たなかかずや

たなか かずや1963年2月15日[1][2] - )は、日本アニメ音響監督。音響会社アクアトーン代表取締役。本名は田中 一也熊本県出身[2]

目次

来歴・人物編集

中学よりバンド活動の経験があり、大学では将来のソ連とのビジネスを考えてロシア語専攻だったが、それに飽きてレコーディングエンジニアを目指す[2]。上京してレコーディングの専門学校に入ったが2年で廃校となり、アニメの仕事をやる目的で26歳の時にニュージャパンスタジオに入社[2]。しかし、当初は外国映画の吹き替えが担当で、入社から約3年後にアニメの仕事に携わるようになり、助手やミキサーをしていたが口数が多いことからディレクターの仕事を紹介され、1994年のアニメの『赤ずきんチャチャ』で音響監督デビュー[2]。この間、ビーラインに移っている。『チャチャ』では「その場にいるキャラクターが複数の会話を同時進行で行う」という演出が行われ、作品を特徴づけることになった。これは彼がアニメの音響監督の経験が無かったことで、従来なら無謀とされたこの試みが可能になったと評されている[3]。当初は本名の田中一也でクレジットされていたが、途中からひらがな表記に改めた。

大地丙太郎監督作品の多くに起用されており、また、音響制作においてはダックスプロダクションと組んで活動する事(多くの場合はたなか自身が外注での音響監督を請け負うが、作品によってはアクアトーンがダックスと共同で音響制作をした事もあった)が多い。

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

1993年

1994年

1995年

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

OVA編集

1993年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2003年

2004年

2005年

2008年

2011年

劇場アニメ編集

1996年

1997年

2000年

2001年

2008年

Webアニメ編集

2011年

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、292頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  2. ^ a b c d e ハイパーボイス(監修)『すごい!アニメの音づくりの現場』雷鳥社、2007年、pp.135 - 153
  3. ^ 1999年11月に早稲田大学大隈講堂でおこなわれた大地丙太郎の講演「お茶の間アニメ21世紀」[1]での発言[2]による。
  4. ^ 世紀末オカルト学院”. A-1 Pictures. 2016年5月19日閲覧。

関連項目編集