メインメニューを開く

だめんず・うぉ〜か〜』は、倉田真由美による漫画作品扶桑社週刊誌SPA!』にて2000年6月14日号から2013年4月まで連載されていた。倉田の出世作である。

2002年3月と2006年10月の2度にわたり、上記を原作とするテレビドラマが制作・放映された。また、2006年5月には同じ原作で舞台演劇として上演された。さらに2010年3月よりBeeTVにてアニメ化もされた。

目次

概要編集

ダメな男(だめんず)ばかりを渡り歩いて行く(好きになってしまう)様な、男を見る目のない女≒男の趣味が悪い女(だめんず・うぉ〜か〜)のダメ男体験談を紹介するノンフィクション。ときどき、倉田自身の恋愛論や身辺雑事エッセイの回がはさまることもある。ドラマや演劇の原作になってはいるが、いわゆるストーリー漫画ではない。

ネタは一般から募集され、実際に作者が取材している。取り上げられるダメな男は、貧乏人、虚言癖ドメスティックバイオレンスマルチ商法の勧誘、浪費癖、浮気常習など。

男性を徹底的にこき下ろす作風のため、本作によって『SPA!』の女性読者数が大幅に増えたという。ただし一方的に「だめんず」のみを非難するのではなく、彼らを選ぶ女性側にも問題があるというスタンスで描かれていることが多い。

主に進行役として登場するのは、作者・くらたまこと倉田真由美、担当編集者(現在はともりん。女性)である。準レギュラーとして、他媒体で倉田を担当する編集者・ブルース(作中では倉田から「鬼畜」「ヤリチン」「女の敵」などと呼ばれている)が登場し、そのエピソードが紹介されることもしばしば。ほか、連載が始まってしばらくは、だめんず会ヨーコ会長こと渡辺洋香(女流雀士)も倉田の相方として登場することが多かった。

タイトルは、連載スタート当時角川書店から発行されていた雑誌『Men's Walker』をもじって付けられたものである。

2013年4月に連載を終了した。これについて倉田は「もう『だめんず・うぉ~か~』が書けなくなった」と連載終了の理由を明かし、「わたしの夫婦仲が問題じゃありません。わたし自身、ダメ男に対して腹が立たなくなったのが一番の理由。自分が恋愛のステージを降りてしまって、ダメ男についてテンションが上がらず、むしろツラくなってしまったんです」と説明。更に「単純にいえば、わたしがオバサンになったということかな。見た目も中身も丸くなってしまって。ダメ男話は若くないとできない。わたしの後を誰か継いでくれないかな」と苦笑していた[1]

この作品をきっかけに、ダメな男を「だめんず」と表現することが一般化した。広義的にはダメ男だけではなくそれを許容して育ててしまう女性側も「だめんず」と表現されることも多い。

書誌情報編集

2013年6月、単行本(A5判)が全20冊で完結。文庫版14冊、ペーパーバック版1冊が発売されている。

単行本
  1. 2001年7月26日発売、ISBN 4-594-03207-9
  2. 2001年12月19日発売、ISBN 4-594-03350-4
  3. 2002年2月28日発売、ISBN 4-594-03428-4
  4. 2002年11月15日発売、ISBN 4-594-03718-6
  5. 2003年7月2日発売、ISBN 4-594-04101-9
  6. 2003年12月2日発売、ISBN 4-594-04219-8
  7. 2004年7月13日発売、ISBN 4-594-04692-4
  8. 2005年4月28日発売、ISBN 4-594-04945-1
  9. 2005年11月25日発売、ISBN 4-594-05066-2
  10. 2006年4月20日発売、ISBN 4-594-05146-4
  11. 2006年9月29日発売、ISBN 4-594-05220-7
  12. 2007年7月27日発売、ISBN 978-4594054113
  13. 2008年2月14日発売、ISBN 978-4594055943
  14. 2008年9月27日発売、ISBN 978-4594057763
  15. 2009年4月11日発売、ISBN 978-4594059316
  16. 2010年4月30日発売、ISBN 978-4594061869
  17. 2011年1月28日発売、ISBN 978-4594063399
  18. 2011年9月30日発売、ISBN 978-4594064907
  19. 2012年5月11日発売、ISBN 978-4594066062
  20. 2013年6月29日発売、ISBN 978-4594068554
文庫
  1. 2004年7月31日発売、ISBN 4-594-04745-9
  2. 2004年7月31日発売、ISBN 4-594-04746-7
  3. 2005年4月28日発売、ISBN 4-594-04928-1
  4. 2005年4月28日発売、ISBN 4-594-04929-X
  5. 2005年10月29日発売、ISBN 4-594-05046-8
  6. 2006年9月29日発売、ISBN 978-4594052355
  7. 2007年7月31日発売、ISBN 978-4594054120
  8. 2008年2月29日発売、ISBN 978-4594055875
  9. 2008年10月1日発売、ISBN 978-4594057824
  10. 2009年4月28日発売、ISBN 978-4594059323
  11. 2010年4月30日発売、ISBN 978-4594061876
  12. 2011年1月28日発売、ISBN 978-4594063405
  13. 2011年9月30日発売、ISBN 978-4594064914
  14. 2012年12月4日発売、ISBN 978-4594067359
ペーパーバック
  1. 2006年3月6日発売、ISBN 4-594-05129-4

テレビドラマ編集

2002年2006年の2度にわたってテレビドラマ化されている。いずれも、漫画に登場するエピソードを再構成し、まともな男を好きになり幸福をつかもうと悪戦苦闘する女たちの姿を描くフィクションとしてストーリー化したものである。

2002年版編集

2002年3月1日から29日まで、日本テレビでドラマ化、深夜帯で放映された。結婚にあこがれるOLのだめんず遍歴をオムニバス形式で描いた。

キャスト
主題歌
  • 鳳山雅姫「縛られた手足」(ミニアルバム「やわらかな風」収録)
スタッフ
  • 原作:倉田真由美「だめんず・うぉ〜か〜」(扶桑社刊)
  • 脚本:相内美生
  • チーフプロデューサー:増田一穂(日本テレビ)
  • プロデューサー:赤羽根敏男(エフ・プロジェクト)、荻野哲弘(日本テレビ)、中西健(日本テレビ)、大平太(日本テレビ)
  • 演出:倉田忠明(日本テレビ)
  • 制作:日本テレビ
日本テレビ D-TODAY
前番組 番組名 次番組
だめんず・うぉ〜か〜
(日本テレビ版)
(廃枠)
日本テレビ ZZZ金曜2部枠
東京ぬけ道ガール
だめんず・うぉ〜か〜
(日本テレビ版)
【当番組まで日本テレビ制作】

2006年版編集

2006年10月12日から木曜21時台にテレビ朝日系列で放映。結婚にあこがれるOLたちが主人公である点は2002年版と同様であるが、登場するキャラクターは全くの別物である。12月7日放送の第8話で最終回を迎えた。

キャスト
大泉まりあ(33):藤原紀香
大手商社・丸忠物産の秘書室に務めるOL。仕事ができ、ルックスやスタイルもよく、一見男には困らないようにも見えるが、実は彼女が付き合ってきたのはダメ男ばかり。いわゆる「だめんず・うぉ〜か〜」である。母性がとても強く、どうしようもない男を見ると放っておけない性格であるのが原因であるようだ。最初はメガネを着用していたが、第4話からはコンタクトに変えたため、自宅以外でははずしている。
高見ナツ(23):山田優
丸忠物産・秘書室の新米OL。まりあと対照的で仕事に対する意欲があまりなく、イイ男をさがすことに夢中である。しかし、まりあと同様に男を見る目がなく、「だめんず・うぉ〜か〜」扱いされている。まりあとはいろんな場面で反発している。
一ツ橋信(35):宮迫博之雨上がり決死隊
まりあの会社と同じビルにある旅行代理店に勤める営業マン。仕事ができ、トークのセンスも抜群にあるため、一見まじめそうな男に見えるが、彼の正体は女たらしで有名な伝説のダメ男「ブルース」である。第1話でまりあを落とそうとたくらむが、伝説のダメ男である正体がまりあにばれて失敗し、まりあに股間を蹴られている。
小山内静(36):田辺誠一
IT企業・サイバーマジェスティック社代表取締役社長。俗に言うイケメンであり、一見女性にはかなり好かれそうなものの、マザコンであったり、優柔不断であったりとダメ男である一面が見え隠れしているのが事実である。まりあに好意を抱いているようであり、信から女性を誘うテクニックを教わろうとしたこともあった。大のUFO好き。
宮下さくら(33):三浦理恵子
レトロバー「チェリー」のママ。まりあの親友でもある。妻子持ちのダメ男と不倫の末、略奪婚をしたが、借金と子ども(夫の連れ子)を残し、夫に逃げられた過去を持つ。彼女も「だめんず・うぉ〜か〜」の1人である。
岩城友子(32):青木さやか
丸忠物産・経理課OL。3マタ(第4話では4マタに増加した)の小説家志望の男と付き合っている。「彼は私のことを一番愛してくれている!」と周囲に言い続け、別れに発展しない。まりあ曰く「史上最強のだめんず・うぉ〜か〜」とのこと。
虻川久美(26):島谷ひとみ
丸忠物産の秘書室に務めるOL。とても高飛車な性格で、大手企業の御曹司と婚約が決定したことをいいことに、男を相手に次々と失敗していくまりあやナツたちを見てイヤミを連発したり、バカにしたりするのが彼女の日課である。
蜂谷留美(25):眞野裕子
丸忠物産の秘書室に務めるOL。久美と同様にまりあたちにイヤミを浴びせる女性社員。
二宮利生(35):レッド吉田TIM
サイバーマジェスティック社取締役専務。
福山一郎(24):和田正人
丸忠物産営業二課から秘書室に配属されて来た男性秘書。さくらに狙われているようである。
泊克己(48):柳沢慎吾
丸忠物産・秘書室室長。まじめな性格であり秘書室内のまとめ役であるが、仕事を休んだナツにビシッと言えない、優柔不断でメニューを決めるのに時間がかかるなど、頼りない一面をみせることも。第2話ではマザコンであることが発覚してしまった。
永末英一郎(55):西岡徳馬
丸忠物産常務取締役。彼の担当秘書はまりあである。仕事はとてもできるものの、彼も第2話でかなりのマザコンであることが発覚してしまった。
鈴来直人:上山竜司RUN&GUN
一ツ橋職場の後輩。
芥川弘樹:高知東生(第4話・最終話)
友子の彼氏。
松浦晃一:永井大(第1話)
飯田:賀集利樹(第1話)
大河内強:大鶴義丹(第2話)
小山内春子:銀粉蝶(第2話)
小山内静の母。
朝倉ヒデキ:大浦龍宇一(第3話)
カリスマ美容師。
ケンタ:須賀貴匡(第5話)
早乙女ゆり子:さとう珠緒(第6話)
まりあの高校時代の同級生。
早乙女龍太郎:津田寛治(第6話)
ゆり子の夫。
西園寺圭介:細川茂樹(第7話・最終話)
久美の婚約者。
ゴロー:ゴルゴ松本(TIM)(最終話)
まりあの元彼。自称ミュージシャン。
ケンジ:井戸田潤スピードワゴン)(最終話)
まりあの元彼。自称青年実業家。
主題歌
挿入歌
スタッフ
備考
2006年11月26日フジテレビ系『ジャンクSPORTS』で、藤原と山田の「だめんずコンビ」が、他局であるにもかかわらずゲスト共演している。
サブタイトル
各話 放送日 サブタイトル ダメ男 視聴率
第1話 2006年
10月12日
結婚できない女vsダメ男!! 浮気男 10.3%
第2話 10月19日 マザコン男にハマッたダメ女!? マザコン男 8.0%
第3話 11月2日 イケメン美容師との(秘)三角関係 優柔不断男 7.2%
第4話 11月9日 結婚パーティーに隠された嘘 嘘つき男 7.4%
第5話 11月16日 No.1美形ホストにハマった女!? ナルシスト男 8.6%
第6話 11月23日 今夜セレブ男が遂にプロポーズ 見栄っ張り男 9.0%
第7話 11月30日 最終章!! セレブ婚の罠 没落男 7.1%
最終話 12月7日 イヴの奇跡!! 涙の結婚宣言… 没落男 7.0%
平均視聴率8.1%(数字はビデオリサーチ関東地区
10月26日は日本シリーズ中継で日本ハムファイターズが優勝し時間延長したため放送を休止し1週順延した。遅れネット局の福井放送(当時は4日遅れで毎週月曜日22:00-22:54に放送)では第3話を最後にエンドカードがいったん使用されなくなり、2009年1月クールの『特命係長 只野仁』(第4シーズン)で再度復活するまでこの事態が続いた。
テレ朝系列以外のネット局
テレビ朝日 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
下北サンデーズ
(2006.7.13 - 2006.9.7)
だめんず・うぉ〜か〜
(2006.10.12 - 2006.12.7)

舞台編集

2006年5月1617日に、紀伊國屋サザンシアターにて上演された。OLたちが集まってだめんず体験談を披露しあう設定のフィクション。

出演者
スタッフ

アニメ編集

だめんず・うぉ〜か〜 THE アニメ』は、2010年3月1日よりBeeTVにて配信された。全12話。主題歌は小原正子

キャスト

脚注編集

外部リンク編集