メインメニューを開く

たそがれ酒場』(たそがれさかば)は1955年日本のドラマ映画。 内田吐夢監督の戦後復帰2作目の作品[1]で、出演は小杉勇小野比呂志など。

たそがれ酒場
監督 内田吐夢
脚本 灘千造
製作 栄田清一郎
出演者 小杉勇
小野比呂志
宮原卓也
音楽 芥川也寸志
撮影 西垣六郎
編集 笠間秀雄
製作会社 新東宝
配給 日本の旗 新東宝
公開 日本の旗 1955年6月19日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

一軒の大衆酒場を舞台に、そこに集う人々が織り成す悲喜こもごもの人間模様をさまざまな音楽を織り交ぜながら実験的スタイルで描いた群像劇[1]

2003年には、舞台を公開当時に翻案して『いつかA列車に乗って』としてリメイクされた。

目次

ストーリー編集

キャスト編集

製作編集

脚本は新人の灘千造、ピアニスト役の小野比呂志は映画初出演の音楽家で、歌手役の宮原卓也も同じく映画初出演で声楽家である[2]

出典編集

  1. ^ a b たそがれ酒場”. WOWOW. 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ たそがれ酒場”. KINENOTE. 2018年10月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集