たむらようこ

日本の放送作家

たむら ようこ1970年12月15日 - )は、日本の放送作家で、女性ばかりのテレビ番組制作会社「ベイビー・プラネット代表取締役社長慎吾ママの生みの親として知られる。

経歴編集

福岡県福岡市出身。中高校時代は陸上部に所属。短距離走走り幅跳びで県大会入賞常連。福岡県立福岡中央高等学校早稲田大学第二文学部卒業。従妹は漫画家八谷美幸[1]。祖母は和裁の先生、母は日舞の先生という流れで趣味は着物

もともと地元のコンピュータソフト開発会社に入社内定をもらっていたが、テレビ番組制作会社に間違い電話をかけてしまい、その流れで就職説明会に参加することになり入社[2](コンピュータソフト開発会社は辞退)。ADを経て放送作家に。

2001年、女性社員のみの制作会社ベイビー・プラネットを設立。「母性のチカラで世の中を優しく変えていく」をキャッチフレーズに多くのコンテンツを制作。2006年、結婚。現在は一児の母。

番組構成以外にもシンポジウムのパネリストや番組出演など活動は多岐にわたる。

2009年、癌が見つかり5年生存率17%と言われるも完治し復帰。以来、医療番組も積極的に手掛ける。

サザエさん』の脚本を手掛けた事があるが、提出した内容が顰蹙を買い、発注が来なくなったという[3]

担当番組編集

など

過去の担当番組編集

作詞編集

脚本編集

出演編集

脚注編集

  1. ^ ブログ2010年09月17日
  2. ^ 私の人生を変えた、あの瞬間
  3. ^ この際、提出した内容が『波平とトラブルになったカツオがトイレを占拠して、便意を催した波平がパニックになる』という物で、「内容が放送時間に相応しくない」というのが不採用の理由だという。なお、たむらが提出した内容に酷似した物が『ちびまる子ちゃん』で放送された事がある。(『大人はうそつき』成田良美脚本2000年11月15日放送)

外部リンク編集