:国鉄形特急電車2003」『鉄道ファン』第43巻3号(通巻503号)、交友社、2003年3月、 23 - 24頁。
  • 「特集:東北新幹線全線開業」『鉄道ファン』第51巻2号(通巻598号)、交友社、2011年2月、 12 - 13頁。
  • 手塚一之「特集:485系パーフェクト」『鉄道ファン』第51巻2号(通巻602号)、交友社、2011年6月、 49 - 50頁。(巻内見開き付録 485・489・583系 定期特急一覧(系統別))

関連項目編集