だます女だまされる女

だます女だまされる女』(だますおんなだまされるおんな)は、日本テレビ系で放送されたサスペンスドラマシリーズである。全9回。

だます女だまされる女
ジャンル サスペンス
企画 酒井浩至(日本テレビ)
脚本 宇山圭子
監督 松島哲也
猪崎宣昭
黒沢直輔
出演者 竹下景子(1・2)
余貴美子(2 - )
布施博
角替和枝
鶴田忍
製作
制作 日本テレビ
製作 Gカンパニー
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
第1作 - 第8作
火曜サスペンス劇場
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
放送期間 2000年10月24日 - 2005年2月15日
放送時間 21:03 ~ 22:54
回数 8
火曜サスペンス劇場 公式ウェブサイト
第9作
DRAMA COMPLEX
オープニング 「フェニックス」
布袋寅泰
エンディング 「リンダ」
ゴスペラッツ
放送期間 2006年6月13日
放送時間 21:00 ~ 22:54
回数 1
テンプレートを表示

概要編集

消費生活センターの消費生活相談員が消費者問題にまつわる殺人事件の真相を究明する。各種の悪徳商法が毎回のドラマの柱となっている。

第1.2作までは練馬区が舞台だったが、第3作以降は設定を新しくした上で江東区亀戸を舞台としている。

本シリーズは、火曜サスペンス劇場において、2000年から2005年までに、8作品が放送された。

火曜サスペンス劇場が後継の新2時間ドラマ枠「DRAMA COMPLEX」に切り替わった際、それまで火曜サスペンス劇場にて放送されたシリーズは終了した扱いとされた[要出典]。そのため、第9作は初放送前に改題の必要性が生じた。 よって第9作は、「DRAMA COMPLEX」では別タイトルの「シロサギは静かに笑う」と題されて放映された。 以上より、「シロサギは静かに笑う」は「だます女だまされる女」シリーズの最終作である。

キャスト編集

  • 日高晴奈(消費生活センター相談員・主人公):竹下景子(1.2)
  • 笠松哲之(バイク整備士):布施博(1.2)
  • 信藤刑事:河原さぶ(1.2)
  • 奥野刑事:小原雅人(1.2)
  • 石毛まどか(消費生活センター相談員・主人公):余貴美子(3-)
  • 沢田健一(東亀戸署刑事):布施博(3-)
  • 須藤敏子(消費生活センター相談員):角替和枝
  • 石毛勝生(まどかの夫・理容店店主):中村梅雀(3-) 
  • 石毛翔(まどかの息子):下村洋平(4-)
  • 江口(消費生活センター所長):鶴田忍
  • 木村由美(消費生活センター相談員):小柳友貴美(3-)
  • 神保警部:坂田雅彦(3-)
  • 谷刑事:堀勉(3-)
  • 中川嘉男(理髪店の常連):渡辺哲(3-)
  • 川村多恵(まどかの母):佐々木すみ江(6-)

放映リスト編集

第1作「消費生活相談vs悪徳商法の女社長」(2000年10月24日放映)
第2作「一枚のチラシがもたらす地獄」(2001年4月24日放映)
第3作「危険な同窓会」(2001年12月4日放映)
第4作「年金をはたいて愛を買う老人の孤独」(2002年5月21日放映)
第5作「四つ葉のクローバーは不幸の告知」(2003年2月25日放映)
第6作「耳飾り」(2003年8月26日放映)
第7作「花嫁の肌を襲う元愛人の復讐エステ」(2004年7月20日放映)
第8作「結婚相談所のサクラ会員殺しに歪んだ夫婦愛」(2005年2月15日放映)
第9作「シロサギは静かに笑う」(2006年6月13日放映)

スタッフ編集

外部リンク編集